FXのコピートレードアイキャッチ

コピートレードは、ソーシャルトレードミラートレードとも呼ばれ、海外では人気の高まっている取引方法の一つです。

コピートレードを利用すれば、他のトレーダーの取引をそのまま自分の口座に反映できるため、チャートに向き合う時間の少ない方やFX初心者でも、優秀なトレーダー(コピー相手)を選ぶ力さえあれば効率的に利益を狙うことが可能です。

本記事では、コピートレードのシステムや、お金の流れなどの報酬体系、利用するメリットやデメリットについて解説します。

コピートレードとは?システムとお金の流れ

コピートレードはその名の通り、他人の取引を複製するトレード方法で、優秀なトレーダーのエントリーと決済タイミングをコピーし利益を狙います。具体的にはどんな方法でコピートレードが行われるのか、コピーする側、コピーされる側の双方の立場で解説していきます。

ここではまず、以下の観点から説明します。

  • コピートレードってどんな取引方法?
  • コピートレードの具体的な仕組みとは?
  • コピーする側、コピーされる側のお金の流れは?

コピートレードとはどんな取引方法?

コピートレードイメージ図

コピートレードは、1つの親口座のエントリーと決済タイミングを他の子口座にも複製し取引を行います。

例えば、優秀な親口座トレーダーA氏の取引を、他の子口座トレーダーB氏、C氏、D氏が自分の口座にコピーした場合、全トレーダーのぞれぞれの口座のエントリー決済タイミングがほぼ同時になります。実際に取引を行っているのは親口座のA氏のみで、子口座のB氏、C氏、D氏は、A氏の取引を眺めているだけです。

このように、コピートレードは上手なトレーダーを選ぶだけというお手軽さもあり、経験の浅い初心者や、時間がなくて取引に専念できない方を中心に、海外での人気が高まっています。


コピートレードの仕組み、プロバイダーとフォロワー

コピトレ―ドでのフォロワーとプロバイダーの関係性

コピートレードのイメージが掴めたら、続いてより具体的なコピートレードの仕組みを確認しましょう。

前提として、コピートレードには2種類の立場のトレーダーが存在します。

  • 取引シグナルを提供する側(プロバイダー)
  • 取引シグナルをコピーする側(フォロワー)

各トレーダーを指す名称は様々で、FXサービスの提供者により名称が異なりますが、主にコピーされる側を「プロバイダー」、コピーする側を「フォロワー」と言います。

コピートレードでは、フォロワーが任意のプロバイダーを「フォロー」することによって、双方の口座が紐付けられ、プロバイダーの取引シグナルがフォロワーの取引口座に反映されるようになります。

  • フォロワー:取引をコピーさせてもらう代わりに、利益が出たら報酬をプロバイダーに支払う。
  • プロバイダー:取引をフォロワーにコピーさせてあげる代わりに、利益が出たら報酬を受け取る。
POINT

コピートレードのお金の流れ(手数料)

フォロワーとしてコピートレードを利用した場合、プロバイダーに支払う成功報酬(手数料)が必要です。

ここでは、利益が出た場合と損失が出た場合のお金の流れをそれぞれ確認して、コピートレードというシステムがどのように運営されているのかみていきましょう。

コピートレードで利益が出た場合

コピートレードで利益が出た場合のお金の流れ

コピートレードで利益が出た場合、プロバイダーは取引で得た金額を全額獲得できますが、フォロワーの場合はプロバイダーへの成功報酬が自動的に引かれるので、利益額はその分少なくなります。

多くの場合、成功報酬は「その取引で得た利益の○%」と定められており、その割合は業者やプロバイダーによって異なります。

なお、システムを提供するFX業者は取引毎にスプレッドを双方から徴収しており、これがFX業者の収入源となっています。そのため、FX業者がコピートレード使用料等を別途請求することは基本的にありません。

注意

例外的に、サブスクリプション(定額制)方式が採用されている業者もあります。

コピートレードで損失が出た場合

コピートレードで損失が出た場合のお金の流れ

コピートレードで損失が出た場合、当然フォロワーもプロバイダー同様に損失を被ることになります。

この場合、プロバイダーへの報酬は請求されず、純粋に取引で発生した損失分のみが双方の口座から減額されます。

POINT
  • コピートレードで利益を得た場合、その利益からプロバイダーへの成功報酬が差し引かれる。
  • 取引で負けてしまった場合は、報酬を払う必要はない。
  • システムを提供するFX業者は、双方からスプレッドを徴収することで収益を得ている。
国内FXでは?

ちなみに、国内FXのコピートレードでは、プロバイダーは報酬を受け取ることができません。

日本国内でコピートレードを提供する場合、金融庁の定める「投資助言・代理業者」の資格が必要になるのですが、ほとんどのプロバイダー(個人のトレーダー)はこの資格を所持していないためです。

プロバイダーの立場からすると、国内FX業者で取引シグナルを提供するメリットがほぼない状態なので、日本人であっても優秀なプロバイダーは海外FX業者で配信を行います。



MAM・PAMM、EAとの違いは?

コピートレードとMAM・PAMM、EAとの違いは?

コピートレードと同様に、放っておくだけで利益を出せる可能性がある取引方法として、MAM(マム)やPAMM(パム)、EAやシストレ(自動売買)といったものもあります。

投資者が自分で取引する必要がない点では共通していますが、異なる性質も多いので整理しましょう。

MAM・PAMMとの違いは?

コピートレードと混同されることが多いMAM・PAMMですが、双方の間には明らかな違いがあります。

以下で、特にきちんと理解しておくべき相違点を紹介します。

根本的な概念の違い

コピートレードとMAM・PAMMの概念の違い

そもそも、コピートレードとMAM・PAMMでは根本的な概念が異なり、「コピートレードは単なるコピー」で「MAM・PAMMは取引の委託」です。

コピートレードは、プロバイダーがプロバイダー自身の口座で取引し、それを信号化してフォロワーの口座に反映させるだけです。

つまり、プロバイダーとしては誰かの代わりに取引をするというよりも、通常通り取引を行って、その取引内容が自動的に他人の口座にも反映されている、といった感覚です。

一方、MAM・PAMMの場合、複数の投資者がプロトレーダーに資金を託して、自分の代わりに取引してもらう形になるので、投資信託のイメージに近くなります。

MAM・PAMMで投資者の代わりに取引するトレーダーたちは、FX業者に雇用されている本物の上級トレーダーもいますが、依頼者のお金を預かるという性質上、お金を集める事を目的にしている偽物トレーダーも多い点に注意しなければなりません。

取引に関与できる度合い

コピートレードとMAM・PAMMは投資者が取引に関与できる度合が違う

取引を任せる側の立場で考えた場合、取引に関与できる度合いはコピートレードの方が圧倒的に高いです。

一般的に、コピートレードでは、フォロワーが自分でポジションを決済して出金することができる上に、いつでもフォロワーの判断で自由にコピーを止めることが可能です。

しかし、MAM・PAMMにはロックアップ期間(最低1ヵ月~)という契約期間が設定されており、ロックアップ期間中は、投資者は自分で運用を停止することができず、決済や出金も一切行えません。

もし万一取引を任せた相手が悲惨なトレードを行った場合、コピートレードであれば投資者が自分の意志で取引を止められますが、MAM・PAMMだと止められません。

投資額の自由度

コピートレードとMAM・PAMMは開始資金額の決定方法が異なる

コピートレードでは、プロバイダーから取引に必要な証拠金額を指定されることは基本的にありません。
(推奨証拠金額が提示されている場合もあります)

そのため、自分の資金力に応じて無理なく投資額を設定することが可能です。

一方MAM・PAMMの場合、証拠金額は予めプロトレーダーから指定されることが多く、比較的高額な資金が必要となります。

つまり、コピートレードの投資額はフォロワー自身で決定できる一方、MAM・PAMMではプロトレーダーに決定権がある場合が多いため、投資額の自由度が大きく異なります。


EAやシストレ(自動売買)との違いは?

コピートレードとEAの違い

EAやシストレ(自動売買)とコピートレードの最も大きな違いは、取引に反映するソースが「プロバイダー(実在するトレーダー)」か「事前にプログラミングされたシステム」かです。

コピートレードではプロバイダーの取引をコピーして、利益が出た時にだけ成功報酬を支払う形になりますが、EAを利用する場合、目的に応じたEAの購入とVPSの月額契約・設定が必要です。

EAの値段には幅があり、無料のものから数十万するものまで様々です。つまり、EAは初期費用の面でコピートレードよりかさみますが、成功報酬は必要ないため、その分利益を大きく取れます。

しかし、安定的に勝てるEAをこれまでに見たことがありません。システムを組み合わせてリスクを減らしたり、EAを使用するタイミングを厳選したりと、自分なりの工夫が必要になるでしょう。


コピートレードのメリットとデメリット

個人的にコピートレードは、MAM・PAMMに自由と透明性をプラスし、EAやシストレ(自動売買)に裁量取引の柔軟性をプラスした、メリットの多い取引方法だと感じます。

以下に、私の思うコピートレードのメリットとデメリットをまとめました。

コピートレードのメリット

コピートレードのメリット

コピートレードは、勝ちそうなトレーダーを選択するだけで取引が始められるという手軽さが一番のメリットです。自分で裁量取引を行う場合に比べて、メンタル面での負担も和らぐでしょう。

また、プロバイダーの取引履歴は全て確認することができるため、新米トレーダーは成績のいいプロバイダーをフォローして、取引方法の勉強にも役立てられます。

MAM・PAMMのように契約期間に縛られることもありませんし、EAのように融通の利かないプログラミングを利用するのではなく、本物のトレーダーの裁量取引をそのままコピーできるのは画期的です。

メリット
  • 初期費用が安く手軽に始められる
  • 勝っているトレーダーの取引をコピーできるので利益を出せる可能性が高い
  • 自分で取引する時間がなくてもOK
  • 感情に左右されずに取引ができる
  • 優秀なトレーダーの取引方法を見て勉強することができる
  • システムトレードと異なり急な相場変動でもプロバイダーが裁量で対応可能
  • フォロワー側の判断で決済したりコピーを停止できる
  • プロバイダーを選ぶ楽しさがある

コピートレードのデメリット

コピートレードのデメリット

コピートレードには魅力的なメリットが多い一方、業者によっては誰でもプロバイダーになれてしまうため、プロバイダー選びに失敗すると簡単に負けてしまう恐れがあります。

コピートレードにおいて、プロバイダー選びは最重要ですが、よいプロバイダーを見つけるのは簡単なことではありません。

デメリット
  • プロバイダーの調子に左右される
  • プロバイダーの実力を事前に判断するのは難しい
  • 成功報酬が引かれるので利益額がその分小さくなる
  • コピーにタイムラグが出る場合もある
  • 実践力や知識は身に付きにくくなる
POINT

ギャンブル的に楽しむのではなく、きちんと利益を出したいと考えるのであれば、自分に合ったプロバイダーを見つける必要があります。