コピートレードは勝てない?アイキャッチ画像

コピートレードを筆者が実際に行った、記録・分析記事です。

コピートレードで勝てないとお悩みの方に向けて、実践を通して見えたコピートレードで勝てない理由コピートレードで勝つためのコツを掲載しています。

コピートレードの特集

コピートレードを実践してみた

HFMのHFコピーを実践してみた

コピートレードを使って実力のあるトレーダーをフォローすれば、それだけで簡単に利益が得られるのか?という疑問を解明すべく、フォロワーとしてHFMのコピートレードサービス(HFコピー)を試してみました。

今回は実験的に、以下のようなルールでコピートレードを行うこととします。

お試しフォローのルール
  • 最低入金額の$100でお試し取引
  • 一定期間継続してフォローし、その間に$100がどう変動するか観察
  • 自分でポジションクロースせず、取引は全てプロバイダーに任せる
女性講師2

プロバイダーによっては最低入金額をより高額に設定している人もいます。今回は同じ条件で経過観察ができるよう、最低入金額を一番安い$100に設定している人から選びました。

選んだストラテジープロバイダー

コピートレードの要ともいえる作業が、プロバイダー(取引をコピーする相手)選びです。

今回は、以下3名のトレーダーをフォローすることにしました。

TheLegendOfGold(レジェG)

TheLegendOfGoldプロフィール

1人目は「TheLegendOfGold」というインドのトレーダーです。(愛称レジェG)

トレーダーのコメント(和訳)

取引は完全な価格行動分析に基づいて行われます。この取引口座の主な焦点は、主要な外国為替ペアと金です。

選んだ時点のステータス
  • 活動開始日:2020-10-23
  • 利得率:404.9%
  • 最大ドローダウン:50.95%
  • フォロワー数:107人
  • 手数料:30%
  • 安定性スコア:1(最高)
その他のステータス
  • 口座残高:$1,204.15
  • エクイティ:$1,203.73
  • 初回入金額:$500
  • 合計入金額:$500
  • 合計出金額:$902.84
  • エクイティに基づく利益:$1,608.98
  • 確定取引数:5,435
  • 未確定取引数:1
  • 利益確定取引数:4,069
  • 損失確定取引数:1,366
  • 収益性(勝率):74.87%
  • 平均利益:$1.71
  • 平均損失:-$3.91
  • 平均取引ロット数:0.02lot
  • 平均取引期間:8h23m55s
このトレーダーを選んだ理由
  • 取引歴が長い
  • 利得率が高い
  • フォロワーが多い
  • 安定性スコアが1(最高)
  • 活発に取引を行っている
女性講師2

懸念点は最大ドローダウンが50.95%と高いことと、平均損失が平均利益より大きいことです。

MarianoZC-T(マリア)

MarianoZC-Tプロフィール

2人目は「MarianoZC-T」というアルゼンチンのトレーダーです。(愛称マリア)

トレーダーのコメント(和訳)

私は5つの通貨ペアのみを日中またはスイングベースで取引しています。

選んだ時点のステータス
  • 活動開始日:2022-06-01
  • 利得率:76.79%
  • 最大ドローダウン:3.58%
  • フォロワー数:6人
  • 手数料:20%
  • 安定性スコア:1(最高)
その他のステータス
  • 口座残高:$19,020.5
  • エクイティ:$18,995.92
  • 初回入金額:$10,402.52
  • 合計入金額:$10,865.97
  • 合計出金額:$0
  • エクイティに基づく利益:$8,145.6
  • 確定取引数:414
  • 未確定取引数:5
  • 利益確定取引数:276
  • 損失確定取引数:138
  • 収益性(勝率):66.67%
  • 平均利益:$43.93
  • 平均損失:-$29.0
  • 平均取引ロット数:0.18lot
  • 平均取引期間:43h36m28s
このトレーダーを選んだ理由
  • 最大ドローダウンが小さい
  • 手数料が20%と比較的安い
  • 安定性スコアが1(最高)
  • 口座残高が多いので信頼できそう
  • 平均利益が平均損失より大きい
男性講師2

懸念点はまだ取引を始めて日が浅いため、これらのデータの信頼性が高くない点です。

TP FOREX(TPさん)

TP FOREXプロフィール

3人目は「TP FOREX」というアラブ首長国連邦のトレーダーです。(愛称TPさん)

トレーダーのコメント(和訳)

需要と供給のアルゴリズムに基づく半自動化されたエキスパートの使用。

選んだ時点のステータス
  • 活動開始日:2021-08-19
  • 利得率:94.64%
  • 最大ドローダウン:5.63%
  • フォロワー数:4人
  • 手数料:35%
  • 安定性スコア:1(最高)
その他のステータス
  • 口座残高:$5,628.18
  • エクイティ:$5,083.13
  • 初回入金額:$5,000
  • 合計入金額:$5,700
  • 合計出金額:$4,250
  • エクイティに基づく利益:$3,603.69
  • 確定取引数:386
  • 未確定取引数:11
  • 利益確定取引数:358
  • 損失確定取引数:28
  • 収益性(勝率):92.75%
  • 平均利益:$13.35
  • 平均損失:-$21.56
  • 平均取引ロット数:0.05lot
  • 平均取引期間:94h11m54s
このトレーダーを選んだ理由
  • 最大ドローダウンが小さい
  • 安定性スコアが1(最高)
  • 口座残高が一定になるよう定期的に出金しており、資金管理がうまそう
女性講師2

懸念点は取引回数があまり多くないことと、平均損失が平均利益より大きいことです。


以上のトレーダー3名をそれぞれフォローし、各フォロワー口座に最低入金額の$100を入金しました。

▼レジェGをフォローした時点の状態

プロバイダーをフォロー

男性講師2

ちなみに、HFMのHFコピー口座のレバレッジは400倍固定で、フォロワーの取引ロット数はフォロワーとプロバイダーの口座残高比率によって決定されます。


コピートレードの経過⇒結果

レジェGのフォローは2022/8/4(木)に開始、マリアとTPさんのフォローは2022/8/5(金)から開始しました。

以下に残高とエクイティの変動を書き出したものを記載します。

▼残高/エクイティの記録
日時 レジェG マリア TPさん
開始時点 100/100 100/100 100/100
8/9(火)
AM10時
106.46/
106.21
123.31/
116.05
101.8/
100.97
8/10(水)
AM10時
108.22/
108.58
145.94/
139.07
102.99/
102.99
8/12(金)
AM10時
118.25/
118.25
145.94/
92.3
109.26/
105.99
8/15(月)
AM10時
118.25/
118.25
151.25/
57.19
113.98/
107.62
8/16(火)
AM10時
119.79/
115.36
153.53/
56.94
115.78/
115.78
8/17(水)
AM10時
119.21/
116.34
139.53/
105.41
115.78/
111.09
8/18(木)
AM10時
120.78/
75.17
145.02/
93.34
115.78/
103.69
8/19(金)
AM10時
79.54/
32.13
ロスカット 116.72/
92.29
8/22(月)
AM10時
ロスカット 116.72/
68.08
8/23(火)
AM10時
122.62/
57.84
8/24(水)
AM10時
125.69/
66.03
8/25(木)
AM10時
125.64/
62.93
8/26(金)
AM10時
131.39/
65.5
男性講師2

残念ながらレジェGとマリアをコピーしたトレードでロスカットとなってしまいましたね…。

女性講師2

TPさんをコピーした口座でも含み損が膨らんでいる状態なので、ロスカットになるのは時間の問題かもしれません。


なぜロスカットになったのか分析

何故コピートレードでロスカットになったのか?アイキャッチ

腕があるはずのプロバイダーの取引をコピーしたのに、どうして利益が出せずにロスカットとなってしまったのでしょうか?失敗を踏まえてその原因を分析してみました。

プロバイダーの口座残高に比べて入金額が少なすぎた

プロバイダーの口座残高に比べてフォロワーの入金額が少なすぎた

今回はお試しコピートレードということもあり、最低入金額の$100のみを各口座に入金して取引を行ったわけですが、ここに落とし穴があったと感じます。

当初、HFコピーはフォロワーとプロバイダーの口座残高比率からフォロワーの取引ロットを割り出すので、入金額が少ないとロット数も制限されるしあまりリスクは大きくならないだろうと安易に考えていました。

しかし、潤沢な口座残高があるプロバイダーが小ロットでたくさんポジションを持ち、私の口座でも最小取引ロット0.01lotでポジションが乱立されるという現象が起き、少ない資金ではドローダウンに耐えきれず、あえなくロスカットとなってしまいました。

POINT

プロバイダーにとっては許容範囲内の損失が、自分には許容範囲外だった場合にロスカットとなる。


含み損を抱えるプロバイダーを選んでしまった

含み損を抱えるプロバイダーを選んでしまった

細かく損切りをしてくれるプロバイダーならよかったのですが、口座残高とエクイティの記録からも分かる通り、いずれのプロバイダーも含み損を抱える傾向がありました。

プロバイダーの立場からすると、損切りをすると勝率が下がってしまい、自分のトレード成績にも影響するので、なるべくプラスに転じるまで待ちたいという気持ちがあるのも不思議ではないです。

ただし、私の少ない資金ではプロバイダーほどの耐久性はなく、結果ロスカットに遭ってしまいました。

POINT

プロバイダーの損切ラインが、自分の限度と大きくかけ離れている場合にロスカットとなる。


ポジションを闇雲に持つプロバイダーを選んでしまった

今回フォローしたトレーダーのうち、マリアの取引をコピーした口座が1番早くロスカットになってしまいましたが、これは彼が1度にかなり多くのポジションを乱立するタイプのトレーダーだったためです。

例として8/16時点での残高/エクイティと未決済ポジション/含み損ポジションを以下に書き出します。

▼8/16時点での取引状況
レジェG マリア TPさん
残高 119.79 153.53 115.78
エクイティ 115.36 56.94 115.78
未決済
ポジション
3 27 0
含み損
ポジション
3 23 0
男性講師2

マリアの保有ポジション数が他の2人に比べて異常に多いですね。含み損のポジションも同様に多く抱えています。

マリアのポジションを確認すると…

この時どのような現象が起こっていたのか、取引履歴を確認すると、マリアは同じ銘柄のポジションを追加して持つ、いわゆるナンピンを行っていたことがわかりました。

▼8/16頃のマリアの取引状況抜粋
銘柄 Open buy/sell Close 損益
EUR
USD
8/15
03:33:09
buy 8/18
19:59:53
-17.65
EUR
USD
8/15
09:05:35
buy 8/18
20:01:28
-15.49
EUR
USD
8/15
11:44:29
buy 8/18
20:03:37
-12.97
EUR
USD
8/15
12:21:03
buy 8/18
20:03:54
-10.67
EUR
USD
8/15
20:45:50
buy 8/18
20:04:40
-7.88
EUR
USD
8/16
10:09:51
buy 8/18
20:25:08
-5.78
AUD
CAD
8/16
14:10:07
buy 8/18
20:06:00
-6.96
AUD
CAD
8/16
20:00:01
buy 8/19
00:00:00
-6.16
男性講師2

短時間の間にEURUSDを連続で買い増していますね。結果全て損失に繋がってしまったわけですが…。

女性講師2

ナンピンはうまくいけば逆転して利益を得ることができますが、うまくいかないとマイナスがどんどん膨らむリスクの高い手法です。

POINT

計画性なくポジションを乱立したり、ナンピンで失敗するトレーダーをフォローするとロスカットになりやすい。


手数料で口座残高が減少したときに追加入金しなかった

HFMのHFコピーの場合、出金やアンフォローをした際に、取引で得た利益の数%を手数料として徴収されるほか、隔週土曜にも手数料の徴収が行われます。

今回私が3人のプロバイダーをフォローした週末はちょうど手数料徴収週となっており、早い段階で手数料が引かれた残高だけで取引を続行することになってしまいました。

今回は$100のみでどれだけ利益が得られるかがテーマだったので追加入金は行いませんでしたが、本来であれば、手数料としてどれくらい資金が減少したかきちんと把握して、適切な資金管理を行うべきでした。

▼レジェGのファイナンス履歴

HFコピーファイナンス履歴

男性講師2

8/4(木)に$100で取引を始めたものの、2日後には手数料として$1.17が徴収されてしまったわけですね。

女性講師2

ただでさえ最低入金額の$100が全資金だったのに、これは痛い追い打ちでした。

POINT

フォロワー自身でも口座残高に注意を払い、資金管理を行わないとロスカットのリスクが高まる。


プロバイダーの滑り出しの良さに安心してしまった

マリアは序盤から含み損も抱えていましたが、レジェGやTPさんは当初は細かく利益を重ねていってくれていたので、見守る側としては割と安心できていました。

そのため、レジェGに少しずつ含み損が出始めた時も、まぁきっと巻き返してくれるだろうとのんびり構えていた結果、あっさりロスカットになってしまいました。

▼レジェGをコピーした口座の残高変動

コピートレード残高変動と心境変化

残高変動に対する私の心境変化
  • 青:プロバイダーが手堅く利益を重ねてくれていることに安心する
  • 黄:残高とエクイティに差が発生しているのに気づくが、何とかなるはずと軽く考える
  • 橙:含み損がかなり広がり始めたため、やっと危機感を覚える
  • 赤:週明けには案の定ロスカット
女性講師2

プロバイダーが何とかしてくれるだろう、という人任せな気持ちでいると、このように雪崩式でロスカットに突き進みかねません。


コピートレードで勝つためのコツ

コピートレードで勝つためのコツアイキャッチ

ロスカットになった原因が見えたところで、どうすればこれらの失敗を回避してコピートレードで勝てるのか、実戦から学んだ具体的なコツをお伝えします。

できればプロバイダーと同額以上の資金で運用

今回の敗因の大きな理由の一つとして、フォロワーとしての運用資金額がプロバイダーと大きく乖離していたことが挙げられます。

▼口座残高比較(フォローした当時)
トレーダー 口座残高
$100
レジェG $1,204.15
マリア $19,020.5
TPさん $5,628.18

プロバイダーは自分のトレード戦略に基づいた金額を口座に入れているので、口座残高の多いトレーダーはマリアのようにアグレッシブにポジションを持つ可能性があります。

しかし、口座残高の少ない状態でこのようなトレーダーをフォローしてしまうと、耐えられる含み損の額の差が大きすぎて、あっという間にロスカットとなってしまいます。

ロスカットされずにプロバイダーのトレード戦略をフルに活用するためには、彼らの口座残高と同額以上の資金を用意する必要があると言えるでしょう。

男性講師2

とは言え、いきなり大金を入金するのも心配ですよね。

女性講師2

そのため、まずは少額ずつで数名の取引をコピーし、しばらく観察や比較を行ってから、良さそうなトレーダーに絞って追加入金をするのをおすすめします。

少額運用ならどうする?

小額でのコピートレードは、長期戦に持ち込むとどこかで必ずロスカットになってしまうので不利です。

小額運用の場合、大きな利益は狙わず、ゲーム感覚で小さく利益を取っていくのがよいでしょう。

また、口座残高が高すぎる相手をフォローしてしまうと、損失の許容範囲の差が大きく破綻してしまうので、少額運用を行っている人をフォローする方が安全です。

POINT
  • 運用額が少なすぎるとロスカットリスクが上がる
  • 少額運用なら小さく細かく利益回収
  • 少額運用なら少額運用をしているプロバイダーを選ぶべし

自分の損切ラインを明確にする

決済はプロバイダーに任せているから大丈夫、と暢気に構えず、いざという時のために自分でも損切りの目安を持っておくことが大切です。

損切ラインの割り出し方はいくつかパターンがありますが、安全な損切りの目安は、資金の1~2%の損失が出た時点とされています。

これ以上に損失が膨らむ前に、自ら損切りしてしまうことで、ロスカットに遭うリスクを下げられます。

口座残高$1,000での運用の場合


⇒-$10~20の損失が出たら損切り。

女性講師2

ちなみに、利確の目安は損切ラインの1.5~2倍です。


堅実な取引をするプロバイダーを探し出す

コピートレードの何よりのコツは、守りの姿勢で堅実に取引を行うタイプのトレーダーを選ぶことです。

以下に、選ぶべきトレーダーの特徴と、トレーダーを選ぶポイントをまとめておきます。

正しく損切りができるトレーダー

フォロー相手に選ぶなら、自分の中に明確な損切ラインを持っていて、きちんと損切りができるトレーダーが理想的です。

損切りできずに含み損を抱えるのは初心者トレーダーに多い現象ですが、プロバイダーの中にはフォロワーに公開される成績(勝率)への影響を恐れて、あえて含み損を塩漬けにする人もいます。

特に、最大ドローダウンが大きいプロバイダーは、含み損を抱える傾向があるので、なるべく選ばないようにしましょう。

判断ポイント
  • 最大ドローダウンが大きくないか?
  • 口座残高に比べてエクイティ少なすぎないか?

計画的にポジションを持つトレーダー

フォロー相手に選ぶなら、きちんと根拠に基づいてポジションを持てるトレーダーが理想的です。

闇雲にポジションを持ってしまうトレーダーは、適切なエントリーのタイミングを見極め切れていません。その結果、利益を出しにくい相場でもポジションを持って損をしてしまいます。

ポジポジ病の傾向があるトレーダーや、含み損を解消しようと無計画なナンピン買いをするトレーダーは選ばないようにしましょう。

判断ポイント
  • 未決済ポジションが多すぎないか?

勝率よりも利益率重視のトレーダー

フォロー相手に選ぶなら、小さく負けて大きく稼ぐ「損小利大」が徹底できるトレーダーが理想的です。

勝率ばかりにとらわれると「損大利小」のトレード中心になってしまい、細々貯めた利益を1度の大きな負けで失ってしまいます。

もし勝率が妙に高くて利益率が今一つの場合、そのトレーダーはチキン利確で勝率を上げているだけで、いつかコツコツドカンをやるかもしれないので注意しましょう。

判断ポイント
  • 利益率がイマイチなのに勝率が異常に高くないか?
  • 勝率=利益を出した取引数÷全体の取引数
  • 利益率=利益÷元金×100

女性講師2

資金額に応じてコピートレードの利用方法を分けること、自分でも損切ラインを持つこと、堅実なトレーダーをフォローすること。これらが、コピートレードで勝つコツです。

男性講師2

HFMのHFコピーの使い勝手は良好で、楽しくコピートレードができたので、以上のコツを踏まえてまた再挑戦したいと思います!