XM出金ガイド

XMの出金方法は5種類ありますが、出金にはルールがあり自由に選べるわけではありません。

XMの口座から出金する際は、「入金額までは入金と同じ方法で出金する」「利益分は銀行送金で出金する」などの定められたルールに従って出金する必要があります。

本記事では、XMから出金する際の出金手数料着金日数はもちろん、出金ルールに従った正しい出金方法の選び方を解説します。

XMの出金方法の種類、出金手数料、着金日数

XMから出金する方法は、銀行送金クレジット/デビットカードbitwalletSTICPAYBXONE5種類です。

XM-出金-銀行送金Local Bank Transfer

銀行送金

Local Bank Transfer

指定銀行へ出金

XM-入金-VISAカード

VISAカード

Credit/Debit Cards

カードへ返金

XM-入金-bitwallet

bitwallet

Bitwallet

電子ウォレット

XM-入金-STICPAY

STICPAY

SticPay

電子ウォレット

XM-入金-BXONE

BXONE

BXONE Wallet

電子ウォレット

XMの出金手数料は基本無料

XMの取引口座から資金を出金する際の手数料は、基本的にXMが全額負担してくれます。

そのため、いずれの出金を利用しても出金手数料は基本無料となります。

40万円未満の銀行送金には手数料がかかる

XMから銀行送金で出金する場合、出金額によって決済代行会社(受取銀行)への手数料が発生します。

出金額が40万円未満の場合、一律2,500円の手数料が発生し、ユーザー負担となります。

出金リクエストからの処理時間は1営業日以内

XMでは、いずれの出金方法を利用しても、出金リクエストを申請後、1営業日以内にXM側での出金処理は完了します。

ただし、着金までにかかる時間は出金方法によって異なります。

着金日数は出金方法で大きく変わる

各出金方法の出金処理後から着金までにかかる時間は、出金方法によって異なり、カードへの出金処理には最大2カ月かかります。

各出金方法の着金までにかかる時間
出金方法 出金処理時間 着金までの時間
銀行送金 1営業日以内 2~5営業日
VISAカード 1営業日以内 最大2ヶ月
bitwallet 1営業日以内 即時
STICPAY 1営業日以内 即時
BXONE 1営業日以内 即時

※クレジット/デビットカードへの出金(返金処理)にかかる時間はカード会社によって異なります。

各カードの着金までの時間の目安

各カード会社の着金日数は会社ごとにバラつきがあり、早くて数日、長くて2ヶ月ほど必要です。

デビットカードは、比較的早く返金処理されますが、クレジットカードの場合、締め日や支払日の関係もあるため返金に時間がかかるようです。

▼着金までのおおよその時間
出金処理
完了後
カード発行会社
3営業日後 ジャパンネット銀行のデビットカード/
スルガ銀行のデビットカード
4営業日後 りそな銀行のデビットカード
7営業日後 楽天銀行のデビットカード/
スルガ銀行VISAカード
約1ヶ月後 VISAクレジットカード系
約2ヶ月後 楽天VISAカード
POINT

デビットカード系は着金するまでの時間が比較的早い

最低出金額は500円

XMからの最低出金額は500円、銀行送金のみ1万円となります。

銀行送金の出金上限額は無し

一度に出金できる出金上限額は定められていませんが、銀行送金以外の出金方法における出金上限額は「入金額まで」となります。

そのため、利益分は銀行送金を利用して出金する必要があります。

▼各出金方法による最低出金額と出金上限額
出金方法 最低
出金額
出金
上限額
利益分の
出金
銀行送金 1万円 上限無し
VISAカード 500円 入金額まで 不可
bitwallet 500円 入金額まで 不可
STICPAY 500円 入金額まで 不可
BXONE 500円 入金額まで 不可
男性講師2

銀行送金で出金できる金額は定められていませんが、千万円単位の金額を一度に出金すると審査に時間がかかったりして着金まで不安になります。個人的には500万円以内ならスムーズに出金できる印象があります。


XMの知っておくべき7つの出金ルール

XMの取引口座から出金する前に知っておくべき7つの出金ルールを解説します。

XMの7つの出金ルール
  1. 入金方法と同じ方法で出金する
  2. 利益分を出金できるのは銀行送金のみ
  3. 出金方法には優先順位がある
  4. ポジションの証拠金維持率が低いと出金不可
  5. ボーナスクレジットのみの出金はできない
  6. 出金額と同じ割合のボーナスが消滅する
  7. 出金処理完了はメールを確認

入金方法と同じ方法で出金する

XMの取引口座から出金する場合、マネーロンダリング及びテロ資金供与を防ぐ一環として、入金した金額までは入金に利用した方法で出金させるという決まりがあります。

  • VISAカード
  • 電子ウォレット
  • 銀行送金
  • VISAカードで入金した場合、入金額までは同じVISAカードへ出金する必要があります。

    XMクレジットカード出金ルート

  • 電子ウォレットで入金した場合、入金額までは同じ電子ウォレットに出金する必要があります。

    XM-出金ルール2

  • 銀行送金で入金した場合、銀行送金で出金する必要があります。

    XM-出金ルール3

利益分を出金できるのは銀行送金のみ

XMから出金する際は、入金額までは入金で利用した方法と同一の方法で出金となりますが、トレードで得た利益分については、銀行送金でしか出金できません。

つまり、銀行送金以外で入金していた場合、まず入金と同一方法で入金額分を出金した後、銀行送金で利益分を出金する必要があります。

▼入金方法別の利益分の出金▼
  • VISAカード
  • 電子ウォレット
  • 銀行送金
  • 入金額までは同じVISAカードへ出金し、利益分は銀行送金での出金になります。

    カードでXMに入金した場合の出金の流れ

  • 入金額までは同じ電子ウォレットへ出金し、利益分は銀行送金での出金になります。

    電子ウォレットでXMに入金していた場合の出金の流れ

  • 銀行送金で入金した場合、入金額分と利益分をまとめて銀行送金で出金となります。

    銀行送金でXMに入金した場合の出金の流れ

出金方法には優先順位がある

複数の入金方法でXMに入金した場合、出金の優先順位に従って出金の手続きを行う必要があります。

優先順位は、①クレジット/デビットカード、②電子ウォレット(bitwallet・STICPAY・BXONE)、③銀行送金です。

XM出金優先順位

出金優先順位の具体例

複数の入金方法で入金した場合、出金優先順位に基づいてどのように出金手続きが行われるか具体例を挙げてみます。

【例1:銀行から1万円、VISAカードから3万円を入金した場合】
<利益をあげて5万円を出金する>
①VISAカードに3万円返金
②次に銀行送金で2万円出金される。

【例2:銀行から1万円、VISAカードから3万円、電子ウォレットで5万円を入金した場合】
<利益をあげて10万円を出金する>
①VISAカードに3万円返金
②次に電子ウォレットに5万円出金
③最後に銀行送金で2万円出金される。

入金した順番に関係なく、優先順位の高い出金方法から順番に処理されます。

出金方法の優先順位には例外がある

クレジット/デビットカードで入金した場合、出金方法の優先順位が例外となります。

カードへの返金(キャンセル)処理ができないため、以下の場合、銀行送金での出金となります。

出金の優先順位が例外となる例
  • JCBのクレジット/デビットカードで入金した場合
  • VISAカード入金して一定期間(3ヵ月)が過ぎた場合
  • 入金で利用したカードを解約した場合

ポジションの証拠金維持率が低いと出金不可

XMではポジション保有中でも出金することができますが、出金後の口座残高の証拠金維持率が一定水準を満たしていることが条件です。

必要な証拠金維持率は、平日と週末では異なります。

日本時間 必要な証拠金維持
平日(月08:00 ~ 土06:50) 150%
週末(土06:50 ~ 月08:00) 400%
注意点
  • XMが休業となるクリスマス/年末年始などは週末扱いとなり、証拠金維持が400%以下になる出金申請は受け付けられません。

ボーナスクレジットのみの出金はできない

XMでは、新規口座開設や入金時に受け取ることができるボーナスは「クレジット」として加算されます。

このクレジット(ボーナス)は、あくまでXMでトレードするための資金であり、出金することはできないので注意してください。

出金額と同じ割合のボーナスが消滅する

XMの取引口座から出金を行う際にボーナスが残っている場合、出金額と同じ割合のクレジット(ボーナス)が消滅してしまうので注意が必要です。

ボーナスが消滅する割合の計算式
消滅する割合=
出金額
口座残高
×100%
出金する際にボーナスが消滅する具体例

口座残高が50,000円、クレジット(ボーナス)が20,000円があると仮定します。

例1:10,000円を出金すると
残高に対する出金額は20%となり、クレジットの20%(4,000円)が消滅するので、残りのクレジットは16,000円

例2:25,000円を出金すると
残高に対する出金額は50%となり、クレジットの50%(10,000円)が消滅するので、残りのクレジットは10,000円

例3:50,000円全額を出金すると
残高に対する出金額は100%となり、クレジットの100%(20,000円)が消滅するので、残りのクレジットは0円

出金処理完了はメールで確認

出金リクエストが完了すると、即時取引口座から出金金額が引かれた状態で表示されていますが、その時点ではXM側の出金処理はまだ完了していない状態です。

XMから登録メールアドレスに『出金処理完了メール』が届いてはじめて出金完了となります。

▼出金処理完了メール▼

XM-出金処理完了メール


出金ルールに従った出金方法の選び方

ここからはXMの出金条件やルールに従った上で具体的にどうやって出金方法を選択すればよいかを紹介していきます。

どの出金方法を選択すべきかは、「利益を含めて出金を行う」か「利益を含めないで出金を行う」かで判断します。

XMから利益分を含めた出金を行う場合

トレードで得た利益を含んで出金する場合、どの方法で入金していたとしても銀行送金を選択すれば問題ありません。XM側で判断し適切な処理を行います。

利益を含めた出金の全パターン

銀行送金で出金を申請するとXM側で下記のような処理で出金が行われます。

VISAカードで入金した場合
  1. 入金額までは同カードへ返金
  2. 入金額以上は銀行送金で出金
JCBカードで入金した場合
  1. 全額、銀行送金で出金
bitwalletで入金した場合
  1. 入金額まではbitwalletへの出金
  2. 入金額以上は銀行送金で出金
STICPAYで入金した場合
  1. 入金額まではSTICPAYへ出金
  2. 入金額以上は銀行送金で出金
BXONEで入金した場合
  1. 入金額まではBXONEへ出金
  2. 入金額以上は銀行送金で出金
国内銀行送金で入金した場合
  1. 全額、銀行送金で出金
オンライン決済で入金した場合
  1. 全額、銀行送金で出金
コンビニ支払いで入金した場合
  1. 全額、銀行送金で出金

入金額より少ない額の出金を行う場合

XMから利益を含めない入金額未満の出金を行う場合は、「どのような方法で入金したか」で判断します。

銀行送金で入金した場合

この場合は、入金方法と同様に銀行送金で出金しましょう。

入金額分と利益分を個別に分けて申請する必要はなく、全額まとめて銀行送金で出金リクエストを送るだけで大丈夫です。

オンライン決済・コンビニ払いで入金した場合

「オンライン決済」と「コンビニ払い」で入金した場合は、入出金ルートを統一することができないため、銀行送金で出金しましょう。

クレジット(デビット)カードで入金した場合

この場合、入金額までは入金方法と同様にクレジット(デビット)カードへ出金することになります。

ただし、何点か例外的に銀行送金で出金するケースがあります。

カード入金から一定期間が過ぎた場合

カードへの出金は、ショッピング枠の返金という形で行われます。

各カード会社には返金期限(目安は3ヵ月)が定められており、この期限を過ぎるとカードへの返金が行えなくなります。

XMへカード入金してから長い時間が経ち、返金期限が切れてしまった場合は、銀行送金で出金することになります。

入金に利用したカードを解約・停止した場合

入金に利用したカードを解約・停止した場合、カードへの返金が行えないため、原則銀行送金での出金となります。

しかし特殊なケースでは異なる対応を取られる場合もあるので、出金申請をする前にまずXMのサポートへ相談することをお勧めします。

JCBカードで入金した場合

XMでは、JCBカードへの出金(返金)は受け付けていません。

JCBカードで入金した場合は、銀行送金で出金することになります。

電子ウォレットで入金した場合

XMで現在扱いがある電子ウォレットは「bitwallet」、「STICPAY」、「BXONE」の3種類です。

これらも、入金額まで入金方法と同一の電子ウォレットへ出金することになります。

bitwalletからXMへ入金し、STICPAYへ出金する、というようなことはできません。

詳細手順:bitwalletSTICPAYBXONE

どんな方法でいくら入金したか忘れた場合の対処法

XMにどんな方法でいくら入金したか忘れてしまったら、以下の3つの方法で対処しましょう。

対処法
  • マイページの入金履歴で確認する
  • XMサポートに問い合わせる
  • 銀行送金を選択して出金申請を行う←おすすめ

マイページの入金履歴で確認する方法

XM会員ページにログイン後、マイアカウント概要の「オプションを選択する」→「入金履歴」を選択すると、口座履歴が表示されます。

任意の期間を選択し、開始日と終了日をカレンダーから指定して「参照する」を選択すると、いつどんな方法でいくら入金したか確認できます。

XMの入金履歴の詳細について

入金履歴のコメント欄には、下記のように英語で表示されています。

  • SC-CC → VISAカード
  • MYB-WLT → bitwallet
  • STP-WLT → STICPAY
  • BXO-WLT → BXONE

※上記以外は銀行送金で出金となります。

XMサポートに問い合わせる

入金履歴を確認してもよくわからない場合は、XMサポートに「○○円出金したいが、どの方法で出金するのが適切なのか?」と問い合わせて確認する方法です。

サポート種類 対応時間
日本語ライブチャット 平日9時~21時
メール 平日24時間

銀行送金を選択して出金申請を行う

「サポートに問い合わせるのが面倒だ」という場合は、銀行送金を選択して出金申請をしましょう。

銀行送金でXMに出金申請をすれば、XM側が適切に出金(返金)先を割り振り、出金処理が行われるので、出金の優先順や入金額などを気にしなくても正しい方法で出金が行えます。

XMの出金処理の具体例

5万円をbitwalletで、4万円をカードで入金していたと仮定します。

その後、利益が出て20万円を銀行送金で出金した場合、下記のようにXM側で出金処理が行われます。

  1. XM側で出金の優先順位に基づき、カードに4万円の返金処理が行われる
  2. 続いてbitwalletに5万円の出金処理が行われる
  3. 最後に残りの11万円が銀行送金にて出金処理されます

出金処理完了後、XMから出金先と内訳が記載されている出金処理完了メールが届きます。



XMから銀行送金による出金

XM-出金-銀行送金

トレードで得た利益は銀行送金でのみ出金可。

XMにどの方法で入金していても、利益分の出金を行うのであれば、銀行送金は必ず利用しなくてはならない出金方法となっています。

銀行送金の出金手数料、最低出金額、着金までの時間

銀行送金による出金手数料は、出金額が40万円以上の場合は無料ですが、40万円未満の場合は一律2,500円の手数料が発生します。

最低出金額は1万円で、XMから出金処理完了メール受信後、2~5営業日以内に指定した銀行に着金します。

銀行送金による出金
手数料(出金額40万円以上) 無料
手数料(出金額40万円未満) 2,500円
最低出金額 10,000円
着金までの時間 2~5営業日

銀行送金による出金のメリット・デメリット

銀行送金による出金のメリット

銀行送金による出金の最大のメリットは、利益分の出金が可能ということです。そして、銀行送金でXMに入金していた場合、入金額分と利益分をまとめて銀行送金で出金できるのも魅力です。

また、XMに登録した名義と同一名義なら、入金に利用した銀行とは異なる銀行口座への出金も可能です。

そして何より、指定の銀行口座に直接出金できるので、ほかの出金方法より安心感や信頼感が強い出金方法だと言えます。

メリット
  • トレードで得た利益分が出金可能
  • 同一名義であれば、入金に利用した銀行とは異なる銀行にも出金可能
  • 指定した銀行に数日で確実に着金する

銀行送金による出金のデメリット

出金額が40万円未満の場合、一律2,500円と他の出金方法に比べて手数料が高いです。

出金申請の際は、銀行の住所を英語で書く必要があったり、銀行のSWIFTコードを調べて入力する必要があったりと、他の出金方法に比べ、入力内容が少し複雑です。

また、「XMに入金はできても出金に利用できない銀行がある」点には注意が必要です。

デメリット
  • 最低出金額が1万円
  • 出金額が40万円に満たない場合は手数料2,500円が発生する
  • 出金申請時の記入事項が多くて少し手間がかかる
  • すべての国内銀行に出金できるわけではない

出金先に利用できる銀行

SWIFTコードのある銀行なら出金可能

XMから銀行送金で出金する際、出金先の銀行口座にはSWIFTコードのある銀行を指定する必要があります。

そのため、SWIFTコードを持たない銀行は、XMでは出金先銀行として利用できません。

地方銀行やネット銀行への出金も可能

SWIFTコードを持つ銀行であれば、都市銀行はもちろん地方銀行や信用金庫、ネット銀行への出金可能です。

以下にXMから出金先として利用できる銀行の一例を記載したので参考にしてください。

XMから出金先として利用できる主要銀行
銀行名 銀行名英文表記 SWIFT
コード
沖縄銀行 BANK OF OKINAWA BOKIJPJZ
北海道銀行 HOKKAIDO BANK HKDBJPJT
みずほ銀行 MIZUHO BANK MHCBJPJT
三菱UFJ MUFG BANK,LTD BOTKJPJT
北洋銀行 NORTH PACIFIC BANK NORPJPJP
楽天銀行 RAKUTEN BANK RAKTJPJT
りそな銀行 RESONA BANK DIWAJPJT
埼玉りそな銀行 SAITAMA RESONA BANK SAIBJPJT
住信SBIネット銀行 SBI SUMISHIN NET BANK NTSSJPJT
ソニー銀行 SONY BANK SNYBJPJT
三井住友銀行 SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION SMBCJPJT
福岡銀行 THE BANK OF FUKUOKA FKBKJPJT
横浜銀行 THE BANK OF YOKOHAMA HAMAJPJT
西日本シティ銀行 THE NISHI-NIPPON CITY BANK NISIJPJT
auじぶん銀行 au Jibun Bank Corporation JICRJPJT
新生銀行 Shinsei Bank, Limited LTCBJPJT

※みずほ銀行のインタネット支店は出金不可

参考

上記以外の銀行でもSWIFTコードを持つ銀行ならXMから出金可能です。
日本の金融機関のSWIFTコード一覧

XMからの出金に利用できない銀行

以下の銀行は、XMからの出金先銀行として利用できない銀行です。

出金先として利用できない銀行
  • ゆうちょ銀行
  • PayPay銀行(ジャパンネット銀行)
  • セブン銀行

銀行送金でXMから出金する具体的な手順

XMに銀行送金での出金リクエストを送る際は、口座名義人、銀行の名称、住所、支店名、SWIFTコードなどの情報を英語で正確に入力しなくてはなりません。

銀行送金の入力項目は多くて複雑なので、以下の記事で具体的な出金手順を画像付きで解説しているので、ぜひ参考にしてください。


XMからクレジット/デビットカードによる出金

XM-出金-クレジット/デビットカード

入金額までは入金に利用した同一カードへ出金(返金)。

XMからの出金にクレジット/デビットカードを利用できるのは、VISAカードでXMに入金していた場合に限定されます。

JCBカードで入金していたり、入金に利用したカードへ返金できない場合は、銀行送金での出金となるのでご注意ください。

クレジット/デビットカードの出金手数料、最低出金額、着金日数

XMからクレジット/デビットカードへの出金は、最低出金額500円、手数料は無料です。

着金までの時間は、カード利用分の支払い締め日など、カード会社によって異なり、早くて数日、長くて2ヶ月ほど開きがあります。

クレジット/デビットカードへの出金
手数料 無料
最低出金額 500円
出金上限額 入金金額まで
着金までの時間 カード会社によって異なる

各カードの着金までの時間の目安

各カードの着金までの時間の目安は、以下のとおりです。

▼着金までのおおよその時間
着金までの時間 カード発行会社
3営業日後 ジャパンネット銀行のデビットカード/
スルガ銀行のデビットカード
4営業日後 りそな銀行のデビットカード
7営業日後 楽天銀行のデビットカード/
スルガ銀行VISAカード
約1ヶ月後 VISAクレジットカード系
約2ヶ月後 楽天VISAカード

クレジット/デビットカードによる出金のメリット・デメリット

クレジット/デビットカードによる出金のメリット

クレジット/デビットカードによる出金のメリットは、最低出金額は500円、手数料無料なので、少額でも気軽に出金ができます。

また、XMへの出金申請の際に、カード情報や銀行情報などを入力する必要がないため、非常に簡単に出金リクエストを送ることができるのも魅力の一つと言えます。

メリット
  • 出金手数料が無料
  • 500円から出金可能
  • 出金リクエストが非常に簡単

クレジット/デビットカードによる出金のデメリット

カードへの返金処理(キャンセル)に時間がかかるため、他の出金方法と比べ着金までの時間が遅くなります。

また、カード入金してから一定期間(3ヵ月)が過ぎるとカードへの返金手続きができなくなるため、銀行送金で出金する必要があります。

出金する際に、カード入金からどれくらい時間が経ったか?返金期限を過ぎていないか?などを気にしなくてはならないのは、余分なストレスになります。

デメリット
  • 利益分の出金ができない(銀行送金のみ可能)
  • 着金までにかかる時間が他の出金方法より遅い
  • カードの返金期限を気にしなくてはいけない

入金時に利用したカードへ出金できない場合

入金時に利用したクレジット/デビットカードへ出金しようとした際、以下のように「決済が拒否されました」という表示された場合、銀行送金を選択して出金してください。

これは出金が拒否されたのではなく、カード入金してから一定期間が経過し、カードへの返金処理ができなくなっているためです。

XM-クレジット/デビットカード出金-出金拒否

対処法

銀行送金を選択して出金しましょう。

クレジット/デビットカードへ出金する具体的な手順

出金が可能なクレジットカード/デビットカードは、VISAカードのみとなり、JCBカードへの出金はできないので、銀行送金を選択してください。

XMに出金リクエストを送る際は、入金時に利用したカードと同一のカードになるため、カード情報などを再入力する必要はありません。

以下の記事では、XMからカードで出金する際の具体的な出金手順を画像付きで解説しているので、参考にしてください。


XMからbitwallet(ビットウォレット)への出金

XM-出金-bitwallet(ビットウォレット)

bitwalletで入金した金額まではbitwalletへ出金

XMからの出金にbitwalletを利用できるのは、XMへの入金にbitwalletを用いていた場合に限定されます。

bitwalletの出金手数料、最低出金額、着金までの時間

XMからbitwalle(ビットウォレット)への出金は、最低出金額500円、手数料は無料です。

着金までの時間は、出金リクエストを提出してから1営業日以内にXM側での出金処理は完了し、即時にbitwallet口座へ資金が反映されます。

bitwalleへの出金
手数料 無料
最低出金額 500円
出金上限額 入金金額まで
着金までの時間 即時

bitwalletから国内銀行に出金する場合は、別途手数料が発生します。

bitwalletによる出金のメリット・デメリット

bitwalletによる出金のメリット

電子ウォレットへの出金に共通して言えることですが、bitwallet口座への着金日数はとても早く、XMから「出金完了メール」が届くと同時にbitwalletへ着金します。

また、XMから直接銀行送金で出金する場合、出金額によって手数料が発生したり、出金先に指定できない国内銀行もあります。

しかし、bitwalletを経由すると、手数料が割安な上に、全ての国内銀行に出金が可能というメリットもあります。

メリット
  • XMの出金処理完了後、bitwallet口座への着金まで時間が速い
  • bitwalletから国内銀行への出金手数料は777円
  • bitwalletからは日本国内の全ての銀行へ出金可

bitwalletによる出金のデメリット

bitwalletへの出金は、トレードで得た利益分をbitwalletへ出金できないため、銀行送金で出金する必要があります。

また、bitwalletの出金に対応しているXMの基本通貨は円(JPY)口座のみです。

過去にbitwalletで入金しているのに、出金一覧に表示されないという方は、XMの取引口座の基本通貨が円(JPY)以外である可能性が高いです。

デメリット
  • 利益分の出金ができない
  • bitwalletへ出金に対応している基本通貨は円(JPY)口座のみ

bitwalleでXMから出金する具体的な手順

bitwalletによる出金は、「XMからbitwalletへの出金」と「bitwalletから国内銀行口座への出金」の2ステップに分かれています。

以下の記事では、それぞれの出金方法を画像付きで解説していますので、参考にしてください。


XMからSTICPAY(スティックペイ)への出金

XM-出金-STICPAY(スティックペイ)

STICPAYで入金した金額まではSTICPAYへ出金

XMからの出金にSTICPAYを利用できるのは、STICPAYでXMに入金していた場合に限定されます。

STICPAYの出金手数料、最低出金額、着金までの時間

XMからSTICPAY(スティックペイ)への出金は、最低出金額500円、手数料は無料です。

着金までの時間は、出金リクエストを提出してから1営業日以内にXM側での出金処理は完了し、即時にスティックペイ口座へ資金が反映されます。

STICPAYによる出金
手数料 無料
最低出金額 500円
出金上限額 入金金額まで
着金までの時間 即時

STICPAYから国内銀行へ出金する場合は、別途手数料が発生します。

STICPAYによる出金のメリット・デメリット

STICPAYによる出金のメリット

電子ウォレットへの出金に共通して言えることですが、STICPAY口座への着金日数はとても早く、XMから「出金完了メール」が届くと同時にSTICPAYへ着金します。

現在XMから出金可能な電子ウォレットの中で、STICPAYは唯一、円建て口座以外にもドル口座やユーロ口座にも対応しています。

また、STICPAYでは、XMから出金した資金(法定通貨)を仮想通貨に換金することも可能です。

ちなみに、STICPAY独自のプリペイドカードを持っていれば、XMから出金した資金を銀行を経由することなく直接ATMから引き出すことも可能。

メリット
  • XMの出金処理完了後、STICPAY口座への着金まで時間が速い
  • XMの基本通貨、円・ドル・ユーロ建て口座に対応
  • STICPAYからは日本国内の全ての銀行へ出金可

STICPAYによる出金のデメリット

STICPAYへの出金は、トレードで得た利益分をSTICPAYへ出金できないため、銀行送金で出金する必要があります。

XMからSTICPAYへの出金手数料は無料なのですが、STICPAYから更に出金する際に手数料が発生します。

そこでかかる出金手数料が他の電子ウォレットと比べ割高なので注意してください。

デメリット
  • 利益分の出金ができない
  • STICPAYから出金手数料が高い

STICPAYでXMから出金する具体的な手順

XMからSTICPAYへ出金手続きは、出金額を入力するだけと非常にシンプルです。

以下の記事では、XMからSTICPAYへ出金する際の具体的な手順を画像付きで解説しているので、参考にしてください。


XMからBXONE(ビーエックスワン)への出金

XM-出金-BXONE(ビーエックスワン)

BXONEで入金した金額まではBXONEへ出金

XMからの出金にBXONEを利用できるのは、BXONEでXMに入金していた場合に限定されます。

BXONEの出金手数料、最低出金額、着金までの時間

XMからBXONE(ビーエックスワン)への出金は、最低出金額500円、手数料は無料です。

着金までの時間は、出金リクエストを提出してから1営業日以内にXM側での出金処理は完了し、即時にBXONE口座へ資金が反映されます。

BXONEによる出金
手数料 無料
最低出金額 500円
出金上限額 入金金額まで
着金までの時間 即時

BXONEから出金する際は、別途手数料が発生します。

BXONEによる出金のメリット・デメリット

BXONEによる出金のメリット

電子ウォレットへの出金に共通して言えることですが、BXONE口座への着金日数はとても早く、XMから「出金完了メール」が届くと同時にBXONEへ着金します。

BXONEではSTICPAY同様に、XMから出金した資金(法定通貨)を仮想通貨に換金することが可能です。

また、BXONE独自のプリペイドカードを持っていれば、XMから出金した資金を銀行を経由することなく直接ATMから引き出すことも可能になります。

BXONEから日本国内の銀行に出金する場合、手数料は一律500円と他の電子ウォレットと比べ一番安い

メリット
  • XMの出金処理完了後、BXONE口座への着金まで時間が速い
  • BXONEからは日本国内の全ての銀行へ出金可
  • BXONEからの出金手数料は一律500円と安い

BXONEによる出金のデメリット

BXONEへの出金は、トレードで得た利益分をBXONEへ出金できないため、銀行送金で出金する必要があります。

また、BXONEの出金に対応しているXMの基本通貨は円(JPY)口座のみです。

BXONEから国内送金で出金した場合、指定した銀行へ着金するまで4~7営業日ほど時間が必要です。

デメリット
  • 利益分の出金ができない
  • BXONEへ出金に対応している基本通貨は円(JPY)口座のみ
  • BXONEから国内送金で出金する際、着金までの時間が遅い

BXONEでXMから出金する具体的な手順

XMからBXONEへの出金手続きは、BXONEの口座IDと出金額を入力するだけと非常に簡単です。

以下の記事では、XMからSBXONEへ出金する際の具体的な手順を画像付きで解説しているので、参考にしてください。


XMで出金拒否・出金できない・出金トラブルについて

XMの出金トラブルについて調べていると、少なからず「出金トラブルにあった」という声も見られました。

でも実際は、正しい出金方法を理解していないために出金ができてなかったり、ユーザーの勘違いや契約違反によるものがほとんどでした。

XMで出金できない時に考えられる原因

「XMから出金拒否された!」と勘違いしてしまう前に、以下の項目をチェックしてみましょう。

チェック項目
  • XMの禁止取引や規約違反をしている
  • 出金する銀行口座の情報に誤りがある
  • 出金できない銀行を受取り口座に指定している
  • XMの登録名義と出金先の名義が異なっている

これらに該当していると、XMからの出金は行えません。

その他にも以下の記事では、出金できない場合にありがちなミスや、取引禁止事項などを解説しているので参考にしてください。

どうしても解決しない場合

いつまで経ってもXMから出金完了メールが来なかったり、資金がなかなか指定先に着金しない場合は、XMのサポートに問い合わせるようにしましょう。

XMの出金に関するよくある質問(FAQ)

XMの出金履歴はどこで確認できますか?

XMの出金履歴はどこで確認できますか?
XMの出金履歴は、XMの会員ページにログイン後「アクションのオプションを選択する → 出金履歴」で確認することが出来ます。

XMの出金履歴の「保留中」とは何ですか?

XMの出金履歴の「保留中」とは何ですか?
XMに出金申請すると、すぐに口座の残高から出金額が差し引かれますが、実際にはまだ送金されていません。XM側の出金処理は1営業日以内に完了しますが、それまでの間は出金履歴に「保留中」と表示されます。
POINT

XMの出金処理が完了し、実際に送金が行われると、出金履歴には「承認されました」と表示され、出金完了メールが送られてきます。

XMでは出金のキャンセル(取り消し)はどうすればいいですか?

XMでは出金のキャンセル(取り消し)はどうすればいいですか?
出金のキャンセルをする場合は、XMの会員ページにログイン後「アクションのオプションを選択する → 出金履歴」を選択して「キャンセル」で出金申請のキャンセルができます。
POINT

出金のキャンセルができるのは、出金履歴の状態が「保留中」の場合のみです。出金申請はXM側で処理されるとキャンセルできなくなってしまいます。

複数の入金方法を利用した場合、出金方法は?

複数の入金方法を利用した場合、出金方法は何を利用すればいいですか?
XMの出金の優先順位に従って出金してください。優先順位は①クレジット/デビットカード、②電子ウォレット、③銀行送金となります。

週末にXMに出金依頼をした場合はどうなりますか?

週末にXMに出金依頼をした場合はどうなりますか?
XM側で出金処理がされるのは、平日の24時間で土日祝は休みです。金曜日に出金申請しても、XMの手続きが間に合わない場合、その処理は翌週の月曜日に回されます。

XMからの出金にマイナンバーは必要ですか?

XMからの出金にマイナンバーは必要ですか?
出金に関わらず、XMへのマイナンバーの登録は、「今のところ」必要ありません。XMの会員ページにログインした時などにマイナンバー提出を求められても、「いいえ」と選択しておいて構いません。
POINT

XMから国内の銀行へ送金した場合、着金時に国内の銀行からマイナンバー提出が求められる場合もあります。

他人名義・家族名義への出金は可能ですか?

他人名義・家族名義への出金は可能ですか?
いいえ、他人名義・家族名義への出金はできません。XMに登録してある情報と同一名義のみ出金可能となっています。結婚などで姓や住所等が変わった場合、XMサポートに連絡しましょう。

XMの出金の概要を動画にまとめているのでご活用ください。


XM新口座 KIWAMI 極をリリース

XM新口座 KIWAMI 極口座をリリース