threeTrader口座開設方法TOP

ThreeTrader(スリートレーダー)の口座開設は特に難しい作業もなく、審査を含めて早ければ半日程度で完了するため、当日中にトレードを開始することが可能です。

しかし、書き方が分からなかったり書類に不備があった場合、少々手間取ってしまうかもしれません。

当記事では、ThreeTraderの口座開設方法を、画像付き7stepで解説します。


ThreeTraderの口座開設をする前に

個人情報登録と本人確認書類の提出

ThreeTraderでは、公式サイトでライブ口座開設の申請を行うと、その流れで本人確認書類の提出も求められます。

後回しにすることも可能ではありますが、書類が認証されてから初めて取引が始められるようになるため、予め必要書類を準備しておきましょう。


口座開設前に準備するもの

ThreeTraderでライブ口座を開設し、入出金や取引を行うには、必要書類の提出・認証まで完了させる必要があります。

カメラで撮った画像データで構わないので、以下2点を準備しておきましょう。

  • 写真付き身分証明書
  • 居住証明書
身分証明書として提出できるもの

身分証明書として提出できるものは、「名前/住所/生年月日/顔写真が確認できる、有効期限内の公的な身分証」です。

フルネーム・生年月日・発行日又は有効期限の全てを含めて撮影してください。

本人確認書類として提出できるもの
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • その他写真付きの身分証明書
居住証明書として提出できるもの

居住証明書として提出できるものは、「発行元/発行日/現住所が確認できる、発行日から3ヶ月以内の書類」です。

写真の四隅が画面に収まるように注意して、口座開設者の名前・現住所・発行日の全てを含めて撮影してください。

住所確認書類として提出できるもの
  • 電気/ガス/水道など公共料金の明細書
  • インターネットまたは電話料金の請求書
  • クレジットカードの請求書または利用明細書
  • 銀行取引証明書
  • 住民票

ThreeTraderで口座開設できない人

アメリカ、イラン、および北朝鮮の居住者はThreeTraderのサービス対象外です。

口座の開設も行えないのでご注意ください。


口座開設の手順7step

口座開設と本人確認書類提出手順
  1. ThreeTraderの口座開設ページへアクセスする
  2. 個人情報を入力する
  3. 追加情報を入力する
  4. 口座設定を行う
  5. 本人確認書類を提出する
  6. 書類が認証されるのを待つ
  7. ライブ口座が開設される

ThreeTraderの口座開設作業には難しい作業も無く、口座情報の入力に1分本人確認書類の認証も早ければ数時間程の時間でスムーズに完了することが出来ます。

口座開設の手順を7stepで解説します。


step1.口座開設ページへ

まずは以下のボタンより、ThreeTraderの口座開設ページへ進んでください。

ThreeTraderで口座開設
ThreeTrader公式サイトへ


step2.個人情報の入力

移動先のライブ口座開設ページで個人情報を入力します。

threetraderライブ口座開設フォーム個人情報入力例

  • 名前:半角ローマ字で入力
  • 姓:半角ローマ字で入力
  • メールアドレス:ThreeTraderとの連絡に使用するメールアドレス
  • 国と地域:タブで選択
  • 電話番号:頭の0を抜いて入力
  • クライアントポータルのパスワード:
    8~15文字で「英字の大文字・小文字」と「数字」を含むもの

全て入力したら、「私はロボットではありません」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。


step3.追加情報の入力

続いて、生年月日と住所を入力し、「次へ」をクリックします。

threetraderライブ口座開設フォーム追加情報入力例

  • 生年月日:日/月/年の順に入力
  • 住所:英語表記で入力
  • 市区町村:英語表記で入力
  • 都道府県:英語表記で入力
  • 郵便番号:半角入力
POINT

住所を英語に変換する際は、JuDress(日本語住所を英語表記に変換できるWebサービス)が便利です。


step4.口座設定を行う

最後に、開設する口座タイプや基本通貨、レバレッジ等の設定を行います。

全て入力したら、クライアント契約やリスク警告通知などを確認したのち、「同意」にチェック入れて「提出する」をクリックしてください。ニュースレターの購読は任意です。

threetraderライブ口座開設フォーム口座設定入力例

  • 口座タイプ:タブで選択(Pureスプレッド口座かRawゼロ口座)
  • 口座通貨:タブで選択(JPYかUSD)
  • レバレッジ:タブで選択(最大500倍)
  • 取引口座のパスワード:
    8~15文字で「英字の大文字・小文字」と「数字」を含むもの
パスワードについて

最初に個人情報入力のページで設定したのは「クライアントポータル(マイページ)」のパスワードですが、ここで設定するのは「取引口座」のパスワードです。

口座タイプに関して

ThreeTraderには「Rawゼロ口座」と「Pureスプレッド口座」2種類の口座があります。

  • Rawゼロ口座:取引手数料は片道$2と安く、業界トップレベルの極狭スプレッドを実現。初回入金額は10万。(中上級者の方やEAトレーダーにおすすめ)
  • Pureスプレッド口座:Rawゼロ口座には及ばないものの、十分狭いスプレッド。取引手数料は無料、初回入金額は1万円。(初心者にも幅広くおすすめ)

ご自身の好みに応じて選択しましょう。

▼口座タイプの比較
Rawゼロ口座 Pureスプレッド口座
証拠金通貨 USD・JPY USD・JPY
注文単位 1lot
(100,000通貨)
1lot
(100,000通貨)
最小注文数 0.01lot 0.01lot
最大注文数 80lot 80lot
スプレッド 極狭 狭い
取引手数料 往復400円($4)/Lot 無し
ロスカット水準 20% 20%
最大レバレッジ 500倍 500倍
初回入金額 10万円 1万円
スワップ 低レート 一般的
ポイント 対象 対象

step5.本人確認書類を提出する

続いて、本人確認書類の提出ページへ移動します。予め用意しておいた「写真付き身分証明書」と「居住証明書」を提出しましょう。

threetrader本人確認書類の提出画面

アップロード可能な画像
  • ファイルサイズは10MB以下
  • ファイル形式はJPG・PNG・PDF
身分証明書として提出できるもの

身分証明書として提出できるものは、「名前/住所/生年月日/顔写真が確認できる、有効期限内の公的な身分証」です。

本人確認書類として提出できるもの
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • その他写真付きの身分証明書
居住証明書として提出できるもの

居住証明書として提出できるものは、「発行元/発行日/現住所が確認できる、発行日から3ヶ月以内の書類」です。

住所確認書類として提出できるもの
  • 電気/ガス/水道など、公共料金の明細書
  • インターネットまたは電話料金の請求書
  • クレジットカードの請求書または利用明細書
  • 銀行取引証明書
  • 住民票

step6.書類が認証されるのを待つ

提出すると、自動的にクライアントポータル(マイページ)へ移動しますが、書類認証が完了するまではライブ口座は開設されず、取引も始められません。

ThreeTrader側の確認作業が終わるまで、しばし待ちましょう。

threetraderマイページ書類認証待ち

書類認証にかかる時間

書類や記入内容に不備が無ければ早くて当日中、遅くとも1-2営業日で完了し、その旨が登録メールアドレスへ通知されます。メールは迷惑メールボックスへ自動転送されてしまうこともあるので、よく確認してください。


step7.ライブ口座開設完了

ThreeTrader側の確認が終わり、ライブ口座が開設されると「お取引口座開設認証完了のお知らせ」という件名のメールが届きます。

メールにはMT4からライブ口座へログインするために必要な以下の情報が記載されているので、大切に保管しましょう。

  • 取引口座番号(ログインID)
  • 取引サーバー
  • 取引口座パスワード

threetraderお取引口座開設認証完了のお知らせ

この時点でクライアントポータル(マイページ)には、今回開設したライブ口座が表示されています。

これで、ライブ口座の開設が完了しました。


MT4のダウンロードとログイン

ライブ口座の開設ができたら、続いてMT4のダウンロードを行いましょう。

MT4(MetaTrader4)は多くの海外FXトレーダーに愛用される取引プラットフォームで、ThreeTraderでトレードを行うにはMT4のダウンロード及びインストールが必要です。


MT4のダウンロード

ThreeTraderの公式サイトからマイページにログインし、「ダウンロード」をクリックしてください。

threetraderマイページよりダウンロードを選択

MT4のダウンロードページへ移動するので、トレード時に利用するデバイスに応じてMT4を選択しましょう。MT4対応のデバイスは以下の通りです。

  • PC(Windows)
  • Mac
  • iPhone
  • iPad
  • android(携帯、タブレット)

threetrader MT4ダウンロードページ

移動先のページで、MT4ファイルのインストール、もしくはアプリのダウンロードが行えます。


MT4へログイン

インストール完了後、MT4を起動するとログイン画面が表示されるので、ログインID(取引口座番号)パスワードサーバー名を入力してログインしましょう。

threetrader MT4ログイン画面

ヒント

MT4へのログインに必要な情報は、すでに受信している「お取引口座開設認証完了のお知らせ」メールを参照してください。


ThreeTraderの追加口座開設方法

ThreeTraderでは数に制限無く追加口座開設ができ、口座維持手数料等も発生しません。

追加口座開設方法は非常に簡単で、ダッシュボードの「ライブ口座申請」を押せば開設できます。

threetrader追加口座開設


異なるタイプの口座を追加開設する際の注意点

ThreeTraderのポータル内では、一番最初に開設した口座タイプでしか追加口座開設できない仕様になっています。

そのため、追加口座として異なるタイプの口座を追加開設する場合、まず通常通り追加口座開設を行い、その後サポートへ連絡をして、該当口座の口座タイプを切り替えてもらう必要があります。

また、ThreeTraderでは、2種類の口座タイプを同一のMT4上で使用することは不可能です。

2種類の口座タイプを使い分けるためには、それぞれの口座タイプ用に、MT4を2つダウンロードすることになります。


ThreeTraderの口座開設に関するよくある質問(FAQ)


ThreeTraderの本人確認に必要な書類は何ですか
ThreeTraderの本人確認に必要な書類は「写真付き身分証明書」と「居住証明書」の2点です。

身分証明書として使用できるものはどんなものですか
「運転免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」など、国が発行する写真付きの身分証が対象です。有効期限内であり、フルネーム、生年月日、発行日又は有効期限が記載されている必要があります。

居住証明書として使用できるものはどんなものですか
「公共料金の請求書」や「銀行取引証明書」などが対象です。発行から3ヶ月以内であり、現住所と本名が記載されている必要があります。また、写真の四隅が画面に収まるように撮影してください。

本人確認書類を提出する前に取引を始めることはできますか
いいえ、ThreeTraderでは本人確認書類の認証が完了して初めて口座が開設されるため、本人確認書類の提出が済んでいない状態では不可能です。

複数口座の開設は可能ですか
はい、ThreeTraderでは数に制限無く、いくつでも追加口座を開設することができます。