easyMarketsの口座タイプアイキャッチ画像

easyMarkets(イージーマーケッツ)では、1アカウントにつき1口座の運用が可能で、入金額に基づいて3段階で口座タイプをアップグレードすることができます。

どの口座タイプを利用するべきか、そもそも口座のアップグレードをするべきかどうか、easyMarketsの口座タイプをよく理解できていないと悩んでしまうかもしれません。

本記事では、easyMarketsの新規利用者や既に口座を保有している方に向けて、easyMarketsの各口座タイプの仕様や違いを解説します。

easymarkets-ロゴ
本記事は、easyMarketsから監修を受けています。

easyMarketsの口座タイプは3種類

easyMarketsの口座タイプは3種類

easyMarketsには、3種類の口座タイプがあり、それぞれ以下のような特徴があります。

  • 「スタンダード口座」…スプレッドは広めだが、最低入金額のハードルが低い
  • 「プレミアム口座」…スタンダード口座とVIP口座の中間スペック
  • 「VIP口座」…最低入金額が高額だが、低スプレッドでトレード可能
おすすめはVIP口座

easyMarketsのVIP口座のスプレッドは他社と比較しても狭く、固定スプレッドを採用しているので、他業者でスプレッドが広がった際には、有利な取引が可能です。

最低入金額(初回のみ)は100万円となりますが、交渉次第では、一度に入金しなくてもアップグレードできる場合もありますので、一度サポートセンターに相談してみましょう。

各口座タイプの仕様に関しては、以下の一覧表をご覧ください。

【口座タイプのスペック比較】
スタン
ダード
プレミ
アム
VIP
基本
通貨
EUR・JPY・USD・BTC・他
取扱
銘柄
FX・CFD・仮想通貨
最大
レバ
レッジ
独自:200
MT4:400
MT5:500
スプ
レッド
(固定)
広い 並~狭め 狭い
ボー
ナス
対象
最低
入金額
$30 初回$2,000
(約20万円)
初回$10,000
(約100万円)
取引
手数料
無し
1lot
単位
1lot=10万通貨
最小
取引量
独自:0.05lot
MT4/5:0.01lot
独自:0.01lot
MT4/5:0.01lot
最大
取引量
独自:10lot
MT4/5:50lot
最大
保有
ポジ
ション
上限無し
マー
ジン
コール
/ロス
カット
水準
70%/30%
取引
ツール
独自Web/App・MT4/5・TradingView

※MT5は変動スプレッドです。

※基本通貨に設定できる通貨一覧

口座の基本通貨として設定できる通貨はかなり豊富です。

  • ユーロ (EUR)
  • カナダドル (CAD)
  • チェココルナ (CZK)
  • 日本円 (JPY)
  • ニュージーランドドル (NZD)
  • アメリカドル (USD)
  • シンガポールドル (SGD)
  • スイスフラン (CHF)
  • イギリスポンド (GBP)
  • メキシコペソ (MXN)
  • オーストラリアドル (AUD)
  • ポーランドズウォティ (PLN)
  • トルコリラ (TRY)
  • 中国元 (CNY)
  • 香港ドル (HKD)
  • ノルウェークローネ (NOK)
  • スウェーデンクローナ (SEK)
  • 南アフリカランド (ZAR)
  • ビットコイン (BTC)

スタンダード口座

easyMarketsスタンダード口座

スタンダード口座は、最低入金額が他の口座タイプより安く(30ドル)、初心者や少額トレーダーでも気軽に利用できる口座です。

入金額のハードルが低い代わりに、スプレッドは他の口座タイプより広くなっており、海外FX業者全体と比較してもかなり広めの数値となってしまっているのが難点です。

easyMarketsで口座開設をすると、まず自動的にスタンダード口座が開設されるので、上級口座を希望する方は所定の金額を入金してアップグレードする必要があります。

POINT
  • easyMarketsでの入門用口座
  • 最低入金額が30ドルと安い
  • スプレッドは広め

プレミアム口座

easyMarketsプレミアム口座

スタンダード口座に20万円以上を入金することで、プレミアム口座にアップグレードが可能です。

プレミアム口座はスタンダード口座よりスプレッドが狭く、VIP口座より最低入金額が安い仕様になっており、3つの口座タイプ中での中間に位置する口座です。

プレミアム口座は実際そこまでスプレッドが狭いわけではありませんが、固定スプレッドなので、他FX業者のスプレッドが広がった際は有利な取引が可能です。

当サイトより新規で口座開設された方は、口座開設ボーナス+当サイト限定入金ボーナス+口座のアップグレードが優遇されます。

通常プレミアム口座へのアップグレードは、20万円のご入金が必要ですが、7万円以上のご入金でプレミアム口座へアップグレードできるので大変お得となっています。

POINT
  • easyMarketsでの中間スペック口座
  • 最低入金額(初回のみ)は約20万円
  • スプレッドは並~狭め

VIP口座

easyMarketsVIP口座

スタンダード/プレミアム口座に100万円以上を入金することで、VIP口座にアップグレードが可能です。

VIP口座は、低スプレッド(固定)+外付け手数料0円という優れた取引環境の口座で、非常に低コストの取引が行える上に、VIP口座ユーザーだけが受けられる特典サービスまであります。

最低入金額(初回のみ)が100万円と高額ですが、まとまった金額を用意できる資金力があれば、VIP口座を利用することで有利にトレードを進めることができるでしょう。

お得な当サイト限定情報

当サイトより新規口座された方は、30万円以上のご入金で特別にVIP口座へアップグレードが可能となっています。

POINT
  • easyMarketsでの最上級口座
  • 低スプレッド+取引手数料無料
  • 最低入金額(初回のみ)が100万円と高額

VIP口座ユーザーへの特典

VIP口座ユーザーになると、以下のような特典サービスが受けられます。

  • パーソナルアナリストにアクセス可能となり、市場理解の参考となる。
  • インターネットにアクセスできなくても電話での取引が可能となる。

各種口座タイプに関する最新情報は、easyMarkets公式サイトからも確認可能です。


easyMarketsの口座の特徴

easyMarketsの口座の特徴

easyMarketsでは、口座タイプによる主な相違点は「最低入金額」と「固定スプレッド値」の2点だけです。

そのため複数口座を使い分けるシステムにはなっておらず、1アカウントにつき1口座の運用となります。

また、利用する取引プラットフォームによってレバレッジ等の仕様が異なる点にもご留意ください。

以下で各口座の特徴を解説します。


口座タイプは入金額によってアップグレード

easyMarketsの口座はアップグレード式

easyMarketsの口座タイプは、入金額によって3段階でアップグレード可能です。

逆に言えば、自分で好きな口座タイプを選んで開設することはできない仕組みです。

口座開設の際は、まずこの仕組みをよく把握しておくようにしましょう。

入金額による口座アップグレード
  • 口座開設⇒一律で「スタンダード口座」が開設される
  • 20万円以上の入金「プレミアム口座」へのアップグレードが可能
  • 100万円以上の入金「VIP口座」へのアップグレードが可能
当サイト限定
  • 口座開設⇒一律で「スタンダード口座」が開設される
  • 7万円以上の入金「プレミアム口座」へのアップグレードが可能
  • 30万円以上の入金「VIP口座」へのアップグレードが可能
POINT

一度プレミアムまたはVIPになった後は、少額の入金も可能です。

口座タイプのアップグレード方法

口座タイプをアップグレードするには、まず所定の金額を一括で入金し、easyMarketsのサポートへアップグレード希望の連絡をする必要があります。

サポートへの連絡を行わないと、入金を行っても口座はアップグレードされないのでご注意ください。

POINT

交渉次第では、一度に100万円入金しなくてもアップグレードできる場合もあるので、一度サポートセンターに相談してみましょう。

口座タイプのダウングレードも可能

一度アップグレードした口座をダウングレードするメリットは一切ありませんが、もし、ダウングレードしたい場合は、サポートに連絡することで口座タイプのダウングレードをすることも可能です。

なお、アップグレード後、トレードをせずに出金した場合は強制ダウングレードの対象となる場合があるのでご注意ください。

ヒント

取引で損失を被った結果として残高が減った場合は、強制ダウングレードの対象にはなりません。


最低入金額は30ドル~

easyMarkets-口座タイプ別最低入金額

最も基本の口座である「スタンダード口座」の場合、最低入金額はいずれの入金方法でも30ドルです。

少額トレーダーの方は、口座のアップグレードをせずにスタンダード口座を利用することで、取引の初期費用を抑えられます。

ただし、長い目で見ると取引コストはどんどんかさんでしまうので、ある程度資金が貯まったら上級口座へのアップグレードを検討する方が賢明です。

各口座タイプの最低入金額
  • スタンダード口座:$30
  • プレミアム口座:$2,000(初回のみ)
  • VIP口座:$10,000(初回のみ)

取引プラットフォームは3種類

easyMarkets3種の取引プラットフォーム

easyMarketsでは、以下3種類の取引プラットフォームが利用できます。

  • 独自プラットフォーム
    …フリーズトレード等ユニークな機能が楽しめるeasyMarkets独自ツール。
  • MT4(Metatrader4)
    …多くのトレーダーに支持されている、海外FXで主流の取引プラットフォーム。
  • TradingView
    …高性能のチャート分析ツールやトレーダー間のSNSを搭載した取引ツール。

独自Web/Appプラットフォームは、口座開設後すぐに利用が可能です。

もしTradingViewにアカウントを持っていれば、easyMarketsの口座を紐づけてTradingViewのプラットフォームから取引することもできます。

唯一、MT4/MT5を利用する場合のみ、事前にサポートまで使用申請をする必要があります。

※easyMarketsでは現在、MT5がリリースされています。主な特徴は、最大レバレッジ500倍、変動スプレッドを採用。

easyMarkets独自のユニークな機能については、easyMarkets公式サイトをご覧ください。


MT4を使えば最大レバレッジ400倍

easyMarkets-MT4なら最大レバレッジ400倍

easyMarketsでは、口座タイプによるレバレッジの違いはありませんが、使用する取引プラットフォームによって最大レバレッジの数値が変わる仕組みになっています。

下記の通り、MT4を使った方が最大レバレッジは大きくなりますが、いずれにせよ海外FXにしては低めのレバレッジです。

超ハイレバ取引がしたい方は、他の海外FX業者を利用しましょう。

MT4
  • 最大レバレッジ400倍
  • 400倍・200倍・100倍・50倍・33倍にレバレッジ変更可能
独自プラットフォーム・TradingView
  • 最大レバレッジ200倍
  • 任意でのレバレッジ変更不可
POINT

いずれの場合も、保有ポジションや口座残高によるレバレッジ制限はありません。


最大ロット数・最小ロット数はMT4なら細かく調整可能

easyMarkets-取引ロット数

VIP口座の最小取引ロット数は、独自プラットフォームとMT4とでは同じですが、独自プラットフォームは、MT4に比べ取引可能ロット数の制限が厳しいです。

MT4を利用した方が、最小取引ロットはより小さく、最大取引ロットはより大きくなるため、幅広く取引数量を調整することが可能になります。

▼最小取引ロット数
独自 MT4
スタンダード 0.05lot 0.01lot
プレミアム 0.5lot
VIP 0.01lot
▼最大取引ロット数
独自 MT4
スタンダード 10lot 50lot
プレミアム
VIP
POINT

いずれの場合も、最大保有ポジションの制限はありません。


一番低スプレッドなのはMT4を利用したVIP口座

easyMarketsスプレッドの違い

easyMarketsでは、固定スプレッドを採用しており、スプレッドの狭い順から「VIP口座」<「プレミアム口座」<「スタンダード口座」です。

更に、使用する取引プラットフォームもスプレッド値に影響し、独自プラットフォームよりMT4の方が全体的に低スプレッドとなります。

「独自プラットフォームを利用したスタンダード口座」と「MT4を利用したVIP口座」を比較するとその差は歴然で、倍以上の差が出ています。

▼USD/JPYの固定スプレッド
独自 MT4
スタンダード 2.4pips 2.0pips
プレミアム 2.2pips 1.8pips
VIP 1.5pips 1.0pips

取引手数料を含む各種手数料は無料

easyMarkets取引手数料無料

easyMarketsでは、取引手数料を含めた各種手数料が原則無料となっています。

取引に必要なコストはスプレッドのみとなるので、MT4を使ってVIP口座を運用すれば、コストを抑えたトレードが可能です。

easyMarketsの各種手数料
  • 取引手数料:無料
  • 入金手数料:原則無料
  • 出金手数料:原則無料

※送金機関側で別途手数料が発生する場合あり

  • 口座維持手数料:無料※

※12ヵ月間で一度もトレードがない場合は口座維持手数料25USDする場合あり


独自プラットフォームはMT4より取扱銘柄豊富

easyMarkets取引可能銘柄

easyMarketsでは口座タイプによる銘柄数の違いはありませんが、独自プラットフォームを利用した方がより多くの銘柄を取扱えるようになります。

特に貴金属に関してはクロス通貨の選択肢がかなり増え、また株式も海外FX業者トップクラスの多さとなります。

他社では取引できないマイナーな銘柄の取引に挑戦したい方は、独自プラットフォームを利用しましょう。

▼取扱銘柄数
独自 MT4
FX通貨ペア 63 46
貴金属 19 5
株価指数 13 13
コモディティ 12 12
仮想通貨 17 17
株式 64 39

詳細な取引銘柄はeasyMarkets公式サイトから確認可能です。


全口座共通でロスカット水準30%

easyMarketsロスカット水準30%

easyMarketsのロスカット水準は全口座タイプ共通で、証拠金維持率30%以下に設定されています。

ロスカット水準20%の海外FX業者も多い中で、easyMarketsは気持ち高めの設定になっていますが、最大レバレッジが400倍に抑えられていることを考えると妥当なレベルであると言えます。


全口座ボーナスキャンペーン対象

easyMarkets全口座ボーナス対象

easyMarketsでは、ボーナス非対象の口座タイプは特に定められておらず、いずれの口座でも再入金ボーナスやキャッシュバック制度の対象となります。

更に、当サイト限定の「口座開設ボーナス+初回入金ボーナス+2回目入金ボーナス+アップグレード優遇」というトリプルボーナス+特典もあるので、口座開設を検討している方は是非ご利用ください。



easyMarkets口座タイプの選び方

easyMarketsの場合、開設可能な口座は1つだけなので、口座タイプを選ぶというよりも「アップグレードをするか、しないか?するならどのレベルまでアップグレードをするのか?」を考えることになります。

判断のポイントは、初回入金額とスプレッドの狭さです。


まずスタンダード口座で使用感を確認

easyMarketsまずはスタンダード口座から開始

easyMarketsでは、初回の入金額のハードルが上がるほど、より狭いスプレッドで取引できますが、入金額に苦しむよりは負担の無い額でトレードを行う方が健全です、

スタンダード口座でも、easyMarkets独自のWeb/Appプラットフォームを利用すれば、他の海外FX業者では味わえないユニークな機能を使った取引ができます。

まずはスタンダード口座でトレードしてみて、もし初回入金額をカバーできる利益が出たら、上等口座へアップグレードを検討するのもいいでしょう。

こんな人におすすめ
  • 少額トレーダーや初心者
  • easyMarkets独自の機能を試してみたい方

現実的な選択肢としてプレミアム口座もあり

easyMarketsプレミアム口座はバランスの取れたおすすめ口座

デイトレードやスキャルピングを行いたい場合、スタンダード口座だとスプレッドの広さが気になります。

短期トレードを行うなら、取引コスト面を加味して、プレミアム口座の利用が俄然有利となります。

全体的なバランス感に魅力を感じる中級以上のトレーダーは、プレミアム口座を選択しましょう。

※当サイトより口座開設された方は、特別に7万円以上のご入金でプレミアム口座へアップグレードが可能です。

こんな人におすすめ
  • 短期トレード中心の方
  • 海外FX中級以上の方

上級者や潤沢な資金があればVIP口座を堪能

easyMarketsのVIP口座は上級者用

スプレッドが1番狭く設定されており、非常に快適な環境で取引を行うことが可能なVIP口座。

しかし、一括で100万円の入金が必要なので、全てのユーザーが気軽にアップグレードできる口座ではないのも事実です。

VIP口座の運用は、まずは他の口座タイプで取引を重ねて、easyMarketsの仕様に慣れてからでも遅くはありません。

※当サイトより口座開設された方は、特別に30万円以上のご入金でVIP口座へアップグレードが可能です。

こんな人におすすめ
  • 超短期トレード中心の方
  • 海外FX上級者
  • 資金に余裕のある方

easyMarketsの口座タイプに関するよくある質問(FAQ)

easyMarketsで複数口座の保有は可能ですか
いいえ。easyMarketsでは、取引口座は1アカウントにつき1口座のみとなっています。

一度アップグレードした口座がダウングレードされることはありますか
基本的にありません。但し、アップグレード後、トレードをせずに出金した場合は強制ダウングレードの対象となる場合があります。

口座タイプによって最大レバレッジは異なりますか
いいえ。口座タイプによる最大レバレッジの違いはありません。しかし、利用する取引プラットフォームによって最大レバレッジが異なります。