XM証拠金TOP
この記事でわかる事
  1. XMの全銘柄の必要証拠金
  2. 難しいCFDの証拠金の計算方法
  3. 証拠金維持率や余剰証拠金の計算式

XMの必要証拠金の金額を知るには、デモ口座でエントリーをしてみたり自分で計算をする方法があります。

デモ口座で試す方法もよいですが、もっと簡単に知りたい方は本記事の必要証拠金一覧表をご利用下さい。

記事の後半では証拠金維持率の目安にも触れています、是非最後まで見てください。

便利な証拠金計算ツール

現在価格で必要証拠金を算出したい方は、XMの証拠金計算ツールが便利です。


通貨ペア必要証拠金一覧表

XMの通貨ペアの必要証拠金を算出しています。

わかりやすく説明すると、「XMのレバレッジを使用して、取引通貨を、1LOT分買うには、口座残高が日本円でいくらあれば買えるのか?」の計算方法と計算結果を一覧表にしています。

全て1LOTで計算しているので、0.5ロットなら半額、2ロットなら倍額と簡単な計算で応用をきかせる事が出来ます。

必要証拠金の計算式

XMの通貨ペアの必要証拠金は、慣れると簡単に求めることが出来ます。FX取引の基礎なので計算式は覚えておくと便利でしょう。

計算には、取引量と現在レートを使います。

通貨ペアの証拠金の計算式

取引量 × 現在レート ÷ レバレッジ
= 証拠金

USDJPY(ドル円)が130円で1ロット(10万通貨)を取引する場合

10万通貨(取引量) × 130円(現在レート) ÷ 1000倍(レバレッジ) = 13,000円

EURUSD(ユーロドル)が1.04USDで1ロット(10万通貨)を取引する場合

10万通貨(取引量) × 1.04USD(現在レート) ÷ 1000倍(レバレッジ) = 104USD

(円建て口座の場合)104 × 130円(USDJPYレート) = 13,520円


XMの通貨ペア証拠金一覧表

上の計算式を使って、はじき出したXMの通貨ペア証拠金の一覧表を作りました。

口座タイプ別で算出しており、レバレッジはそれぞれの口座タイプの最大レバレッジを適用しています。

スタンダード口座

表内の証拠金額は、10万通貨(1lot)取引に必要な証拠金額です。
※参考レートは2022年9月1日のレートです。(基本通貨はJPYで計算しています)

通貨ペアレバレッジ必要証拠金
EURUSD1000倍13,983円
GBPUSD1000倍16,159円
USDJPY1000倍13,945円
USDCHF400倍34,865円
AUDUSD1000倍9,509円
AUDCAD1000倍9,509円
AUDCHF400倍23,772円
AUDJPY1000倍9,509円
AUDNZD1000倍9,510円
CADJPY1000倍10,600円
CADCHF400倍26,500円
CHFJPY400倍35,581円
CHFSGD400倍35,581円
EURAUD1000倍13,983円
EURCAD1000倍13,983円
EURCHF400倍34,958円
EURDKK50倍279,686円
EURGBP1000倍13,985円
EURHKD50倍279,686円
EURHUF1000倍13,983円
EURJPY1000倍13,984円
EURNOK1000倍13,987円
EURPLN1000倍13,985円
EURSEK1000倍13,986円
GBPSGD1000倍16,165円
EURSGD1000倍13,985円
EURTRY100倍140,072円
EURZAR1000倍13,984円
GBPAUD1000倍16,163円
GBPCAD1000倍16,162円
GBPCHF400倍40,406円
GBPDKK50倍323,287円
GBPJPY1000倍16,164円
EURNZD1000倍13,983円
GBPNOK1000倍16,170円
GBPNZD1000倍16,167円
GBPSEK1000倍16,166円
NZDCAD1000倍8,501円
NZDCHF400倍21,256円
NZDJPY1000倍8,503円
NZDSGD1000倍8,502円
NZDUSD1000倍8,505円
SGDJPY1000倍9,967円
USDCAD1000倍13,954円
USDDKK50倍279,149円
USDHKD50倍279,145円
USDHUF1000倍13,955円
USDMXN1000倍13,954円
USDNOK1000倍13,955円
USDPLN1000倍13,954円
USDSEK1000倍13,953円
USDSGD1000倍13,953円
USDTRY100倍139,536円
USDZAR1000倍13,954円
USDRUB50倍279,070円
EURRUB50倍307,856円
USDCNH50倍279,071円
レバレッジ1000倍以外の通貨ペアに注意

通貨ペアによってはレバレッジ制限があり、意外に証拠金が高額になってしまいます。次の通貨ペアをトレードする際は注意してください。

  • レバレッジ50倍………EURDKK,EURHKD,GBPDKK,USDDKK,USDHKD,USDCNH,EURRUB,USERUB
  • レバレッジ100倍……USDTRY,EURTRY
  • レバレッジ400倍……CHFを含む通貨ペア全て

ゼロ口座

表内の証拠金額は、10万通貨(1lot)取引に必要な証拠金額です。
※参考レートは2022年9月1日のレートです。(基本通貨はJPYで計算しています)

通貨ペアレバレッジ必要証拠金
EURUSD500倍27,979円
GBPUSD500倍32,334円
USDJPY500倍27,923円
USDCHF400倍34,897円
AUDUSD500倍18,981円
AUDCAD500倍18,982円
AUDCHF400倍23,722円
AUDJPY500倍18,976円
AUDNZD500倍18,980円
CADJPY500倍21,201円
CADCHF400倍26,501円
CHFJPY400倍35,608円
CHFSGD400倍35,609円
EURAUD500倍27,954円
EURCAD500倍27,955円
EURCHF400倍34,940円
EURDKK50倍279,534円
EURGBP500倍27,951円
EURHKD50倍279,499円
EURHUF500倍27,952円
EURJPY500倍27,953円
EURNOK500倍27,958円
EURPLN500倍27,948円
EURSEK500倍27,955円
GBPSGD500倍32,312円
EURSGD500倍27,955円
EURTRY100倍140,007円
EURZAR500倍27,953円
GBPAUD500倍32,310円
GBPCAD500倍32,309円
GBPCHF400倍40,388円
GBPDKK50倍323,082円
GBPJPY500倍32,310円
EURNZD500倍27,951円
GBPNOK500倍32,318円
GBPNZD500倍32,312円
GBPSEK500倍32,308円
NZDCAD500倍16,991円
NZDCHF400倍21,239円
NZDJPY500倍16,992円
NZDSGD500倍16,991円
NZDUSD500倍16,992円
SGDJPY500倍19,918円
USDCAD500倍27,908円
USDDKK50倍279,091円
USDHKD50倍279,090円
USDHUF500倍27,909円
USDMXN500倍27,905円
USDNOK500倍27,904円
USDPLN500倍27,905円
USDSEK500倍27,906円
USDSGD500倍27,903円
USDTRY100倍139,516円
USDZAR500倍27,901円
USDRUB50倍279,021円
EURRUB50倍307,809円
USDCNH50倍279,020円
レバレッジ500倍以外の通貨ペアに注意

レバレッジ500倍以外の通貨ペアがあり、証拠金が想像以上に多く必要だったりするので、以下の銘柄をトレードする際は注意して下さい

  • レバレッジ50倍………EURDKK,EURHKD,GBPDKK,USDDKK,USDHKD,USDCNH,EURRUB,USERUB
  • レバレッジ100倍……USDTRY,EURTRY
  • レバレッジ400倍……CHFを含む通貨ペア全て

最新のレートで必要証拠金額を知りたい方は、XM公式サイトの証拠金計算ツールをご利用ください。


貴金属(ゴールド・シルバー)必要証拠金一覧表

XMで取引できる貴金属銘柄(金・銀・パラジウム・プラチナ)は4種類あります。

特にゴールドは、取引量は世界でも米ドルに次いで多く、日本人トレーダーの中でも人気の銘柄です。

国内の金先物に比べると、XMではかなり証拠金を安く抑えられています。

必要証拠金の計算式 (取引量と価格とコントラクトサイズを使用)

XMの通貨ペア以外の取引商品(CFD商品)では、通貨ペアと計算式が若干異なります。

計算式に使うコントラクトサイズとは、XMにおける1単位のことで、通貨ペアでは10万通貨で統一されていますが、CFD商品では銘柄によってコントラクトサイズは全て異なります

CFD証拠金の計算式

取引量 × コントラクトサイズ × 市場価格 ÷ レバレッジ = 証拠金

貴金属のコントラクトサイズ表と証拠金の計算例

※貴金属のコントラクトサイズ(=1ロット)
銘柄名 コントラクトサイズ
GOLD(金) 100オンス
SILVER(銀) 5000オンス
パラジウム 10トロイオンス
プラチナ 10トロイオンス

ゴールド価格が1,800ドルで1ロット(100オンス)を取引する場合

1ロット(取引量) × 100オンス(コントラクトサイズ) × 1,800ドル(市場価格) ÷ 1000倍 = 180USD
(円建て口座の場合)180 × 130円(USDJPYレート) = 23,400円

シルバー価格が25ドルで1ロット(5000オンス)を取引する場合

1ロット(取引量) × 5000オンス(コントラクトサイズ) × 25ドル(市場価格) ÷ 400倍 = 312.5USD
(円建て口座の場合)312.5 × 130円(USDJPYレート) = 40,625円

XMの証拠金計算ツール

XMの証拠金計算ツールは、通貨ペア専用ですが、例外としてゴールドとシルバーだけは利用できます。

通貨ペアと同様に、口座の基本通貨、通貨ペア、口座タイプ、ロット数、レバレッジを入力すれば、必要な証拠金が下部に表示されます。

最新のゴールド&シルバーのレートは入力しなくても、XMの現在レートを自動取得して計算してくれます。

ゴールド証拠金計算


XMの貴金属証拠金一覧

ゴールドは1000倍(スタンダード口座)、500倍(ゼロ口座)、シルバーは400倍(スタンダード口座)、400倍(ゼロ口座)で取引できますが、パラジウムとプラチナはレバレッジ22.2倍で、やや証拠金が高めですので、ご注意ください。

スタンダード口座

表内の証拠金額は1ロット(1コントラクトサイズ)取引に必要な証拠金額です。
※参考価格は2022年9月1日の価格です。

銘柄名 コントラクトサイズ レバレッジ 必要証拠金
GOLD(金) 100オンス 1000倍 23,778円
SILVER(銀) 5000オンス 400倍 30,842円
パラジウム 10トロイオンス 22.2倍 130,874円
プラチナ 10トロイオンス 22.2倍 52,014円

POINT

100オンスの国内金価格は、およそ2500万円。(2022年6月価格参考)
国内金先物(最大レバレッジ40倍)では、100オンス取引するのにおよそ50万円の証拠金が必要なのに対して、XMでは約2万4千円から取引できます。

ゼロ口座

表内の証拠金額は1ロット(1コントラクトサイズ)取引に必要な証拠金額です。
※参考価格は2022年9月1日の価格です。

銘柄名 コントラクトサイズ レバレッジ 必要証拠金
GOLD(金) 100オンス 500倍 47,558円
SILVER(銀) 5000オンス 400倍 30,842円
パラジウム 10トロイオンス 22.2倍 130,874円
プラチナ 10トロイオンス 22.2倍 52,014円

POINT

スタンダード口座とゼロ口座ともに、0.01ロットからトレード可能ですので、数百円単位からでもトレードできます。


株価指数(日経225・ダウ平均)必要証拠金一覧表

XMで取引できる株価指数は、全部で14種類あります。

一部の銘柄では、指数先物も取引できるので、取引銘柄数は23あります。

日経225(JP225)やダウ平均指数(US30)などは、為替取引のヘッジとして取引しているトレーダーも多いそうです。

必要証拠金の計算式 (取引量と価格とコントラクトサイズを使用)

CFD証拠金の計算式

取引量 × コントラクトサイズ × 市場価格 ÷ レバレッジ = 証拠金

株価指数証拠金の計算例

株価指数では、コントラクトサイズはすべて1を代入します。

しかし、最終的に出てくる証拠金額は当該国通貨での値になるので、それを日本円に換算しています。

JP225(日経225)が24,000円で1ロット(1日経225)を取引する場合

1ロット(取引量) × 1日経225 × 24,000円(市場価格) ÷ 200倍 = 120円(小数点以下四捨五入)

FRA40(仏CAC40株価指数)が5500ユーロで1ロット(1FRA40)を取引する場合

1ロット(取引量) × 1FRA40 × 5500ユーロ(市場価格) ÷ 100倍 = 55EUR
(円建て口座の場合)55EUR × 125円(EURJPYレート) = 6,875円(小数点以下四捨五入)

US30(ダウジョーンズ株価指数)が3万ドルで1ロット(1US30)を取引する場合

1ロット(取引量) × 1US30 × 3万ドル(市場価格) ÷ 100倍 = 300USD
(円建て口座の場合)300 × 105円(USDJPYレート) = 31,500円(小数点以下四捨五入)


XMの株価指数証拠金一覧

株価指数銘柄CFDは、スタンダード口座とゼロ口座の区別なく取引ができます。

表内の証拠金額は1ロット(1コントラクトサイズ)取引に必要な証拠金額です。
※参考価格は2022年9月1日の価格です。(口座の基本通貨はJPYで計算しています)

銘柄名 レバレッジ 必要証拠金
AUS200
オーストラリア株価指数
100倍 6,510円
EU50CASH
欧州株価指数
100倍 4,901円
EU50Future
欧州株価指数先物
100倍 4,898円
FRA40CASH
フランス株価指数
100倍 8,524円
FRA40Future
フランス株価指数先物
100倍 8,523円
GER30CASH
ドイツ株価指数
100倍 17,802円
GER30Future
ドイツ株価指数先物
100倍 17,792円
HK50CASH
香港ハンセン指数
66.7倍 5,233円
IT40CASH
イタリア株価指数
100倍 30,137円
JP225CASH
日経225指数
200倍 138円
JP225Future
日経225指数先物
200倍 138円
NETH25CASH
オランダAEX25
100倍 948円
SPAIN35CASH
スペイン株価指数
100倍 10,981円
SWI20CASH
スイス株価指数
100倍 15,410円
SWI20Future
スイス株価指数先物
100倍 15,406円
UK100CASH
英国株価指数
100倍 11,686円
UK100Future
英国株価指数先物
100倍 11,697円
US100CASH
ナスダック株価指数
100倍 16,917円
US100Future
ナスダック株価指数先物
100倍 16,930円
US30CASH
ダウ平均指数
100倍 43,774円
US30Future
ダウ平均指数先物
100倍 43,787円
US500CASH
S&P500
100倍 5,477円
US500Future
S&P500先物
100倍 5,480円

POINT

JP225(日経225)とHK50(香港ハンセン指数)のみ、他とはレバレッジが違うので、ご注意ください。
また、先物と書かれている株価指数は、3か月ごとに決済日が設けられています。決済日までに決済をしなければ、自動的に決済されますので、ご注意ください。


エネルギー(原油・天然ガス)必要証拠金一覧表

XMで取引できるエネルギー銘柄(WTI原油,WTI原油ミニ,ブレント原油,ロンドン軽油,天然ガス)は5種類あります。

レバレッジは、66.6~33.3倍となり、通貨ペアのレバレッジからは見劣りがしますが、国内の原油先物に比べると、XMではかなり証拠金が安く抑えられています。

必要証拠金の計算式 (取引量と価格とコントラクトサイズを使用)

XMの通貨ペア以外のCFD商品は、通貨ペアとは計算式がやや異なり、コントラクトサイズが計算式に挿入されます。

計算式に使うコントラクトサイズとは、XMにおける1単位のことで、通貨ペアでは10万通貨になりますが、原油エネルギー商品では、バレルやトン(t)が使われます。

CFD証拠金の計算式

取引量 × コントラクトサイズ × 市場価格 ÷ レバレッジ = 証拠金

エネルギー(原油.etc)のコントラクトサイズ表と証拠金の計算例

※エネルギーのコントラクトサイズ(=1ロット)
銘柄名 コントラクトサイズ
Oil
(WTI原油)
100バレル
Oilmn
(WTI原油ミニ)
10バレル
NGAS
(天然ガス)
1000MMBtu
BRENT
(ブレント石油)
100バレル
GSOil
(ロンドン軽油)
4トン

OIL(WTI原油)が45ドルで1ロットを取引する場合

1ロット(取引量) × 100バレル × 45ドル(市場価格) ÷ 66.6倍 = 67.56USD
(円建て口座の場合)67.56 × 105円(USDJPYレート)= 7094円(小数点以下四捨五入)

NGAS(天然ガス)が2.5ドルで1ロットを取引する場合

1ロット(取引量) × 1000MMBtu × 2.5ドル(市場価格) ÷ 33.3倍 = 75.07USD
(円建て口座の場合)75.07 × 105円(USDJPYレート)= 7,882円(小数点以下四捨五入)

GSOil(ロンドン軽油)が450ドルで1ロットを取引する場合

1ロット(取引量) × 4トン × 450ドル(市場価格) ÷ 33.3倍 = 54.05USD
(円建て口座の場合)54.05 × 105円(USDJPYレート)= 5,675円(小数点以下四捨五入)


XMのエネルギー証拠金一覧

エネルギー銘柄CFDは、スタンダード口座とゼロ口座の区別なく取引ができます。

表内の証拠金額は1ロット(1コントラクトサイズ)取引に必要な証拠金額です。
※参考価格は2022年9月1日の価格です。(口座の基本通貨はJPYで計算しています)

銘柄名 コントラクトサイズ レバレッジ 必要証拠金
OIL
WTI原油
100Barrels 66.7倍 18,659円
OILmn
WTI原油ミニ
10Barrels 66.7倍 1,866円
NGAS
天然ガス
1000 MMBtu 33.3倍 38,288円
BRENT
ブレント石油
100Barrels 66.7倍 19,929円
GSOil
ロンドン軽油
4 Tonnes 33.3倍 18,281円

POINT

原油はボラティリティの高い商品です。
投資初心者には扱いづらい商品ですが、XMでは、OILmn(WTI原油ミニ)も用意しており、かなり少額から試すことができます。


コモディティ(大豆、コーン)必要証拠金一覧表

コモディティは、大豆やとうもろこしなど、主に穀物資源が取引対象です。

コモディティのコントラクトサイズは各商品によって異なりますが、レバレッジはすべて50倍で統一されています。

必要証拠金の計算式 (取引量と価格とコントラクトサイズを使用)

XMの通貨ペア以外の商品は、通貨ペアとは計算式が異なり、コントラクトサイズが計算式に挿入されます。

計算式に使うコントラクトサイズとは、XMにおける1単位のことで、通貨ペアでは10万通貨になりますが、コモディティ商品では、ブッシュやLBSを使います。

CFD証拠金の計算式

取引量 × コントラクトサイズ × 市場価格 ÷ レバレッジ = 証拠金

コモディティ(大豆、コーン.etc)のコントラクトサイズ表と証拠金の計算例

※コモディティのコントラクトサイズ(=1ロット)
銘柄名 コントラクトサイズ
COTTO
(コットン)
10000LBS
CORN
(コーン)
400Bushels
HGCOP
(銅)
2000LBS
SBEAN
(大豆)
400Bushels
SUGAR
(砂糖)
10000LBS
WHEAT
(小麦)
400Bushels
COCOA
(ココア)
1トン
COFFE
(コーヒー)
10000LBS

コットンが0.8ドルで1ロットを取引する場合

1ロット(取引量) × 10000LBS × 0.8ドル(市場価格) ÷ 50倍 = 160USD
(円建て口座の場合)160 × 105円(USDJPYレート)= 16,800円(小数点以下四捨五入)

HGCOP(銅)が3.5ドルで1ロットを取引する場合

1ロット(取引量) × 2000LBS × 3.5ドル(市場価格) ÷ 50倍 = 140USD
(円建て口座の場合)140 × 105円(USDJPYレート)= 14,700円(小数点以下四捨五入)

小麦(WHEAT)が6.3ドルで1ロットを取引する場合

1ロット(取引量) × 400Bushels × 6.3ドル(市場価格) ÷ 50倍 = 50.4USD
(円建て口座の場合)50.4 × 105円(USDJPYレート)= 5,292円(小数点以下四捨五入)


XMのコモディティ証拠金一覧

コモディティ銘柄CFDは、スタンダード口座とゼロ口座の区別なく取引ができます。

表内の証拠金額は1ロット(1コントラクトサイズ)取引に必要な証拠金額です。
※参考価格は2022年9月1日の価格です。(口座の基本通貨はJPYで計算しています)

銘柄名 コントラクトサイズ レバレッジ 必要証拠金
COTTO
USコットン
10000 LBS 50倍 31,536円
CORN
USコーン
400 Bushels 50倍 7,457円
HGCOP
カッパー(銅)
2000 LBS 50倍 19,413円
SBEAN
US大豆
400 Bushels 50倍 15,801円
SUGAR
US砂糖
10000 LBS 50倍 5,007円
WHEAT
小麦
400 Bushels 50倍 9,285円
COCOA
USココア
1 Metric Ton 50倍 6,759円
COFFE
USコーヒー
10000 LBS 50倍 65,751円


証拠金維持率の目安とリスク管理の方法

男性講師2

ひとつ質問なんですが、必要証拠金だけしか入金せずに、トレードってできるんですか?

女性講師2

はい、可能です。
ただし、その場合は、証拠金維持率が100%になるので、すこし注意しなくてはいけません

男性講師2

・・・すいません。証拠金維持率って、どういう意味ですか?

女性講師2

証拠金維持率を理解するためには、「XMの証拠金がどう使われるか?」を理解することが早道です。
次章からわかりやすく解説しますね。

証拠金・有効証拠金・余剰証拠金・証拠金維持率について

女性講師2

それでは、証拠金維持率の仕組みを理解するために、実際のトレード画面を使って説明していきましょう。
まずは、試しにXMのデモ口座でポジションを持ってみます。

デモ口座ポジション詳細
  • 取引口座:スタンダードデモ口座(レバレッジ888倍)
  • 口座残高:10万円
  • FXペア:ドル円(USDJPY)
  • 取引量:10万通貨
  • 現有ポジション損益:-1400円
▼XMのトレード画面
①エントリー直後▼

XM証拠金維持率

女性講師2

上の画像はドル円の10万通貨のロングポジションを保有した直後のXMのトレード画面です。
証拠金の欄には、12,552円、証拠金維持率の欄には786%と記載されていますね。他にも色々・・・。
それぞれの項目について、ひとつずつ説明しますね。

(口座)残高:10万円

実際にXMの当該口座に入金している金額です。

有効証拠金:98,600円

有効証拠金とは、「もし、この時点で決済したら、残高に反映する金額」です。
現有ポジションの含み損は-1,400円なので、ここには98,600円が記載されています。
「仮の残高」と覚えておきましょう。

証拠金:12,552円

証拠金とは、このポジションを保有するのに利用している金額です。

余剰証拠金:86,048円

余剰証拠金とは、「現有ポジションを未決済でも、使える証拠金の金額」です。

余剰証拠金の計算式

余剰証拠金=残高-証拠金±現有ポジションの含み損益

現在、利用中の証拠金は12,552円と現有ポジションの含み損-1,400円は、証拠金として利用できないので、残高から両方を引いて86,048円です。

すこし、ややこしいですが「証拠金予備軍」と覚えておきましょう。

証拠金維持率:786%

証拠金維持率とは、「口座資金に対して現時点で証拠金はどれくらいの割合か」を測る目安です。

証拠金維持率の計算式

証拠金維持率=有効証拠金÷証拠金×100

POINT

「なぜ、残高に対しての証拠金の割合じゃないか?」と疑問をお持ちの方もいると思います。
その理由は現有ポジションには必ず「含み損益」が発生しているからです。そのため「有効証拠金」を用いて証拠金率は計算します。

現実点での計算は次の通りです。

98,600円(有効証拠金)÷12,552円(証拠金)×100=786%(証拠金維持率)

※たとえば、証拠金しか入金せず、現有ポジションの含み損益がゼロの場合は、証拠金維持率は100%になります。

男性講師2

なるほど。でも、なかなか、すぐに全部覚えるのは難しいそうですね。

女性講師2

現有ポジションの損益が変化すると、直感的にわかると思いますよ。
次の画像は、先程のポジションから10分経過したトレード画面です。

10分後:現有ポジション
含み益+800円に変化

▼XMのトレード画面 ②▼

XM証拠金3

女性講師2

含み損から含み益に変化したことで、その他の数字も変化していますよね。
変化した数字に着目してみましょう。

有効証拠金:98,600円 →100,800円

現有ポジションが含み損-1,400円から含み益+800円に変化したことで、有効証拠金が100,800円に増えました。
有効証拠金は、「仮の残高」と説明した通り、この時点で決済したら残高は、100,800円となります。

余剰証拠金:86,048円 →88,248円

余剰証拠金は「証拠金予備軍」と説明した通り、現有ポジションが含み益+800円になったことで、証拠金に利用できる証拠金が増えました。(含み益も証拠金に利用できます)
計算式は次の通りです。

残高(10万円)-証拠金(12,552円)+含み益800円=余剰証拠金(88,248円)

証拠金維持率:786% →803%

証拠金維持率は有効証拠金÷証拠金×100で求められるので、有効証拠金が増えたことで、証拠金率も上昇しています。
計算式は次の通りです。

100,800円(有効証拠金)÷12,552円(証拠金)×100=803%
男性講師2

なるほど!
現有ポジションの増減によって、有効証拠金と余剰証拠金と証拠金維持率が変化するんですね。

女性講師2

はい、その通りです。
証拠金維持率というのが、何を現した数値か、理解できたと思います。
証拠金維持率は、トレードする上で目安になる重要な数値なので、次の項目でも詳しく説明しますね。

証拠金維持率が下がると、どうなる?

もしも、損切ができずに、含み損が膨らみ、証拠金維持率がどんどん低くなる事態になったら、どうなるのでしょう?

女性講師2

証拠金維持率が下がると、やがて「強制ロスカット」に遭ってしまいます。
証拠金維持率というのは、「強制ロスカット」基準の目安になるのです。

証拠金維持率は強制ロスカットの目安
マージンコール・・・証拠金維持率50%
ユーザーに対しての警告ライン
強制ロスカット・・・証拠金維持率20%
強制ロスカットの実行ライン
ゼロカット・・・証拠金率0%
残高リセットライン

わかりやすく図表にすると、このようになります。

XM証拠金維持率ライン

強制ロスカットラインを下回ると、強制的にポジションを解消されます。

女性講師2

具体的には、この786%が20%を切らないように、トレードすれば大丈夫ということになります。

XM証拠金維持率

男性講師2

かなり余裕がありますね。

女性講師2

そうでもないですよ。ひとたび激しい下落に巻き込まれれば、あっという間に証拠金維持率は下がってしまいます。
次の画像は、さきほどのトレード状況から2時間後、15pips下落した状況です。

2時間後含み損-14,900円に変化

▼XMのトレード画面 ③▼

XM証拠金マイナス

女性講師2

このように15pipsの下落で、証拠金維持率は、あっという間に100も下がっています。

男性講師2

・・・そうですね。
含み損が膨らんで有効証拠金が削られてしまっていますからね。

女性講師2

はい。含み損がどんどん大きくなると、有効証拠金はどんどん小さくなるので、比例して証拠金維持率も低下します。

証拠金維持率100%の状態の危険性をシミュレーション

さきほど、証拠金維持率100%の状態では危険だという話が出ましたが、試しにシミュレーションをしてみましょう。

証拠金と同額の資金しか入れずに、証拠金維持率100%の状態を仮定します。

一般的にいう「フルレバレッジ状態」です。

証拠金維持率変化シミュレーション表の条件
  • <取引条件>:USDJPY(ドル円)10万通貨取引
  • <必要証拠金>:12,387円
  • <口座残高>:12,387円
  • <開始時の証拠金維持率>:100%
▼証拠金維持率変化シミュレーション表▼
含み損pip 含み損金額 有効証拠金 証拠金維持率
0pip ±0円 12,387円 100%
-1pip -1,000円 11,387円 91%
-5pip -5,000円 7,387円 59%
-10pip -10,000円 2,387円 19%(強制ロスカット)
女性講師2

証拠金に余裕がない状態だと、証拠金維持率はあっという間に20%ラインに到達してしまいます
ドル円を1ロット(10万通貨)で取引してたら、-10pipで1万円の含み損になる計算です。

男性講師2

そっか。
-10pipで強制ロスカットになってしまうというのは、相当厳しいですね…。

XM証拠金ロスカット

女性講師2

それぞれのトレードスタイルに応じて、考え方は変わると思いますが、利益が思うように出せないうちは、取引量のサイズを落として、証拠金に余裕のある状態でトレードをするのが良いと思います。

理想的な証拠金維持率の目安とは?

「理想的な証拠金維持率ってあるの?」という質問は、よくネット上などで散見します。

これは、実際にどれくらいの資金を口座に入金すれば良いのか? という疑問と結びついているので、各人によって判断に困る事もあるでしょう。

よく「500%くらいが良い」とか「300%くらいが理想的だ」という意見もありますが、これは各人の状況やトレードしている銘柄や通貨ペアによっても違うので、一概には言えないというのが筆者の意見です。

例えば、ボラティリティの激しい通貨ペアを取引する場合とそうでない場合では、状況は異なりますし、スキャルピングなのかスイングなのか、でも異なると思います。

ここでは、理想的な証拠金維持率の目安に対する考え方を紹介したいと思います。

1pipあたりの価値から証拠金維持率の目安を考える

たとえば、デイトレ―トを例にとりましょう。

GBPJPY(ポンド円)を取引していると仮定して考え、GBPJPY(ポンド円)の一日の平均的な変動幅を調べると60~120pipsです。

シンプルに考えて、エントリーポイントから-120pipsになっても耐えられるポジションを構築することが必要です。(本当はそんな状態になる前に損切りをするのがベストですが)

GBPJPYを1lot(10万通貨)を取引するなら、1pipあたりの価値が1000円、つまり-120pipをくらったら、120,000円のマイナスになります。

そして、GBPJPYの1ロットあたりの必要証拠金が15,603円で、強制ロスカットされた場合には3,120円(必要証拠金の20%)が残高に残ることになります。

つまり、12万円+3120円が口座にあれば、おそらく強制ロスカットは免れるだろう、という推論を構築することができます。

1pipあたりの価値から考える理想的な証拠金維持率な目安は次のようになります。

1pipの価値から考える理想的な証拠金維持率の目安の計算例


証拠金維持率=有効証拠金÷証拠金×100

789% = (12万円+3120円)÷15,603円×100

女性講師2

このように状況を丁寧に分析して考えると、理想的な証拠金維持率の目安を求めることが可能になります。

1pipあたりの価値を下げるのも有効手段

たとえば、上記のような場合は、1lot取引するには、約12万円の入金が必要になります。
しかし、12万円を入金するのが難しいのであれば、取引量を下げれば、1pipあたりの価値は下がるので、必要入金額も必然的に下げることができます。

GBPJPY(ポンド円)取引における1pipの価値と入金額
取引ロット数 1pipの価値 必要な入金額
0.1ロット 100円 12,312円
1ロット 1,000円 12,3120円
10ロット 10,000円 1,231,200円

GBPJPYのデイトレ時の理想的な証拠金維持率である789%は変わらないので、取引量を調節して理想的な資金とポジションバランスを構築するのがベストでしょう。

女性講師2

この数値はあくまでGBPJPYの平均的なボラティリティから割り出しているので、理想的な数値は各通貨ペアによって異なります。
また、突然の価格変動はいつでも起こり得るので、この数値以上に余裕を持った取引を心がけましょう。

XMの証拠金維持率を20%以上に維持する方法(緊急避難的に強制ロスカを避ける方法)

含み損が急に膨らんでしまった場合、証拠金維持率が20%を切らないためにできることはあるでしょうか?

追加で証拠金を入金する方法以外で、できることが2つあります。

強制ロスカットを避ける方法
  • XMロイヤリティポイントの利用
  • 両建て取引の活用
女性講師2

証拠金維持率を20%切らないための方法のベストは損切です。しかし、損切したら資金が枯渇して退場になってしまうなど、どうしても損切ができない場面もありますよね。そんな時の、参考にしてください。

ロイヤリティポイントの利用

証拠金維持率が20%を切らないためには、オススメなのがXMロイヤリティポイントの利用です。

ロイヤリティポイントは、XM内の疑似マネーであるクレジットに変換でき、クレジットは有効証拠金にもカウントをされます。

会員ページ(マイページ)右上にロイヤリティポイントのマークがあるので、それをクリックすれば、クレジットへの変換ページにいくことができます。

XM証拠金XMロイヤリティポイント

両建ての活用

次に紹介するのは初心者には難しいと言われている「両建ての活用」です。

XMでは同一口座内での「両建て取引」を認めているので、含み損ポジションに対して、反対ポジションを建てると、含み損はそれ以上は膨らみません。

そして、XMでは両建てにした場合、かかる証拠金がゼロになります。(註:FXではゼロですが、CFDでは50%の証拠金がかかります)

男性講師2

両建てって、そんな使い方があるんですか?

女性講師2

あくまで緊急避難的ですね。
ちなみに両建ては、会社によっては禁止しているところもあります。
そして、XMのように両建てを認めている会社でもかかる証拠金がゼロになるというのは珍しいと思います。

XM証拠金両建てイメージ

男性講師2

すごい! 証拠金がゼロになって、含み損が固定された!
何もポジションを持っていない状態と同じになったぞ!

女性講師2

待ってくださいね。
両建て取引ではポジションがスクエアになったような気がしますけど、スワップで日々証拠金が削られていくので、長期間保有はできません。
それに両建て取引が難しいのは、そのエントリーと決済のタイミングです。

XM証拠金両建て失敗例

女性講師2

この画像のように、結局損切して、逆ポジションをとっておいた方がよかったということにもなりがちです。
一番堅実な両建ての活用方法としては、余剰証拠金が増えるので、それを使って新たにポジションをとって含み損を減らすことが挙げられます。

XM証拠金 XM両建ての活用方法

男性講師2

なるほど。
なかなか難しいのですね。

女性講師2

それから、両建てに対しては各FX会社ともに厳しいルールがあります。
XMにも両建ての禁止ルールがありますので、それに抵触しないように気をつけましょう。

XMでの両建ての禁止ルール

女性講師2

以下のルールに抵触したら、口座凍結される危険性もありますので、十分に気を付けてくださいね。

  • 複数口座を使っての両建ての禁止
    XMでは追加口座を作って、そこでトレードすることは比較的カンタンですが、追加口座を使って両建てポジションを持つことが禁止されています。
  • 他の業者を使った両建ての禁止
    XM内の追加口座もそうですが、他業者を利用して両建てポジションを持つことも禁止されています。バレないだろうと思うかもしれませんが、バレます。
  • 異なる通貨ペアでも、ひとつの通貨をヘッジする両建ての禁止
    たとえば、GBT/JPYのロングとGBT/USDのショートを組み合わせて、別口座でそれぞれヘッジするというやり方も禁止されています。
  • 複数人の口座を使った両建ての禁止
    複数人でグループを組み、両建てをして損益を通算し利益を得る行為は禁止されています。
  • 窓開きトレードの禁止
    たとえば、土日に為替レートを左右する事件(選挙など)があることわかっている時に、両建てをしておいて、結果が出たのちに片方のポジションをカットして、利益を伸ばす行為は禁止されています。
  • 業者内の価格差を利用したアービトラージの禁止
    別業者を利用して、両建てをしてスワップポイントだけを得るトレードは禁止されています。別業者を使って価格差を利用するトレードは「アービトラージ(裁量取引)」に該当します。

ポジションを持ったまま出金する場合は?【証拠金維持率に注意】

女性講師2

さて、最後にお伝えするのは、ポジションを持ったままの出金について、です。

男性講師2

出金が証拠金維持率と何か関係があるのですか?

女性講師2

はい、ポジションを持ったままの出金する場合、証拠金維持率が関係するんですよ。

ポジションを持ったまま出金する場合、証拠金維持率150%が条件

女性講師2

XMでは、ポジションを持ったまま出金する場合、保有ポジションの証拠金維持率に基準を設けています。
それが証拠金維持率150%です。

XM証拠金XMポジションを持ったまま出金

出金可能額の計算方法

トレーダー

なるほど、出金する時には証拠金維持率の計算をしないといけないのですね。

女性講師

そうですね。
ただ、この計算はカンタンですよ。便宜上、含み損益のない状態で計算しますね。

XM証拠金XMでポジションを持ったまま出金

女性講師2

このように計算すれば、出金できる金額がカンタンに求められます。
含み損が発生している場合は、出金できない額に加えて含み損額も口座残高から引いて計算すれば、出金できる金額がわかります。


XMの証拠金に関するFAQ

XMのFXの証拠金はどのように計算しますか?

XMのFXの証拠金はどのように計算しますか?
XMのFXの証拠金の計算式は以下の通りです。
「取引ロット×10万通貨×現在レート÷レバレッジ」です

XMのCFDの証拠金はどのように計算しますか?

XMのCFDの証拠金はどのように計算しますか?
XMのCFDの証拠金の計算式は以下の通りです。
「取引ロット×コントラクトサイズ×オープン価格÷レバレッジ」です。

XM証拠金はどこに入金しますか?

XM証拠金はどこに入金しますか?
XMの証拠金は、自分の取引プラットフォーム(MT4/MT5)の口座に入金します。
入金は会員ページメニューから「資金を入金する」を選択すれば、行えます。

有効証拠金とはなんですか?

有効証拠金とはなんですか?
何もポジションを持っていなければ「残高+クレジット=有効証拠金」です。
ポジションを持っている場合、そのポジションの含み損益を反映した金額が有効証拠金です。

証拠金維持率とはなんですか?

証拠金維持率とはなんですか?

証拠金維持率とは、口座資金に対してのポジションサイズの割合を表しています。ポジションで含み損が膨らんでしまった場合、証拠金維持率も下がります。

証拠金維持率の計算式は以下の通りです。
「有効証拠金÷必要証拠金×100=証拠金維持率」です。


XMの証拠金について思うこと

著者コメント_凪

XMの証拠金は安いけれど、調子に乗ると痛い目に合う

XMの証拠金は安いので、ついつい調子に乗ってオーバーポジション状態になりがちです。

含み損ばかりのポジションを抱えて、身動き取れなくなって、あえなくロスカットに遭うことは初心者のうちではよくあることだと思います。

XMで難しいのは、実はポジションサイジングです。

利益を取れるトレーダーは、直感派にしろ、データ分析派にしろ、1つ1つの取引を大切にして、適格なポジションを構築することに長けています。

CFD取引では証拠金の管理が重要

XMのCFD銘柄は、それぞれ独自のコントラクトサイズとレバレッジが設定されているので、証拠金計算は慣れるまでが大変ですが、慣れてしまえば計算方法も簡単です。

ただ、もっと重要なのは、自分の資金と取引量との最適なバランスが身に付くことで、それまでは、なかなかCFDのトレードで利益を上げるのは難しいと思います。

なぜなら、CFD銘柄はボラティリティの高い商品も多く、少しずつ勝っていたとしても、大きく負けることもあり、資金管理ができないと、長期的な利益には結び付きづらいからです。

そのための一歩として、今回の証拠金についての記事が皆さんのお役に立てることを願っています。