ミルトンマーケッツ評価と評判アイキャッチ

ミルトンマーケッツ公式サイトはコチラ

ミルトンマーケッツ(Milton Markets)は、2015年末より運営しており、取引コストの安さと高い約定力が強みで、取引環境を重視するトレーダーから人気の海外FX業者です。

不定期ではあるもののボーナスも提供しており、「取引コストが安い業者を利用したいけど、ボーナスが利用できる業者も捨てがたい」という顧客のわがままを叶えてくれるFX業者です。

本記事では、現在までのミルトンマーケッツの特徴や評判などを13項目で項目別に評価しています。

匿名のトレーダー5人で
ミルトンマーケッツを評価

公平に評価できるように、5人のトレーダーが匿名で調査して評価しました。
本サイトの評価のガイドラインに沿って、他FX業者と比較しながらまとめています。

milton-当サイト評価pc
milton-当サイト評価mb
ミルトンマーケッツはこんな業者
  • 最大レバレッジ1,000倍
  • スプレッドが狭い
  • ボーナスキャンペーンあり
  • スリッページ保証制度あり
  • プラススワップの商品が多い
  • 24時間日本語サポートあり
  • 銀行送金での入出金手数料あり
  • クレジットカード入出金未対応
  • 仮想通貨の土日取引ができない
  • コモディティ銘柄の取扱いなし

安全性と信頼性

チェック項目
金融
ライセンス
✅ VFSCのライセンスを取得
(登録番号40370)
運営歴 ✅ 約6年
資金管理 ✅ 分別管理
備考 ・追証なし、ゼロカット
・金融庁からの警告あり

ミルトンマーケッツは日本の金融庁に規制されていない海外FX業者です。ミルトンマーケッツの安全性や信頼性については、日本に事業所を持たない海外の業者である事を踏まえて考える必要があります。


会社情報

ミルトンマーケッツは、2015年12月よりバヌアツ共和国を拠点とするMilton Markets Limitedによって運営されている海外FX業者です。

POINT

運営歴は6年

▼ミルトンマーケッツ会社運営情報
運営会社 Milton Markets Limited
登記住所 C/- Moores Rowland Vanuatu,2nd Floor,Transpacific Haus,Lini Highway,Port Vila,Vanuatu
設立 2015年12月
サーバー所在地 ロンドン
取得
ライセンス
VFSC40370
(バヌアツ金融ライセンス)
▼ミルトンマーケッツ会社運営情報
運営会社 Milton Markets Limited
登記住所 C/- Moores Rowland Vanuatu,
2nd Floor,Transpacific Haus,
Lini Highway,PortVila,Vanuatu
設立 2015年12月
サーバー
所在地
ロンドン
取得
ライセンス
VFSC40370
(バヌアツ金融ライセンス)

VFSCの金融ライセンスを取得

ミルトンマーケッツは、バヌアツ共和国の金融ライセンス(登録番号40370)を取得しており、また、グループ会社はCySEC(キプロス)とFSA(セーシェル)の金融ライセンスも取得しています。

バヌアツのライセンスはマイナーライセンスですが、2019年3月から賠償責任保険の加入を義務付けるなど、ライセンス要件を厳格化しており、以前より信頼性は向上しています。

また、グループ会社が取得しているCySECは金融ライセンスの中でも取得条件が厳しいライセンスと言われており、グループ会社とはいえCySECのライセンスを取得していることで信頼性が増すと言えます。

▼グループで保有する金融ライセンス
VFSC(バヌアツ金融サービス委員会) 登録番号:40370
CySEC(キプロス証券取引委員会) 登録番号:248/14
FSA(セーシェル共和国金融庁) 登録番号:SD040

顧客資産は信託口座で分別管理

バヌアツのライセンス規制では、顧客資産の分別管理や賠償責任保険の加入が義務付けられており、ミルトンマーケッツでは顧客資産は信託口座で分別管理しています。

ただし、分別管理先の銀行は非公開で、保険や補償の加入状況についても公開していません。


ゼロカットで借金になることがない

ミルトンマーケッツでは、公式HPで「口座残高以上の損失(追証)は発生しない」と明記しています。

万一取引で大きな損失が出ても、原則1営業日以内にマイナス残高はリセットされるので、借金の不安なく取引できます。



ボーナスキャンペーン

チェック項目
口座開設
ボーナス
✅ 有り(当サイト限定)
入金
ボーナス
✅ 有り
取引
ボーナス
なし
その他の
キャンペーン
✅ 有り(国内銀行送金キャンペーンなど)
クッション機能 ✅ あり
ボーナスの
出金可否
ボーナス毎に異なる

ミルトンマーケッツでは、不定期で入金ボーナスやTwitterユーザー向けのキャンペーンなどを開催しています。


当サイト限定ボーナス

ミルトンマーケッツと当サイトの特別タイアップが実現し、現在当サイト専用リンクから新規口座開設した方限定で、新規口座開設ボーナスと入金ボーナスを提供しています。

当サイト限定口座開設ボーナス

当サイト専用リンクからの新規口座開設で5,000円のボーナスを獲得できます。

入金前にノーリスクで取引できるので、まず取引環境を確かめてみたい方やFX初心者の方でも気軽に取引を試してみることができます。

▼新規口座開設ボーナス
ボーナス条件 当サイト専用リンクから
新規口座開設
対象口座 FLEX/SMART口座
(※MAM口座は対象外)
ボーナス額 5,000円
出金可否 条件達成で出金可能
出金条件 ・口座開設から30日以内に
$300以上の入金
・入金から90日以内に
FX通貨ペア(香港ドル以外)を
10Lot以上取引

当サイト限定50%+20%ボーナス

当サイト専用リンクから新規口座開設をした方限定で、「10万円までの入金に対して50%」「225万円までの入金に対して20%」の入金ボーナスが付与されます。

1万円以上の入金であれば、上限額に達するまで何度でもボーナスを受け取ることができるので、こまめに入金したい方にもぴったりのボーナスです。

▼50%+20%入金ボーナス
ボーナス条件 1万円以上の入金
対象者 当サイト専用リンクから
新規口座開設をした方
対象口座 FLEX/SMART口座
(※MAM口座は対象外)
ボーナス
上限額
入金額10万円まで⇒5万円/
入金額225万円まで⇒45万円
出金可否 不可

入金ボーナス(不定期開催)

ミルトンマーケッツでは、不定期で入金ボーナスキャンペーンを開催しており、稀に口座残高として付与されることもあります。

Twitterでのみ告知される場合もあるので、公式Twiitterは要チェックです。

▼入金ボーナス(不定期開催)
ボーナス条件 国内銀行送金で入金
対象口座 FLEX/SMART/ELITE口座
(※MAM口座は対象外)
ボーナス付与額 入金時に発生した
手数料と同額
出金可否 不可

国内銀行送金キャンペーン

国内銀行送金キャンペーンは、国内銀行送金の入金手数料をボーナスクレジットとして還元するキャンペーンです。

入金時に発生する手数料と同額のボーナスが付与されるので、お得にミルトンマーケッツへ入金できます。

▼国内銀行送金キャンペーン
ボーナス条件 国内銀行送金で
裁量口座に入金
対象口座 FLEX/SMART/ELITE口座
(※MAM口座は対象外)
ボーナス付与額 入金時に発生した
手数料と同額
出金可否 不可

お友達紹介キャンペーン

お友達紹介キャンペーンは、最大15,000円の現金がもらえるキャンペーンです。

招待されたお友達が条件を達成することで、紹介者とお友達共に3,000円の現金がもらえます。

▼お友達紹介キャンペーン
ボーナス条件 専用リンクより友達を
招待し、友達が条件達成
対象口座 FLEX/SMART口座
(※MAM口座は対象外)
ボーナス付与額 友達1人につき現金3,000円
紹介可能人数 最大5名

ボーナス情報を確認する
公式HPへ飛びます


口座タイプと取扱い銘柄

チェック項目
口座タイプの種類 ✅ 4種類
ECN口座の有無 なし
複数口座の開設 ✅ フレックス口座:最大1口座
スマート口座:最大3口座
口座タイプの変更 不可
取扱銘柄 ✅ 通貨ペア・貴金属・エネルギー・株価指数・仮想通貨
チェック項目
口座タイプの種類 ✅ 4種類
ECN口座の有無 なし
複数口座の開設 ✅ 3口座まで
口座タイプの変更 不可
取扱銘柄 ✅ 通貨ペア・貴金属・
エネルギー・株価指数・
仮想通貨

最も人気があるのはスマート口座

ミルトンマーケッツでは、4種類の口座タイプがあり、最も人気があるのはスマート口座です。

常時開設できるのは、スマート口座とフレックス口座のみで、エリート口座は100万円以上入金すると口座開設が可能になります。

注意

現在エリートプラス口座の提供は終了しています。

  • フレックス口座
    少額から取引したい方やロスカット水準が低い口座を利用したい方向け
  • スマート口座
    最大レバレッジ1000倍を利用して取引したい方向け
  • エリート口座
    スプレッド(取引コスト)を重視する方向け

口座タイプ一覧表と共通条件

ミルトンマーケッツの口座タイプのスペックと共通条件を表でまとめました。

項目 フレックス口座 スマート口座 エリート口座 エリートプラス口座
最大レバレッジ 500倍 1,000倍 200倍 200倍
平均スプレッド(ドル円) 1.8pips 1.1pips 0.8pips 0.4pips
最低入金額 $100 $300 $10,000 $100,000
ボーナス付与 ×
ロスカット水準 20% 50% 50% 50%
マージンコール 50% 100% 100% 100%
劣っているスペック=
優れているスペック=
▼口座タイプ比較表
項目 FLEX
口座
SMART
口座
ELITE
口座
ELITE+
口座
最大
レバレッジ
500倍 1,000倍 200倍 200倍
平均
スプレッド
(ドル円)
1.8pips 1.1pips 0.8pips 0.4pips
最低
入金額
$100 $300 $10,000 $100,000
ボーナス
付与
×
ロスカット
水準
20% 50% 50% 50%
マージン
コール
50% 100% 100% 100%
劣っているスペック=
優れているスペック=
▼全口座タイプ共通条件
取引形態 NDD
基本通貨 JPY/USD/EUR
取引手数料 $0
取引プラットフォーム MT4
取引単位 10万通貨/Lot
最小取引ロット 0.01Lot
最大取引ロット 50Lot
EA利用 可能

口座タイプごとの違いは4つの条件だけ

ミルトンマーケッツは4つの口座タイプがありますが、主な違いは最大レバレッジ、スプレッド、最低入金額、ロスカット水準だけなので、口座タイプごとの比較がしやすいです。

入金額が多いほど、スプレッドが有利

ミルトンマーケッツの口座タイプは必要な入金額に応じて口座タイプが分かれており、入金額が多くなればなるほどスプレッドが有利な数値に設定されています。


口座タイプの変更は不可

ミルトンマーケッツでは口座タイプの変更はできず、新たに別の口座タイプを利用したい場合には、追加で口座を開設する必要があります。


取扱銘柄は全口座タイプ共通

ミルトンマーケッツでは通貨ペア・貴金属・株価指数・エネルギー・仮想通貨を取り扱っており、取扱銘柄は全口座タイプ共通です。

特に株価指数の取扱いが多く、他のFX業者ではあまり見かけないような銘柄も取り扱っています。

POINT
  • 株価指数の取扱いが豊富
  • コモディティは取扱いなし
▼取扱銘柄数
銘柄 種類
通貨ペア 43種類
貴金属 2種類
株価指数 37種類
エネルギー 2種類
仮想通貨 3種類

取扱銘柄を詳しく確認
公式HPへ飛びます


サーバー速度・安定性・約定力

チェック項目
データセンター所在地 ✅ ロンドン
リクオート ✅ なし
スリッページ ✅ 状況によって発生する可能性あり
無料VPS 現在は不提供

ミルトンマーケッツは公式HPで「注文執行率100%」「平均約定時間0.1秒以内」を掲げています。

事実約定速度は速く、その高い約定力は顧客からも定評があります。

リクオートや約定拒否が起こることもなく、サクサク取引を行うことができます。


サーバーの安定性は?

当サイトでインジケーターを利用して測定した感じではたまにサーバーの更新が滞ることがありましたが、特に問題なくチャートは綺麗に表示されていました。


スリッページ保証制度を提供

ミルトンマーケッツでは顧客保護の一環として、スリッページ保証制度を提供しています。

条件を全て満たした場合は、注文価格と約定価格の差額が支払われる珍しい制度です。

スリッページが起こることはほぼなく、起こった場合でも条件に合えばスリッページ分が保証されるので安心して取引できます。

スリッページ保証制度条件
  • スリッページ幅が1pips以上
  • 約定時間が500ms以上
  • 約定時間がマーケットオープン/クローズの前後60分以外
  • 約定時間が指標発表/ニュース等の前後30分以外

無料VPSサービスは提供を終了

ミルトンマーケッツでは過去に無料VPSサービスを提供していましたが、現在は提供を終了しています。

過去の提供条件
  • 口座残高が5万円以上
  • 1カ月間に2lot以上の取引

※上記条件を満たしていない場合、2,000円がVPS利用料として口座残高から差し引かれます。


約定力に関する評判・口コミ

ミルトンマーケッツは高い約定力を売りにしているだけあり、良い評判ばかりで約定拒否やリクオートに関する評判も見つかりませんでした。

約定力に関しては大体どこのFX業者でもシビアな評判が見つかる中、悪い評判がほぼ見つからなかったことは約定力の高さの裏付けとも言えるでしょう。

実際の評判・口コミ


スプレッド

チェック項目
変動制?
固定制?
✅ 変動制を採用
USDJPY ✅ 平均1.1pips(スマート口座)
ゴールド ✅ 平均2.8pips(スマート口座)

ミルトンマーケッツはスプレッドの狭さに定評があり、中でもエリート口座のスプレッドは「プロ用」と比喩されることもある程優れています。

全口座タイプで取引手数料が必要ないので、取引コストが分かりやすいのも特徴です。


口座タイプ別の平均スプレッド

ミルトンマーケッツでは口座タイプごとにスプレッドが異なります。

各口座タイプのスプレッドを比較すると、エリート口座のスプレッドが圧倒的に優れており、今回比較した銘柄だと全銘柄フレックス口座と約1pipsも差がありました。

エリート口座は口座残高100万円以上が条件なので少し利用のハードルは高いですが、取引コスト重視で口座を選ぶならエリート口座がお勧めです。

POINT

おすすめはエリート口座

▼口座タイプ別スプレッド比較
銘柄 フレックス口座 スマート口座 エリート口座
USD
JPY
1.8 1.1 0.8
EUR
USD
1.7 1.1 0.7
EUR
GBP
1.9 1.2 0.9
GBP
USD
1.9 1.2 1.0
XAU
USD
3.5 2.8 2.5

単位:pip
同通貨ペア最高値=赤で表示
同通貨ペア最安値=青で表示


他業者のサービスと比較

スプレッドの狭さに定評のあるTitanFX、Exnessとそれぞれスタンダードな口座の取引コストを算出して比較しました。

結果は、他FX業者よりも有利なスプレッドを提供しており、スマート口座のスプレッドはかなり有利なスプレッドだと言えます。

エリート口座なら更に有利になります。

▼平均スプレッド比較
銘柄 ミルトンマーケッツ Exness TitanFX
EURUSD 1.1 1.0 1.2
EURGBP 1.2 1.6 1.5
USDJPY 1.1 1.1 1.4
GBPUSD 1.2 1.2 1.6
EURJPY 1.2 1.9 1.7
AUDUSD 1.2 2.0 1.5
GBPJPY 1.8 2.0 2.5

単位:pip
コストが高い=
コストが低い=


スプレッドに関する評判・口コミ

ミルトンマーケッツはスプレッドの狭さを強みにしており、特に取引コストを重視する短期トレーダーやシステムトレーダーから良い評判が集まっていました。

実際の評判・口コミ


スワップポイント

チェック項目
スワップポイント
の発生時間
✅ 日本時間7時
スワップポイント
が加算される曜日
✅ 月曜~金曜日
スワップポイント
が3倍になる日
✅ 水曜日

ミルトンマーケッツのスワップポイントは、他の海外FX業者に比べて主要銘柄のプラススワップが多く、今回確認した際はクロス円通貨やスイスフランにプラススワップが多く見られました

また、エマージング通貨でもプラススワップの大きな銘柄が複数あり、スワップポイントを狙ったトレードにも向いています。


主要銘柄のスワップを他業者と比較

主要銘柄のスワップポイントを、海外FXで一番人気の「XM」、国内業者「ヒロセ通商」と比較しました。

ミルトンマーケッツの主要銘柄では、他社と比べて有利なスワップの通貨が複数あり、特にクロス円通貨のスワップが良い傾向にあります。

POINT

銘柄によっては中長期での運用も可能

※10万通貨の1日分のスワップを比較(円)

▼他業者とスワップポイントを比較
ミルトン
マーケッツ
XM ヒロセ通商
銘柄
USD
JPY
10 -156 -254 -374 200 -830
EUR
USD
-539 58 -591 -128 -288 58
AUD
USD
-329 -182 -247 -212 -138 23
EUR
GBP
-620 16 -626 -93 -280 124
EUR
JPY
-353 15 -516 -196 -600 0
XAU
USD
-522 -58 -368 -205
2022年1月5日のデータを元に比較
同通貨ペア最低値=
同通貨ペア最高値=

スワップの高い銘柄を他業者と比較

ミルトンマーケッツで高スワップポイントを獲得できる通貨5種類のスワップポイントを「XM」、「ヒロセ通商」と比較しました。

エマージング通貨では、プラススワップの数値が有利な通貨ペアも複数あり、スワップポイントを狙ったトレードも十分可能です。

POINT

スワップ狙いのトレードも可能

※10万通貨の1日分のスワップを比較(円)

▼他業者とスワップポイントを比較
ミルトン
マーケッツ
XM ヒロセ通商
銘柄
USD
ZAR
-2862 644 -286 111 -1087 72
USD
MXN
-2317 543 -2688 930 -1517 674
USD
CNH
-3620 275 -82 -93
USD
TRY
-1928 217 -8340 2036 -3346 264
TRY
JPY
180 -81 270 -570
2022年1月5日のデータを元に比較
同通貨ペア最低値=
同通貨ペア最高値=

ロールオーバー時間

スワップポイントは、保有したポジションを翌日に持ち越した場合に発生します。

ミルトンマーケッツでは、月~金曜日の日本時間7時頃(サマータイム中は6時)にスワップポイントが発生します。

注意

日跨ぎでポジションを保有している場合、スワップポイントは「ポジションを決済した後」まとめて残高に反映されます。

スワップポイント3倍DAYに注意

ミルトンマーケッツでは、土日にスワップポイントが発生しない代わりに、水曜日に発生するスワップポイントが通常の3倍になります。(日本時間で木曜の早朝)

注意

マイナススワップも3倍

スワップカレンダー
土日
1日分 1日分 3日分 1日分 1日分 無し

レバレッジとロスカット水準

チェック項目
最大
レバレッジ
✅ 1,000倍
レバレッジ変更 ✅ 可
レバレッジ
制限
有り
ロスカット
水準
✅ FLEX20%/SMART-ELITE50%
マージン
コール
✅ 証拠金維持率FLEX50%/SMART-ELITE100%
チェック項目
最大レバレッジ ✅ 1,000倍
レバレッジ変更 ✅ 可
レバレッジ制限 有り
ロスカット水準 ✅ FLEX20%/
SMART・ELITE50%
マージンコール ✅ FLEX50%/
SMART・ELITE100%

ミルトンマーケッツの最大レバレッジとロスカット水準は口座タイプごとに異なります。

以前は最大レバレッジ800倍、ロスカット水準100%でハイレバレッジでの取引をしにくい環境でしたが、現在は最大レバレッジ1000倍、ロスカット水準20~50%に改善されて、以前よりハイレバレッジでの取引がしやすくなりました。


口座タイプ別の最大レバレッジ

ミルトンマーケッツでは、口座タイプごとに最大レバレッジが異なります。

スマート口座は唯一最大レバレッジ1000倍で取引できますが、口座残高によるレバレッジ制限があります。

▼口座タイプごとの最大レバレッジ
口座タイプ 最大レバレッジ
フレックス口座 500倍
スマート口座 1000倍
エリート口座 200倍
エリートプラス口座 200倍
スマート口座のレバレッジ制限

スマート口座では単一口座の口座残高に応じて、最大レバレッジに制限がかかります。

常にレバレッジ1000倍で取引したい場合、スマート口座を複数開設し、単一口座内の資金を常に$1,000以下に保つ必要があります。

▼口座残高によるレバレッジ制限
口座残高 最大レバレッジ
~$1,000 1000倍
$1,001~10,000 500倍
$10,001~ 200倍
レバレッジの変更方法

最大レバレッジを口座タイプごとに調整したい方は、マイページ「口座の概要」から行えます。

選択可能なレバレッジは口座タイプごとに異なり、細かく数字を入力して設定することはできません。

ミルトン-レバレッジ変更


最大レバレッジは銘柄ごとに異なる

ミルトンマーケッツは銘柄ごとに最大レバレッジが異なります。

通貨ペアとゴールドは口座タイプの最大レバレッジに左右されるので、スマート口座なら最大1000倍でゴールドを取引できるのが魅力ですが、CFD銘柄の最大レバレッジはいずれも低めの設定です。

▼銘柄別最大レバレッジ
通貨ペア 200~1000倍 ゴールド 200~1000倍
シルバー 50倍 株価指数 10~100倍
エネルギー 10倍 仮想通貨 10倍
▼銘柄別最大レバレッジ
200~1000倍 通貨ペア / ゴールド
10~100倍 株式指数
50倍 シルバー
10倍 エネルギー / 仮想通貨

ロスカット水準は口座タイプごとに異なる

ミルトンマーケッツのロスカット水準は口座タイプごとに異なり、フレックス口座が20%、その他の口座が50%です。

ロスカット水準は低ければ低いほど許容できる範囲が広くなるので、取引で含み損が出てている場合はフレックス口座が最も長くポジションを保有できます。

▼口座タイプ別ロスカット水準
項目 フレックス口座 スマート口座 エリート口座 エリートプラス口座
ロスカット 20% 50%
マージンコール 50% 100%
口座タイプ ロスカット
水準
マージン
コール
フレックス口座 20% 50%
スマート口座 50% 100%
エリート口座
エリートプラス
口座

ロスカットは損失額の大きい順

複数ポジションを保有していて、証拠金維持率がロスカット水準まで達した場合、損失額の大きなポジションから順にロスカットになります。

もし損失額が大きいポジションを残しておきたい場合は、証拠金維持率が20%以下になる前に他のポジションを決済して、ロスカットにならないように調整できます。


入出金の利便性

チェック項目
入金方法の種類 ✅ 2種類
入金速度 ✅ 最大2営業日(銀行送金)
最低入金額 ✅ 5,000円~
出金方法の種類 ✅ 2種類
出金速度 ✅ 3~6営業日
最低出金額 ✅ 5,500円~

入金方法はbitwalletがおすすめ

ミルトンマーケッツへの入金方法は、銀行送金とbitwalletの2種類です。

入金は即時入金で入金手数料も無料なbitwalletがおすすめです。

▼ミルトンマーケッツの入金方法
入金方法 入金手数料 最低入金額 反映時間
bitwallet 無料 フレックス口座:5千円~
その他の口座:3万円~
即時
銀行送金 入金額により異なる 3万円~ 1~2営業日
▼ミルトンマーケッツの入金方法
入金
方法
入金
手数料
最低
入金額
反映
時間
bit
wallet
無料 5千円~ 即時
銀行
送金
入金額で
異なる
3万円~ 1~2
営業日
入金時の注意事項
  • bitwalletとミルトンマーケッツの登録メールアドレスが同一である必要があります。
  • bitwalletからの2回目以降の入金は、事前にポータルサイトでのウォレット登録が必要です。
  • 銀行送金は入金後、サポートへ送金控えを提出する必要があります。

銀行送金の入金手数料

ミルトンマーケッツへ銀行送金で入金した場合、必要な手数料は入金額によって異なります。

入金額が多ければ多いほど手数料は安くなるので、小分けに入金するよりもまとめて入金する方がお得です。

POINT

国内銀行送金キャンペーン中は、手数料と同額のボーナスが付与されます。

▼入金手数料
入金額 手数料
30,000~49,999円 入金額の5%
50,000~199,999円 入金額の4%
200,000円以上 入金額の3%

出金は原則入金と同じ方法を利用

ミルトンマーケッツの出金方法は、銀行送金とbitwalletの2種類で、入金分までは入金と同じ方法を利用する必要があります。

bitwalletは月1回のみ無料で出金できるので、bitwalletへ出金する場合はなるべくまとめて出金するようにしましょう。

▼ミルトンマーケッツの出金方法
出金方法 出金
手数料
最低
出金額
反映時間
bitwallet 月1回のみ無料 100円~ 3~5営業日
銀行送金 出金額のより異なる 5,500円~ 3~6営業日
▼ミルトンマーケッツの出金方法
出金
方法
出金
手数料
最低
出金額
反映
時間
bit
wallet
月1回
は無料
5,500円~ 3~5
営業日
銀行
送金
出金額で
異なる
5,500円~ 3~6
営業日
出金時の注意事項
  • bitwalletで月2回目以降の出金は、都度3,000円の手数料が必要
  • 出金前にポータルサイトのウォレット登録で、出金先情報の登録が必要
  • ポジション保有中は出金申請不可

銀行送金の出金手数料

ミルトンマーケッツから銀行送金で出金した場合、必要な手数料は出金額によって異なります。

▼出金手数料
出金額 手数料
5,500~49,999円 申請額の3%
50,000~199,999円 申請額の4%
200,000円以上 申請額の5%

出金速度に関する評判・口コミ

ミルトンマーケッツのネックとして挙げられるのが、出金速度の遅さです。

特にbitwalletは1営業日以内に出金できるFX業者もある中で3~5営業日かかる為、改善して欲しいといった意見が多く見つかりました。

実際の評判・口コミ


入出金方法について確認する
入出金のFAQへ飛びます


取引時間

チェック項目
取引時間
(夏時間)
✅ 月曜日早朝6:10
~土曜日早朝5:50
取引時間
(冬時間)
✅ 月曜日早朝7:10
~土曜日早朝6:50

ミルトンマーケッツの取引時間は「GMT+0」(夏時間はGMT+1)で表示されており、日本のタイムゾーンは「GMT+9」なので、表示時間に9時間足した時間が日本時間になります。


銘柄別取引時間(日本時間)

ミルトンマーケッツの銘柄ごとの基本的な取引時間は以下の通りです。

なお、日本ではサマータイムが導入されていない為、サマータイム期間中は通常と1時間異なるので注意してください。

ミルトンマーケッツ銘柄別取引時間(日本時間)

通貨ペア

夏時間:月曜日06:00~土曜日05:55
冬時間:月曜日07:00~土曜日06:55


貴金属

夏時間:月曜日07:00~土曜日05:45
冬時間:月曜日08:00~土曜日06:45


株式指数

夏時間:月曜日07:00~土曜日05:00
冬時間:月曜日08:00~土曜日06:00


エネルギー

夏時間:月曜日07:00~土曜日05:45
冬時間:月曜日08:00~土曜日06:45


仮想通貨

夏時間:月曜日06:00~土曜日05:55
冬時間:月曜日07:00~土曜日06:55

祝日は取引時間の変更に注意

ミルトンマーケッツでは、祝日などで取引時間に変更がある場合、登録のメールアドレスへ「取引時間変更のお知らせ」という件名でメールが届きます。

公式HPでのお知らせはなく、メールでの通知のみです。

メールはサポート(support.ja@miltonmarkets.com)から届くので、迷惑メールに届かないよう事前に確認しておく必要があります。


取引禁止事項

チェック項目
スキャルピング ✅ 可能
両建て ✅ 同一口座内のみ可能
EA ✅ 可能

ミルトンマーケッツの取引禁止事項

ミルトンマーケッツでは、公式HPで禁止行為の例として6種類の項目を挙げています。

いずれの禁止行為も海外FX業者ではよく見かける項目で、顧客の不正取引防止の為に設けられています。

禁止行為を行ったと判断された場合、故意でなくても出金拒否や約定拒否、口座凍結等の措置が取られる可能性があるので、気を付けて取引しましょう。

ミルトンマーケッツの禁止行為(一部)
  • リベートの獲得目的や詐欺的な行為が疑われる場合
  • 口座が第三者によって管理されている場合
  • 複数口座間でのヘッジ取引及び疑わしい取引
  • 特定グループ内でのヘッジ取引及び疑わしい取引
  • システム欠陥や市場の構造を利用した取引及び疑わしい取引
  • レバレッジ、ボーナス等を悪用した投機的な取引

プラットフォームや機能

チェック項目
プラットフォーム ✅ MT4のみ
Mac対応 ✅ あり
専用スマホアプリ なし
取引履歴のメール ✅ あり
公式アカウント ✅ Twitter
(@MiltonMarketsJP)
その他の機能 ✅ MAMシステム/
経済指標/公式ブログ

取引プラットフォームはMT4のみ

ミルトンマーケッツはMT4のみ対応しており、MT5や独自プラットフォーム、スマホアプリはありません。

MT4はWindows版だけでなく、Mac版やスマホ版、Webtrader版など様々なデバイスに対応しています。


公式Twitterで主に情報を発信

ミルトンマーケッツは、主に公式Twitter(@MiltonMarketsJP)で情報発信を行っており、更新頻度もかなり多いです。

ボーナス情報や他FX業者とのスペック比較、重要指標などについて多くツイートしています。

とても公式アカウントとは思えないようなクスッとくる画像を添付してFX以外のことをツイートすることもあり、ただ機械的に情報が発信されるアカウントよりも興味を持ってツイートを楽しめます。

その他の機能

MAMシステム

MAMシステムとは、MAMマネージャーと呼ばれるプロトレーダーに資産運用を委託することで、プロトレーダーが顧客の口座を利用して発注と決済を行います。

収益が出た場合は、収益額に応じてMAMマネージャーへ成功報酬を支払います。

顧客側で取引履歴の確認ができるので、プロトレーダーの手法を学ぶこともできます。

MAMシステムについて確認する
公式HPへ飛びます

経済指標

ミルトンマーケッツ公式HPでは、経済指標のスケジュールと予測、過去のデータなどを掲載しています。

経済指標は1ヶ月前から1ヶ月後まで、合計3ヶ月間のデータを確認することができます。

経済指標を確認する
公式HPへ飛びます

公式Newsブログ

ミルトンマーケッツ公式Newsブログでは、キャンペーン情報やFXに関する情報、スタッフによるブログなどを紹介しています。


サポート体制

チェック項目
問い合わせの種類 ✅ ライブチャット/
メール
日本語サポート ✅ マーケットオープン時は24時間対応
日本人スタッフ
の有無
✅ あり
対応速度 ✅ 数十分~数時間以内

おすすめはライブチャット

ミルトンマーケッツ日本語サポートへの問合せ方法は、ライブチャットとメールの2種類です。

ライブチャットはすぐにサポートに対応してもらえるので、急ぎの場合や簡単な質問はライブチャットがおすすめです。

メールは長文や複雑な質問でも質問しやすいメリットがありますが、順次対応なので返信まで時間がかかる場合があります。

ミルトンマーケッツの日本語サポート
  • ライブチャット
  • メール(support.ja@miltonmarkets.com)

日本人スタッフの対応状況

ミルトンマーケッツの日本語サポートはネイティブ、非ネイティブどちらも待機しており、状況によっては非ネイティブの日本語話者が対応する場合があります。

当サイトで何回か問い合わせてみましたが、特に日本語に違和感を感じることはなく、スムーズに疑問を解決できました。

FAQを確認

ミルトンマーケッツ公式サイトでは、「ヘルプセンター」というFAQが用意されています。

また、ライブチャットを開くと、担当者に繋ぐ前にAIが質問内容に応じてFAQを案内してくれます。

サポートに問い合わせるよりも、疑問が早く解決する場合もあるので、問合せ前に一度確認してみましょう。

FAQを確認する
ヘルプセンターへ飛びます


サポートに関する評判・口コミ

ミルトンマーケッツのサポートは顧客からの印象が良く、悪い評判は全く見つかりませんでした。

大抵のFX業者で多少は悪い評判が見つかる中で、良い評判しか見つからないのはそれだけミルトンマーケッツのサポートがしっかりしているということであり、利用するにも安心感があります。

実際の評判・口コミ


口座開設

チェック項目
口座開設の所要時間 ✅ 5分程度
口座有効化の所要時間 ✅ 1営業日以内
本人確認前の取引 不可
複数口座の開設 ✅ スマート口座:最大3口座
フレックス口座:最大1口座
デモ口座の開設 ✅ 無制限
法人用口座の開設 ✅ 可能
チェック項目
口座開設の
所要時間
✅ 5分程度
口座有効化の
所要時間
✅ 1営業日以内
本人確認前
の取引
不可
複数口座
の開設
✅ スマート口座:最大3口座
フレックス口座:最大1口座
デモ口座
の開設
✅ 無制限
法人用口座
の開設
✅ 可能

口座開設の流れや必要書類

ミルトンマーケッツの新規口座は、アカウント登録をしてから必要書類の提出と必要事項の入力を行うことで、開設できるようになります。

ミルトンマーケッツ口座開設の流れ
  1. 公式HPでアカウント登録
  2. 登録メールアドレスの確認
  3. 必要書類の提出
  4. ライブ口座開設

アカウント登録から必要書類の提出まで5分、書類の審査は大体1営業日以内に完了します。

ミルトンマーケッツの口座開設
口座開設フォームへ飛びます

ミルトンマーケッツ口座開設の流れ
  1. 公式HPでアカウント登録
  2. 登録メールアドレスの確認
  3. 必要書類の提出
  4. ライブ口座開設

アカウント登録から必要書類の提出まで5分、書類の審査は大体1営業日以内に完了します。

ミルトンマーケッツの口座開設
口座開設フォームへ飛びます

口座開設に必要な書類

ミルトンマーケッツでは写真付き本人確認書類と住所確認書類が必要です。

本人確認書類例

本人確認書類は、「顔写真入りの身分証明書(有効期限内)」が必要で、名前・住所・生年月日が確認できる画像である必要があります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住基カード
  • マイナンバーカード
住所確認書類例

住所確認書類は、「過去3カ月以内に発行された口座開設者名義の書類」で、名前・住所・発行日・発行元が確認できる画像である必要があります。

  • 公共料金の明細書
  • 携帯電話/インターネットの請求書
  • クレジットカードの明細や請求書
  • 住民票

住所確認書類提出前でも取引可能

ミルトンマーケッツでは、本人確認書類と入力した必要事項が承認された段階で、入金や取引ができるようになります。

注意

住所確認書類が承認されないと出金はできません。


追加口座は口座タイプごとに開設可能数が違う

ミルトンマーケッツでは、スマート口座とフレックス口座で開設可能数が異なります。

なお、一度開設した追加口座を削除したい場合は、サポートへ削除依頼の連絡をすることで削除可能です。

  • スマート口座:最大3口座まで
  • フレックス口座:最大1口座まで

デモ口座は好きなだけ開設可能

ミルトンマーケッツではデモ口座の開設は無制限で、好きなだけ開設可能です。

デモ口座はスマート口座、フレックス口座、エリート口座の3種類が利用できます。


これからミルトンマーケッツで取引を始める方へ

ミルトンマーケッツを利用する際に注意して欲しいポイントは2つです。

ミルトンマーケッツを利用する際の注意ポイント
  • 土日は仮想通貨の取引ができない
  • 口座残高が100万円以上になったら、エリート口座を申請

土日は仮想通貨の取引ができない

ミルトンマーケッツの仮想通貨取引は月曜日07:00~土曜日06:55(サマータイム中は-1時間)のみできます。

365日24時間仮想通貨取引できる業者も多くありますが、ミルトンマーケッツは週末の取引ができないので、週末持越しのリスクがあります。

取引時は取引時間に気を付けて取引しましょう。


口座残高が100万円以上になったら、エリート口座を申請

エリート口座は口座残高が100万円以上になると、申請が可能になります。

ミルトンマーケッツは口座タイプごとに取引コストが異なり、「フレックス<スマート<エリート」の順に、スプレッドが優れています。

口座残高が100万円以上あるのにスマート口座を利用し続けるのは取引コスト面で大きく損をします。

スマート口座内の残高が100万円を超えた場合は忘れずにエリート口座を申請するようにしましょう。