XMダウアイキャッチ

XMのNYダウには、現物のUS30Cashと先物のUS30があり、現物と先物の違いから取引条件にも違いが生まれます

XMでのダウ(US30)取引について知りたい方に向けて、XMと国内証券を比較しつつ取引時間必要証拠金額はもちろん、現物と先物の違い配当金の仕組みまで掲載しています。

XM公式HP

XMのUS30とは?国内証券との違い

ダウ平均株価指数(US30)とは、アメリカ経済を代表する30企業で構成される株価指数です。

XMと国内証券で扱っているNYダウ(US30)は、同じダウ平均株価指数に連動するCFD商品ですが、取引条件が違います

取引条件の違いにより、XMでダウを取引するメリットとデメリットが生じます。

メリット
  • レバレッジ500倍で取引できる
  • 証拠金を抑えられる
  • ゼロカットシステムで追証がない
  • MT4/MT5で取引できる
デメリット
  • US30Cash(現物)にはマイナススワップが発生する
  • US30(先物)には3か月ごとの決済期限がある
XMと国内証券のNYダウの違い

XMの方が最大レバレッジが高く、証拠金を抑えられる

xmダウレバレッジ

XMでのNYダウ(US30)取引では、必要証拠金(担保金)の何倍もの金額を取引できる「レバレッジ取引」という仕組みを利用できます。

国内証券では10倍ですが、XMでは500倍レバレッジでダウを取引可能です。

最大レバレッジが高いほど取引での証拠金維持率を高く保て、ロスカットされにくくなります

▼最大レバレッジの比較と証拠金目安
最大
レバレッジ
最小Lot※証拠金目安
(0.1Lot)
XM500倍0.1Lot810円
国内証券10倍0.1Lot40,050円
※ダウ平均価格3万ドル、1ドル=135円で計算

XMは追証がないので借金にならない

xmダウ追証

国内証券では、口座残高がマイナスになったとき、追証を払う必要がありますが、XMでは、マイナス分をXMが負担する「ゼロカット制度」を採用しています。

ゼロカット制度により追証が発生せず、借金を負うことはありません


MT4/MT5を使って取引できる

xmダウmt4mt5

XMのNYダウ(US30)はMT4/MT5という取引ツールを使って取引できます。

国内でMT4/MT5に対応している証券会社は多くありませんが、XMではパソコン・スマホ・タブレット等どんなデバイスでもMT4/MT5を利用してNYダウ(US30)を取引できます

MT4/MT5を使えば、チャートや時間足を自由にカスタマイズできたり、分析に便利な各種インジケーターを導入して取引できます。


US30Cash(ダウ現物)はマイナススワップが発生する

xmダウマイナススワップ

XMのダウ現物(US30Cash)を保有していると売り買いともに、マイナススワップという保有コストが発生するので、長期間の保有に向きません。

中長期での取引をしたい場合は、スワップがつかないダウ先物がおすすめです。


US30(ダウ先物)は3カ月ごとに決済期限がある

xmダウ先物限月

XMのダウ先物(US30)は3か月ごとに売り出される商品なので、必ず3か月毎に限月(保有期限)が満了します。

ダウ先物は限月を迎えると、自動で決済されますが、期限前に自分で決済することも可能です。

男性講師2

XMのダウは500倍レバで証拠金を抑えられますが、現物のスワップや先物の限月には要注意です。

XM(XMTrading)公式サイトへ


XMのダウの取引条件 | 取引時間/証拠金/1ロット価格

XMのダウ(US30)を取引するための取引時間や取引条件について解説します。

XMのダウの取引条件
基本スペック
商品の種類先物と現物の2種類
取引時間07:05~翌05:15(夏時間)
08:05~翌06:15(冬時間)
最大レバレッジ500倍
最小ロット0.1
最大ロット12,500
必要証拠金率0.2%
平均スプレッド先物5.1pip/現物2.8pip

ダウにはUS30(先物)US30Cash(現物)の2種類がある

XMのダウ(US30)は株価指数CFD商品で、US30(ダウ先物)とUS30Cash(ダウ現物)の2種類あります。

US30とUS30Cashは違う商品なので、限月(決済期限)の有無や、配当金の有無など、取引条件が異なります。

US30-MMMYY(ダウ先物)とは

US30-MMYYとは、ダウ平均株価指数先物のシンボルで、ダウ平均株価が今後上がるか下がるかを予測して取引するCFD商品の呼称です。

先物は、限月と呼ばれる決済期限が設定されており、限月を迎えると売買価格差の損益分だけが受渡しされます

限月はUS30-MMMYYの「MMMYYY」の部分で、MMMが決済月、YYが決済年を表します。
(限月に関しては以下で詳しく解説しています。)

XMダウ先物

US30(ダウ先物)の特徴
  • 限月(決済期限)がある
  • スプレッドが現物より広い

US30Cash(ダウ現物)とは

US30Cashとはダウ平均株価指数現物を表すシンボルで、NYダウを現在の価格で売買するCFD商品です。

現物と付きますが、CFD商品なので、実際にお金と商品を交換するわけではなく、「注文した金額-決済した金額(損失or利益)」だけを受け渡します。

XMダウ現物

US30Cashの特徴
  • 配当金が発生する
  • スワップポイントが付く
  • スプレッドが先物より狭い
男性講師2

XMでダウを取引するなら、先物と現物の違いを把握し混同しないようにしましょう。


ダウ(US30)の取引時間(日本時間)

XMのダウ(US30)の取引時間は午前7:05~翌5:15(夏時間)、午前8:05~翌6:15(冬時間)で、ダウ先物と現物に取引時間の違いはありません。

平日はほぼ24時間取引できますが、毎日早朝に2回メンテナンス時間があります。

また、金曜日(土曜日早朝)は閉場時間が早いこと、年末年始や祝日は取引時間が違うことに注意してください。

XMダウの取引時間
月曜日~木曜日金曜日
夏時間07:05~翌05:1507:05~翌05:10
冬時間08:05~翌06:1508:05~翌06:10
注意点
  • 取引時間の変更がある場合は、XMの「お知らせ」ページでチェックできます。
  • メンテナンスは夏時間の場合、翌05:15~翌05:30、翌05:55~翌07:05、冬時間の場合、翌06:15~翌06:30、翌06:55~翌08:05です。

XMのダウ(US30)の最大レバレッジは500倍

xmダウ必要証拠金率0.2%はレバレッジ500倍
XMダウ必要証拠金率0.2%=レバレッジ500倍mb

国内証券でダウ(US30)を取引する場合の最大レバレッジは高くても10倍ですが、XMのダウ取引における最大レバレッジは500倍です
(最大レバレッジ500倍=必要証拠金率0.2%)

XMの場合、500倍レバレッジにより国内証券より少ない証拠金で取引できます

また、最大レバレッジが高いと、証拠金維持率を高く保てるので、ロスカット(損切り)されにくくなります。

男性講師2

XMでは、ダウだけでなく、日経225やナスダック等もレバレッジ500倍で取引できます。

有効証拠金が増えると最大レバレッジが制限される

XMダウの最大レバレッジは500倍ですが、有効証拠金の合計額が増えると、レバレッジ制限がかかります。

証拠金による最大レバレッジ規制は、銘柄や口座タイプに関係なく適用され、以下の通りです。

有効証拠金によるレバレッジ規制
有効証拠金最大レバレッジ
$40,000以下※1,000倍
$40,001~$80,000500倍
$80,001~$200,000200倍
$200,001以上100倍
※レバレッジ1,000倍は通貨ペアと一部CFDのみ
男性講師2

ダウ取引では、有効証拠金が4万ドルを超える場合、最大レバレッジが制限されます。


ダウ(US30)の最大&最小ロット

XMのダウ取引における最大ロットは12,500ロットで、最小ロットは0.1ロットです。

ただし、先物と現物のどちらを取引するのか、MT4とMT5のどちらで取引するのかで最大ロットと最小ロットは異なります。

▼ダウの最大&最小Lot数
MT4MT5
先物最小Lot10.1
最大Lot12,500160
現物最小Lot0.1
最大Lot12,500150
男性講師2

ダウ先物を取引する場合、MT4よりMT5の方が、より細かく取引できますね。


ダウ(US30)1ロットの価格はいくらか

xmダウ1ロットの価格

XMのダウ(US30)は、1ロットあたり1単位なので、1ロットの値段は現在のダウ平均株価と同じです。

例えば、ダウ平均株価が3万ドルの場合、XMのダウの1ロット価格も3万ドルになります。

男性講師2

1ロットの価格を日本円に換算する場合は、ダウ平均株価にドル円レートをかけるだけです。


XMのダウ(US30)の必要証拠金

XMのダウ(US30)の最大レバレッジは500倍ですが、実際の証拠金はいくらになるのか、証拠金の確認方法や計算方法を解説します。

ダウ(US30)の必要証拠金の確認方法

XMのダウ(US30)の必要証拠金はMT4/MT5の取引画面で確認できます。

ただし、表示されているのは保有している全ポジションの合計の必要証拠金です。

XMダウ必要証拠金

XMのダウ(US30)の必要証拠金はMT4/MT5アプリの取引タブ画面で確認できます。

ただし、表示されているのは保有している全ポジションの合計の必要証拠金です。

xmダウ必要証拠金モバイル

ダウ(US30)の必要証拠金の計算方法

XMのダウ(US30)は現物も先物も証拠金率が0.2%に設定されています。
(証拠金率0.2%=レバレッジ500倍)

XMダウ平均の証拠金計算式

ダウ平均株価×ロット数÷500=必要証拠金
(500=レバレッジ)

ダウ平均の証拠金計算例


ダウ平均株価が3万ドルで1ロット保有しているときの必要証拠金

30,000×1÷500(レバレッジ)=60ドル

現在のドル円のレートで円換算します。

60×140=8,400円

XMのダウの必要証拠金を計算する

以下の計算機でレバレッジを選択し、ロット数を入力すると、ダウの必要証拠金目安を現在レートで計算できます(レートはXMのMT4から取得)





ダウ(US30)の取引にかかるスプレッド(手数料)

XMのダウ(US30)取引にはスプレッドがかかり、このスプレッドが実質の取引手数料です。

ダウ先物とダウ現物でスプレッドが異なり、現物の方がスプレッドが狭くなっています。

なお、XMのダウのスプレッドは原則固定となっているので、基本的には変動しません。

ダウの平均スプレッドはいくらか

XMのダウ(US30)の平均スプレッドはダウ先物が5.1ドル(51pips)で、ダウ現物が2.8ドル(28pips)です。

ただし、MT4/MT5上のスプレッドはpoint表示なので、ダウ先物は510、ダウ現物は280のように3桁で表示されています。

男性講師2

XMのダウ先物と現物を比べると、現物の方がスプレッドが狭いので、スキャルピングやデイトレードに向いています。

MT4/MT5でダウのスプレッドを確認する方法

スプレッドはMT4/MT5の気配値で確認できます。

MT4/MT5で表示されているダウのスプレッドは、point表示ですので、pipsに換算するには、数値を10分の1にしてください。

xmダウMT4MT5スプレッド

xmダウスプレッドモバイル

XMTradingアプリでダウのスプレッドを確認する方法

XMTradingアプリでも、ダウ(US30)のスプレッドを確認できます。

まだ、アプリを持っていない方は、XM公式サイトからダウンロードできます。

手順 1
US30Cashをタップ

XMTradingアプリの気配値タブでダウをタップします。

xmダウXMTradingアプリでダウのスプレッドを確認1

手順 2
ダウのスプレッドが表示される

画面上部の売値と買値の間の数値がスプレッドです。

※スプレッドはpoint表示です

xmダウXMTradingアプリでダウのスプレッドを確認2

現物にはスワップポイントがある

XMのダウ現物には売り買いともにスワップポイントがつき、買いがマイナス、売りがプラスです

現物を保有しつづければ、買いの場合、毎日スワップポイントが含み損として積み重なり、決済時に損失として利益から引かれます。一方、売りの場合は、スワップポイントを利益として受け取ることができます。

US30のスワップポイント(1Lot)
ポイント表示日本円表示
スワップのデータはXMのMT4から取得

スワップポイントの確認方法

スワップポイントはXMの公式サイトから確認できます。

スワップの確認 1
株式指数をタップ

公式サイトで少し下にスクロールし株式指数をタップします。

xmダウ公式サイト株式指数タップモバイル

スワップの確認 2
US30Cashをタップ

「現物指数CFD」のUS30Cashをタップするとスワップポイントが表示されます。

xmダウUS30Cashスワップモバイル

スワップの確認 1
XM公式サイトで株式指数をクリック

XMの公式サイトで少し下にスクロールし株式指数をクリックします。

xmダウ公式サイト株式指数

スワップの確認 2
現物指数CFDの表にスワップが表示される

少し下にスクロールし、「現物指数CFD」の表の中のUS30Cashの行で確認できます。

XMのUS30スワップポイント

スワップはいくら引かれる?

現物を保有し続けていれば、スワップ価値に保有ロット数をかけ、少数点以下を四捨五入した金額が毎日コストとして積み重なっていきます。

積み重なったスワップは、ポジションの決済時に引かれます。

ダウ(US30)の現物保有でスワップが発生した例

下の画像は、実際に11日間、現物と先物を1ロットづつ売りで保有した様子です。

11日間の保有で現物には-1,315円のスワップポイントが発生しています。

US30スワップポイント

男性講師2

長期間ポジションを保有したい場合は、ダウ先物をトレードするのがオススメですが、決済期限には気を付けてください。

スワップの徴収は早朝に行われる

XMの現物につくスワップポイントの徴収は早朝のメンテナンス時間に行われます。

メンテナンス時間は日本時間のAM7:00(サマータイム時はAM6:00)からです。

また、金曜日(土曜日の早朝)には土曜日と日曜日の分も合わせて3日分のスワップが徴収されます。

男性講師2

スワップを引かれたくない場合は、メンテナンス時間前にポジションを決済しましょう。


XMのダウ(US30)先物の限月とは

XMのダウ(US30)の先物の限月とは、先物の保有期限のことです。

ダウ先物は3か月ごとに発売される商品なので、限月も3か月ごとになります。

例えば、ダウ先物の表記が「US30-MAR20」の場合、MARは3月を、20は2020年を表し、この先物は2020年3月に満期を迎え、自動で決済されます。

ただし、限月前に自ら決済することも可能です。

XMus30決済期限の見方

男性講師2

ダウ先物を保有する場合、いつ決済期限を迎えるかしっかりと把握しておきましょう。

限月は3の倍数月で満期日は第3金曜日

XMのダウ(US30)先物は3か月ごとに売り出される商品なので、決済も3か月ごとに行われます。

先物の限月は3月、6月、9月、12月で、満期日は限月の第3金曜日です。

満期日前日(限月の第3木曜日)は決済のみ可能で、新規注文はできません。

XMの先物の限月の確認方法

XMのダウ(US30)先物の限月はXMの公式サイトから確認できます。

限月の確認 1
株式指数をクリック

公式サイトで少し下にスクロールし、株式指数をタップします。

xmダウ公式サイト株式指数クリック

限月の確認 2
有効な取引をクリック

ページ中央くらいまでスクロールし、有効な取引をタップします。

xmダウ公式サイト有効な取引タップモバイル

限月の確認 3
Wall Street 30を確認

Wall Street 30の中にダウ(US30)の限月が表示されています。

xmダウ公式サイトwallstreet30モバイル

先物決済スケジュール
XM公式サイトで毎日更新

限月の確認 1
XM公式サイトで株式指数をクリック

公式サイトで少し下にスクロールし、株式指数をクリックします。

xmダウ公式サイト株式指数

限月の確認 2
有効な取引をクリック

ページ中央くらいまでスクロールし、有効な取引をクリックします。

xmダウ公式サイト有効な取引をクリック

限月の確認 3
Wall Street 30の行にダウの限月が表示される

Wall Street 30の行にダウ(US30)の限月が表示されています。

xmダウwallstreet30に限月が表示される

先物決済スケジュール
XM公式サイトで毎日更新


XMのダウ(US30)の配当金の仕組み

XMのダウ(US30)の配当金は現物ポジションにのみつきます。

指数配当金に保有ロットをかけた金額がスケジュールに沿って、配布、または、徴収されます。

売りなら引かれ買いなら入金される

XMのダウ(US30)の現物を保有している場合、XMの配当金スケジュール通りに配当金の配布、または、徴収が行われます

  • 売りポジション保有なら配当金を支払う
  • 買いポジション保有なら配当金を受取る

配当金はいくら?

XMのダウ(US30)現物の配当金の額は指数配当金×保有ロット数です。

例)指数配当金3.459で1ロット保有の場合

3.459×1=3.459ドル

日本円に換算して、約500円です。


配当金はいつ?配当金スケジュールの確認手順

XMの公式サイトに配当金のスケジュールが掲載されています。

配当金スケジュール 1
XM公式サイトへ

XM公式サイトで株式指数のタブを選択します。

株式指数を選択

配当金スケジュール 2
配当金のスケジュール表を確認

画面を下にスクロールし、「指数配当金」という項目から配当金スケジュールを確認します。

配当金配布

男性講師2

株価指数の配当金スケジュールは、月曜日に更新されますので、ポジションを保有している場合は、必ずチェックしましょう。

XMのMT4/MT5でダウ(US30)を取引する手順

MT4/MT5でXMダウを取引する流れ
  1. XMで口座開設する
  2. XMのMT4/MT5をダウンロードする
  3. MT4/MT5でダウのチャートを表示する
  4. ダウの取引を始める

XMでのダウ(US30)取引に必要な口座開設、MT4/MT5のダウンロード、チャート表示のやり方、損益の確認などについて解説します。

口座開設する

XMでダウ(US30)を取引するには口座の開設が必要です。

XMの公式サイトから口座開設をしてください。

口座タイプ・口座基本通貨の選択・レバレッジの選択

XMでは口座開設時に、口座タイプ・口座基本通貨・レバレッジの選択をする必要があります。

口座タイプの設定

XMのダウ(US30)は、スタンダード口座/マイクロ口座/KIWAMI極口座/ゼロ口座の全ての口座タイプで取引できます。

口座基本通貨の設定

XMのダウ(US30)を取引するなら、基本通貨は「日本円(JPY)」か「米ドル(USD)」がおすすめです。

レバレッジの設定

XMのダウ(US30)の最大レバレッジは500倍ですので、500倍以上を選択すれば問題ありません。


MT4/MT5をダウンロードする

XMのMT4/MT5はXM公式サイトのMT4/MT5ダウンロードページからダウンロードできます。

MT4/MT5をダウンロードする手順

手順 1
MT4/MT5ダウンロードページへアクセスする

まず初めに、以下のボタンからXM公式サイトのMT4/MT5ダウンロードページへ進んでください。

手順 2
デバイスに適したMT4/MT5をクリックする

ダウンロードページにて、ご自身の使用したいデバイスに合わせて、MT4またはMT5のリンクをクリックしてください。

XM日経225mt4mt5ダウンロード

手順 3
MT4/MT5をダウンロードする

下にスクロールし、赤いダウンロードボタンからMT4/MT5をダウロードしてください。

XM日経225mt4mt5ダウンロード2

XMのMT4/MT5はXM公式サイトからダウンロードできます。

お持ちのデバイスのリンクをタップしてダウンロードページへ飛んでください。

XM日経225MT4MT5ダウンロードモバイル

ダウ(US30)のチャートを表示する

XMのダウ(US30)のチャートを表示するやり方を解説します。

チャートを表示する手順

チャート表示 1
気配値を表示する

MT4のメニューバーの中にある気配値をクリックして気配値を表示させます。

気配値アイコン

チャート表示 2
気配値欄からチャートを表示

気配値の銘柄一覧にダウ(US30)がない場合は気配値欄を右クリックし、「全てを表示」を選択します。

次にUS30(ダウ現物)かUS30MMMYY(ダウ先物)の銘柄を右クリックし、チャートを表示を選択します。

xmダウチャート表示2

チャート表示 3
チャートが表示される

選択したチャートが表示されます。

初期設定では4時間足のバーチャートになっていますが、上部のメニューバーから時間足やチャートの表示方法を変更できます。

XMのダウ(US30)の4時間足チャート

損益の確認方法

XMのダウ(US30)の損益は、MT4/MT5の取引タブの中の各ポジションの右に表示されています。

xmダウ損益

XMのダウ(US30)の損益は、MT4/MT5の取引画面の各ポジションの右にあります。

利益は青字で、損失は赤字で表示されます。

また、画面上部には純利益として損益の合計が表示されています。

ダウ平均空売り

損益を自分で計算する場合は、各ポジション下の右側の価格から左側の価格を引きます。
(※右側の価格は現在価格左側の価格はエントリー価格)


XMのダウ(US30)取引に関するFAQ

FAQアイキャッチ

XMのダウの取引時間は?

XMのダウは、土日、祝日以外の約24時間取引可能です。ただし、日本時間早朝に1時間のメンテナンス時間があります。

XMのダウの最大レバレッジは?

XMのダウ取引の最大レバレッジは500倍です。

XMのダウ(US30)の最小ロットは?

XMのダウ(US30)の最小ロットは0.1ロットです。ただし、MT4でダウ先物を取引する場合の最少ロットは1LOTです。

XMのダウ(US30)の平均スプレッドはいくら?

XMのダウの平均スプレッドは、現物が280pointで、先物が510pointです。

XMのダウ取引に手数料はかかる?

XMのダウ取引にはスプレッドがかかり、これが実質の手数料となっています。スプレッド以外に別途の取引手数料は発生しません。

XMのダウ取引について思うこと

XMのダウ(US30)のおすすめの取引方法や取引していて感じたことを紹介します。

スキャルピングやデイトレードがおすすめ

xmダウスキャルピング

XMのダウ(US30)の現物はスプレッドが狭いので、スキャルピングやデイトレードに最適です。

XMが取り扱っている米国の株式指数の中でも市場価格に対するスプレッドの割合が特に低くなっているのがダウの現物です。

▼現物の平均スプレッドと市場価格の目安
商品平均スプレッド市場価格目安
ダウ2.8pips3万ドル
ナスダック(US100)2pips1万千ドル
S&P5000.4pips3,600ドル

XMのダウはボラティリティを取りに行く商品

xmダウボラリティ

XMのダウ(US30)はその日のボラティリティを取りに行く商品と言うのがふさわしいと思います。

ダウは長期保有よりも短期投資に向いているというのが正直なところです。

ただ、ダウのボラティリティはそれなりに高いので、2~3日のスイング取引でも十分に利益を見込めるのが魅力的です。


XMのダウと投資信託ならどっちがいい?

xmダウ投資信託

XMのダウ(US30)と投資信託のNYダウの大きな違いはレバレッジがかけられるかどうかという点です。

2つの投資方法で同じ金額を投資した場合、投資成果が異なります。

ダウ平均が前日比1%値上がりした場合、XMのダウは投資信託に比べ約100倍の利益を生みます。

ダウ平均が前日比1%値上がりした場合
投資方法投資金額利益
NYダウ連動型
投資信託
3万円
(3口購入)
300円
XMのダウ3万円2,323円
(1ロット)
約30,000円
男性講師2

コツコツ投資するならNYダウと連動する投資信託ですが、効率の良い短期投資ならXMのダウ(US30)がおすすめです。


ダウ平均株価の値動きによる損益シミュレーション

xmダウ株価の値動きに要注意

ダウ平均株価指数が28,000ドルだった場合、ダウ平均株価指数の値動きにより、いくらの損益が発生するのか解説します。

▼ダウ平均の値動き幅と損益の関係▼
ダウ平均
10ドルの
値動き
ダウ平均
100ドルの
値動き
0.1ロットの場合
必要証拠金784円
1,400円の損益
14,000円の損益
1ロットの場合
必要証拠金7,840円
14,000円の損益
14万千円の損益
10ロットの場合
必要証拠金78,400円
14万円の損益
140万円の損益
※ドル円レート140円で計算
男性講師2

たった10ドルの値動きでも、ロット数が大きければ大きな利益/損失になりますね。


すぐわかる海外FXのXM
XM FX/CFD計算ツールサイドバー
XMトレーディングの使い方完全ガイド
XM FX/CFD計算ツールサイドバー