easyMarkets-評価・評判

easyMarkets公式サイトはコチラ

easyMarkets(イージーマーケッツ)は、2001年から20年以上運営している老舗の海外FX業者です。

固定スプレッドや「損失が出た取引のキャンセル」「表示価格を一時停止」など、独自機能を提供していることが最大の特徴です。

独自機能を上手に使いこなせれば、リスクを限定しつつ大きな利益を狙えることも可能です。

トレードに多様性を求めてる方には、おすすめできる海外FX業者です。

本記事では、easyMarketsの評判やメリットなどをまとめています。

※MT5が正式にリリースされています。MT5は変動スプレッドを採用、最大レバレッジは500倍です。

easyMarketsの安全性や信頼性

チェック項目
金融
ライセンス
✅ CysecやASICなど4種類のライセンスを取得
運営歴✅ 約20年
資金管理✅ 一流銀行での分別管理
備考・追証なし、ゼロカット

easyMarketsは日本の金融庁に規制されていない海外FX業者です、easyMarketsの安全性や信頼性については、日本に事業所を持たない海外の業者である事を踏まえて考える必要があります。

会社概要

easyMarketsは2001年にEasy Forexとしてサービスを開始し、2016年に現在のeasyMarketsへと社名を変更して運営を続けています。

2019年に日本へ進出してから日が浅いものの、2020年から日本語完全対応となり、電話もコールバック対応してくれるなど、サポートと品質の良さには定評があるFX会社です。

POINT
  • 運営歴は20年強
easyMarkets会社情報
easyMarkets
運営会社EF Worldwide Limited
設立2001年
登記住所Trinity Chambers,Road Town,Tortola, PO Box 4301,British Virgin Islands
金融ライセンス
  • CySEC(登録番号:079/07)
  • ASIC(登録番号:AFS246566)
  • FSA(登録番号:SD056)
  • FSC(登録番号:SIBA/L/20/1135)
ホームページhttps://www.easymarkets.com/int/ja/
easyMarkets会社情報
easyMarkets
運営
会社
EF Worldwide Limited
設立2001年
登記
住所
Trinity Chambers,Road Town,Tortola, PO Box 4301,British Virgin Islands
金融
ライセンス
ホーム
ページ
https://www.easymarkets.com/int/ja/

顧客の資産は一流銀行で分別管理

easyMarketsでは顧客の資産は、運営資金とは別に一流銀行で分別管理されています。

ただし、分別管理先の銀行名は非公開で、保険や補償の加入状況についても公開されていません。

easyMarkets資金管理PCeasyMarkets資金管理MB

金融ライセンスは4種類所持

easyMarkets全体では複数のライセンスを保有していますが、現在日本法人向けではイギリス領ヴァージン諸島のライセンス(BVI FSC)のみを取得しています。

グループ会社が取得しているオーストラリア証券投資委員会(ASIC)は、とりわけ権威性が高く、規制や取得条件が他ライセンスよりも厳しいことで有名です。

ASICを持っているのは高く評価できるポイントと言えます。

easyMarketsのライセンス
  • Tier1 オーストラリア証券投資委員会(ASIC)
  • Tier2 キプロス証券取引委員会(CySEC)
  • Tier3 セイシェル共和国(FSA)
  • Tier3 イギリス領ヴァージン諸島(BVI FSC)

海外では高評価

海外のFX掲示板Trustpilotではレビューが約1400件あり、平均星4.8という高い評価を得ています。

実際にレビューを見ると、サポート対応の良さや、取引プラットフォームが使いやすい、アプリの使用方法に関するチュートリアルは簡潔でわかりやすいなどと言った意見が多くありました。

日本国内での評判は殆どなし

長く運営している海外と違い、日本語に完全対応したのは2020年からでまだ期間が短いという事もあり、評判はあまり見つかりませんでした。

ただし、評判自体は少ないものの良い評判ばかりで、悪い評判は全く見つからなかったので、大きなトラブルなどは起きてないことが分かります。

見つかった主な評判
  • 大型指標時に取引しやすい
  • 独自機能があるので戦略を色々たてられる
  • カスタマーサポートの対応が親切で丁寧

easyMarketsの10のメリット

実際に、easyMarketsを利用してみてメリットと感じた点をご紹介します。

運営歴が20年超、安心の運営実績

easyMarketsは、2001年に設立された海外FX業界の中でも長い歴史を持つ海外FX業者です。

2020年よりスペインの名門サッカークラブ、レアルマドリードの公式スポンサーを務めています

日本人向けのサービス提供という意味では、まだまだ歴史が浅いeasyMarketsですが、グループ全体での金融ライセンスは信頼性が高く、運営歴も20年を超えているので、安全性・信頼性は十分にあると言えます。

取引手数料無料の固定スプレッド

海外FX業者だとスプレッドは変動制を採用している業者ばかりですが、easyMarketsでは固定制を採用しています。

指標発表時や早朝などスプレッドが広がりやすいタイミングでもスプレッドが変動しないので、時間帯や取引コストを気にせず取引が可能です。

また、取引手数料が無料なので、取引コストの計算も簡単にできます。

主要銘柄のスプレッド
MT4ウェブ/アプリ
銘柄スタン
ダード
プレミ
アム
VIPスタン
ダード
プレミ
アム
VIP
USD
JPY
2.01.81.02.42.21.5
EUR
USD
1.71.20.71.81.50.8
EUR
GBP
2.82.01.53.02.72.2
GBP
USD
2.31.81.32.41.91.4
GBP
JPY
4.03.52.55.04.54.0

easyMarkets独自のツールが使いやすい

easyMarketsでは利用できるプラットフォームはMT4だけでなく、独自で開発しているプラットフォームを利用する事ができます。

easyMarketの独自プラットフォームは、多機能でデザイン性にも優れており、スマホ・タブレットのアプリもリリースされています。

操作性はシンプルで使いやすく、チュートリアルもあるので初心者でも安心して取引ができます。

独自のユニークな機能が満載

easyMarketの独自プラットフォームには取引の戦略として利用できる機能が4種類あります。

それぞれ他FX業者では見かけることのないユニークな機能で、上手く利用することで取引の勝率を上げることができます

POINT

上記のユニーク機能は、ウェブ/アプリのみ利用可能で、MT4/MT5では利用不可。

easyTrade

easyTradeとは、easyMarkets独自のトレード方法で、FXとバイナリーオプションをかけ合わせたようなシステムです。

最大の特徴としては、損失は購入した金額(支払額)のみで、利益は無限大で獲得可能です。

使い方は、支払額と満期までの時間(1時間・3時間・6時間)を設定し、現在レートから上がるか下がるかを予測して、注文するだけです。

満期になるとポジションは自動でクローズされ、予想が当たれば利益分から支払額を差し引いた金額が受け取れ、予想が外れていれば支払額が残高から引き落としされる仕組みです。

満期までの時間(有効期限)内であれば、いつでもポジジョンをクローズさせることも可能となっています。

ただし、easyTradeで利用できる銘柄は限られているので注意しましょう。

easyTradeで利用可能な銘柄
通貨ペア

EUR/GBP,AUD/USD,EUR/USD,USD/CHF,GBP/JPY,GBP/CAD,EUR/AUD,EUR/NZD,GBP/USD,EUR/JPY,USD/JPY,USD/CAD,GBP/AUD,GBP/CHF,EUR/CAD,EUR/CHF,NZD/USD,GBP/NZD

貴金属

XAU/USD,XAG/USD

コモディティ

OIL/USD,BRT/USD

インデックス

DAX/EUR,NDQ/USD,SPI/USD,ASX/AUD

仮想通貨

BTC/USD,ETH/USD,SOL/USD

POINT

easyTradeは、リスク(損失金額)を固定し、発生した利益は無限大で獲得できます。

dealCancellation

dealCancellationとは、easyMarketsが提供している独自の機能で、最初に手数料を支払って保険をかけておけば、含み損の状態でも、取引自体を取り消すことのできる機能です。

手数料は、ポジションサイズと設定する時間(1時間・3時間・6時間)の設定に基づいて計算されます。

手数料の目安

手数料は、市場のボラティリティやレートに基づき、常に変動しています。

手数料の目安(2022.4.15のレート)
銘柄1時間3時間6時間
USDJPY
(0.1Lot)
797円1550円2542円
BTCUSD
(0.23BTC)
3519円7233円10877円
XAUUSD
(5XAU)
688円1799円7841円
POINT

手数料以上の損失が出た場合に、手数料のみで取引をキャンセルすることができるので、取引のリスクを大きく軽減することができます。

フリーズレート

フリーズレートとは、注文する際に商品の値動きを3秒間画面上で一時停止させることができる機能です。

ボラティリティが高い銘柄などは、数秒間のうちに大きく変動してしまうことも少なくなく、発注した時よりも悪いレートで注文が入ってしまったという経験がある方も多いのではないでしょうか?

そんな時に、このフリーズレートの機能が役に立ちます。

手数料は一切かからず、何度もフリーズさせて納得のいく価格で注文することが可能となります。

POINT

フリーズレートは、値動きが激しい時に大活躍します。

バニラオプション

easyMarketsのバニラオプションは、コールとプットのオプション取引で、損失は限定しつつ利益を無制限に狙えるトレード方法です。

オプションは、最初に支払うプレミアム(オプション料)となるので、最大損失はオプション料のみ

オプション料は、有効期限や権利行使価格によって変わります。

期限を長くすればオプション料は高くなり、権利行使価格を現在価格よりも離せば離す程、コール/プットのオプション料金に差が開きます。

バニラオプションについて
コールオプションとは?

コールオプションを購入することで、 保有者は将来の定められた日付と行使価格で取引商品を購入する権利を与えられますが、義務ではありません。
コールオプションを開始するためには、保有者はオプション販売者にプレミアムを前払いする必要があります。
買い手のリターンは、価格の上昇に伴って無制限となりますが、 最大の損失額はその取引商品の購入価格に限定されます。

プットオプションとは?

プットオプションを購入することで、 保有者は将来の定められた日付と権利行使価格で取引商品を売却する権利を与えられますが、義務ではありません。
売り手は買い手から受け取ったプレミアムでリターンを得ますが、 価格が上昇するほど損失が拡大します。

権利行使価格とは?

トレーダーが商品を買う(コール)または売る(プット)ために あらかじめ決められた価格です。

POINT

価格変動が大きい商品などを取引する際に、バニラオプションは有利なトレード手法となります。

バニラオプションのメリット
  • 1日から6ヵ月まで期間を設定できる
  • スワップなし
  • マージン無しで取引可能
  • 損失は固定、利益は無限大

独自ツールはスリッページなし

easyMarketsの独自ツールを使用した取引では、スリッページは発生しません

そのため余計なコストをかけずに取引が可能です。

ただし、MT4/MT5を使用するとスリッページが発生する可能性があるので注意してください。

POINT

スリッページとは、発注時の提示レートと、実際の約定レートの価格差のことです。指標発表など相場の急落/急騰など、市場状況によりスリッページが発生しやすくなります。


米国株や仮想通貨も取引可能

easyMarketsでは、通貨ペア、貴金属、コモディティ、株価指数以外にも、米国株や仮想通貨も取引が可能です。

特に貴金属に関してはクロス通貨の取り扱いが多く、株式も海外FX業者の中でもトップクラスの品揃えとなります。

注意

ウェブ/アプリ版では全ての銘柄が取引可能ですが、MT4/MT5では取引できない銘柄もあるので注意してください。

取扱い銘柄数
ウェブ/アプリ版MT4
FX通貨ペア6246
貴金属195
コモディティ12
株価指数13
仮想通貨20
株式6439

ビットコイン建て口座で取引可能

easyMarketsでは、日本円(JPY)やアメリカ(USD)建て口座以外にも、μBTC(マイクロビットコイン)建て口座でも取引が可能です。

メリットとしては、入金から取引、出金までビットコインを法定通貨に交換する必要がないので、価格変動や煩わしい交換手数料などを心配する必要がありません。

μBTC(マイクロビットコイン)とは?

μBTC(マイクロビットコイン)とは、ビットコインの最小の貨幣単位で、その価値は1ビットコインの100万分の1で0.000001BTCに相当します。

  • 1BTC = 1ビットコイン
  • 1mBTC(ミリ・ビットコイン) = 0.001ビットコイン
  • 1μBTC(マイクロ・ビットコイン) = 0.000001ビットコイン
μBTC口座のメリット
  • ビットコインで入金・出金可能
  • 法定通貨へ両替せずに取引可能
  • 価格変動や交換手数料を気にしなくて済む
  • BTCウォレット・アドレスへいつでも出金可能
  • 独自プラットフォームでも利用可能

レバレッジ制限・規制なし

easyMarketsの最大レバレッジは、ウェブ/アプリ版は200倍、MT4は400倍と海外FX業者にしては低めのレバレッジとなっています。

ただし、保有ポジションや口座残高による制限はありません

また、指標発表など大きなレート変動が予想されるイベント時もレバレッジは規制されないので、余計なことを考える必要はなく取引が可能です。

VIP口座はスプレッドが狭い

easyMarketsの口座タイプは、3種類あり、スタンダード→プレミアム→VIPの順でスプレッドが狭くなります。

スタンダード・プレミアム口座のスプレッドは広めですが、VIP口座のスプレッドは、他海外業者と比べても狭い方だと言えます。

最低入金額(初回のみ)は100万円となりますが、VIP口座を利用することで有利にトレードを進めることができるでしょう。

POINT

特にオイルのスプレッドは狭く設定されています。

VIPプレミアムスタンダード
ウェブ
/アプリ
MT4ウェブ
/アプリ
MT4ウェブ
/アプリ
MT4
EURUSD0.80.71.51.21.81.7
GBPUSD1.41.31.91.82.42.3
GBPJPY42.54.53.554
USDJPY1.51.02.21.82.42.0
NKIUSD
日経225
121017152220
APLUSD
Apple
1.41.41.51.41.61.4
WTI
原油
0.040.030.050.040.060.05
XAU
ゴールド
0.400.350.450.400.500.45
WTI
原油
0.040.350.050.400.700.70
BTCUSD605065657070

日本語サポートは親切で丁寧

easyMarketsの日本語サポートは、親切で質問に対しても丁寧に対応されているという印象です。

また、不明な点は直接電話で対応もしてもらえるので、初心者の方でも安心して利用できると思います。

POINT

登録した電話番号にキプロス(+357から始まる番号)から電話がかかっていますが、日本人スタッフが対応してくれるので安心してください。

日本語
対応
受付時間
メール青丸常時受付
チャット青丸日本語対応:平日15時~24時
英語対応:平日24時間

スプレッドは固定/変動どちらでも選択可

easyMarketsでは、MT5が正式にリリースされています。

MT5は全て変動スプレッドを採用。最大レバレッジは500倍です。

MT4とMT5の比較(VIP口座)
MT4MT5
スプレッド固定スプレッド変動スプレッド
最大レバレッジ400倍500倍
USDJPY1.0pips0.6~1.1pips
GBPJPY2.5pips0.9~1.8pips
EURUSD0.7pips0.6~0.8pips
EURGBP1.5pips0.8~1.2pips
GBPUSD1.3pips0.7~1.0pips

MT5で変動スプレッドが採用されたという事で、普段はMT5を使用し、早朝や指標発表などスプレッドが広がりやすい時間帯は固定スプレッドのMT4を使用するなど、使い分けることで戦術に幅を持たせることができます。



easyMarketsの5つの注意点

最大レバレッジは200-400倍と低め

easyMarketsではMT4とウェブ/アプリ版の取引プラットフォームによって最大レバレッジが異なります。

最大レバレッジは、MT4で400倍ウェブ/アプリ版で200倍となっていますが、海外FX業者にしては低めに設定されています。

ただし、先述した通りレバレッジ制限はないので、状況次第ではeasyMarketsの方が有利になる場合もあります。

easyMarketsがMT5を正式にリリース

MT5は、変動スプレッドを採用しており、最大レバレッジは500倍、独自機能は使用不可。

MT4/MT5は独自の機能が使えない

easyMarketsでは、独自プラットフォームとMT4/MT5で取引条件が異なります。

MT4/MT5は独自プラットフォームに比べ、最大レバレッジとスプレッドは優れているものの、取扱い銘柄が少なくeasyMarketsの売りである独自の機能が使用できないので注意してください。

MT4/MT5で使えない機能
  • easyTrade
  • dealCancellation
  • フリーズレート
  • バニラオプション
  • スリッページなし

MT4/MT5を利用する場合、サポートへの連絡が必要

easyMarketsで、MT4/MT5を利用するには口座開設後にサポートへ連絡してMT4/MT5のログイン情報を発行してもらう必要があります

PC版MT4/MT5をダウンロードしたい場合は、公式サイトの上部メニューの「プラットフォーム」よりダウンロードできます。

注意

口座開設直後は、Web/アプリ版のみ利用可能です。

複数口座を開設できない

多くの海外FX業者は、1つのアカウントで複数の取引口座を持つことが可能ですが、easyMarketsで持てるのは、ウェブ/アプリ口座1つ+MT4口座1つ+MT5口座1つまでとなっています。

マイナススワップが多い

主要通貨ペア1Lot(10万通貨)を1日持った場合のスワップポイントを他社と比較してみます。

主要銘柄のスワップポイント
easyMarketsXMGEMFOREX
買い売り買い売り買い売り
USDJPY-2.26-8.38-0.81-6.010.210.28
EURUSD-9.49-1.31-5.87-0.07-4.29-0.42
EURJPY-6.80-4.69-4.40-3.0-4.64-1.77
AUDUSD-5.00-1.27-2.99-1.09-2.1-1.5
GBPUSD-8.76-3.63-4.70-3.09-0.87-3.85

単位はポイント
小数点第3位を四捨五入
同通貨ペアの最高値は、最低値は

easyMarketsのスワップは、マイナススワップが多く、その支払額も他社より高額となります。

ポジジョンを保有し続けるほど、スワップポイントが大きな取引コストとして上乗されていきます。

そのため、easyMarketsでは、ポジションの長期保有には向いておらず、スキャルピングやデイトレードで短期的に稼ぎたい方におすすめです。

スワップフリーの取引も可能

easyMarketsのウェブ/アプリ版の「デイトレード」はスワップポイントが付きますが、他の取引メニューを利用するとスワップフリーになります。

スワップポイントが付かない取引
  • easyTrade
  • 先日付取引(30日間の保有が可能)
  • バニラオプション(最大6ヵ月の保有が可能)

上記3つは、easyMarketsの独自プラットフォームの機能で、スワップフリーとなっているので、取引コストを気にせず長期保有も可能となります。

仮想通貨の取引時間に注意

easyMarketsの仮想通貨取引は、ウェブ/アプリ版とMT4では取引時間が異なります

  • 通常時間
  • 夏時間
  • ウェブ/アプリ版MT4
    仮想通貨24時間取引可能
    (毎週日曜
    16:00~19:00を除く)
    月曜07:00
    ~土曜07:00
  • ウェブ/アプリ版MT4
    仮想通貨24時間取引可能
    (毎週日曜
    15:00~18:00を除く)
    月曜06:00
    ~土曜06:00

ウェブ/アプリ版は、日曜日の3時間のメンテナンス以外は毎日24時間取引ができますが、MT4だと土日は取引ができませんので注意してください。

早朝のスキャルピングに注意

easyMarketsでは、スキャルピングは許可されていますが、早朝06:00~09:00のスキャルピング禁止されています。

その時間ばかりを狙ったスキャルピングをしていると、easyMarketsより警告が入ります。

明らかに故意と判断された場合は、稀に取引停止にされ、出金を促される場合があるので早朝のスキャルピングには注意してください。


これからeasyMarketsで取引を始める方へ

easyMarketsは、20年以上の長い歴史を持つ、世界的にも有名な海外FX業者です。

日本での知名度はまだまだ低いのですが、複数の金融ライセンスを取得しているため安心して取引が可能です。

「スリッページなし&固定スプレッド」であることで、市場の流動性やボラティリティに関わらずスプレッドは広がらないので、初心者でも安定した取引が可能です。

また、独自のプラットフォームには「損失の取り消し」や「レートの一時停止」など、他FX業者にはないユニークな機能が盛り込まれています。

これらの機能を上手く利用することで、戦略の幅が広がり、取引の勝率を上げることもできます。

easyMarketsでは、デモ口座が用意されているので、他業者にはない機能を一度体験してみてはいかがでしょうか。

POINT

MT5が正式にリリースされています。MT5は変動スプレッドを採用、最大レバレッジは500倍です。

easyMarkets公式サイトはコチラ