おすすめのVPS-top

「FX取引にVPSが必要な理由が知りたい」
「おすすめのVPSが知りたい」

VPS環境を整えることで、パソコンを起動していなくてもEAが使えたり約定スピードが向上するといったメリットがあります。

本記事では、VPSが必要な理由から利用するメリット・デメリットVPSを選ぶポイントFX業者別のおすすめVPSサービスを紹介します。

これから、VPSを契約しようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

女性講師2

海外FX業者おすすめランキングでは約定スピードも含め総合的に業者を比較してるので、約定力の弱さからVPSを検討している方は一度ご参考ください。

無料VPSが使える海外FX業者と利用条件一覧

一部の海外FX業者は、条件を達成することで無料でVPSを利用できます。

大抵のFX業者は口座残高、または月間取引量に条件があり、両方を条件に設定しているFX業者もあります。

なお、下記表で有料欄に費用の記載がある業者の場合、条件を達成していなくても費用を払うことでVPSサービスを利用可能です。

▼各業者の無料VPSと条件
FX業者名VPS業者無料になる条件有料
口座残高取引量
XMBeeks$10005ロット/月$28/月
ExnessBeeks$500以上直近14日間に取引なし
HFMBeeks$50005ロット/月$30/月
FXGTMetaTraderVPS最低有効証拠金$50005GTLotの取引/月$15/月
TitanFXBeeks$50005ロット/月$28/月
IronFXIronFXのVPS最低$5000の入金5ロット/月$30/月
TTCMBeeks口座残高$2000以上5ロット/月25ポンド/月
IS6FXIS6 Technologies残高合計50万円以上なし$28/月
AXIForexVPSなし20ロット/月最大$36
MetaTraderVPSなしなし$10/月
Beeksなしなし30%割引/月
IC MarketsForexVPS、Beeksなし15ロット/月$20/月
Fusion MarketsNYC Servers(MT4)なし20ロット/30日間$20/月
MetaQuotes(MT5)なし20ロット/30日間$15/月
女性講師2

取引量の条件が緩く、口座残高$500以上で利用できるExnessが1番条件が達成しやすそうですね。


FX業者別おすすめVPSサービス一覧

VPS業者のサーバーとFX業者のサーバーが近ければ近いほど距離的遅延がない為、通信速度も速くなり安定するので、サーバー所在地はVPS業者を選択する上で重要な要素の1つです。

そこで、海外FX業者21業者のサーバー所在地を調べ、それぞれおすすめのVPS業者をまとめました。

各業者のサーバー場所とオススメVPS
業者名サーバー場所おすすめのVPS
AXIORY東京
(MetaTrader)
お名前.com、使えるねっと
ロンドン
(cTrader)
Beeks、ForexVPS、
MetaTraderVPS
TitanニューヨークBeeks、
MetaTraderVPS
XMロンドンBeeks、ForexVPS、
MetaTraderVPS
MiltonロンドンBeeks、ForexVPS、
MetaTraderVPS
MYFXニューヨーク
(スタンダード口座)
Beeks、
MetaTraderVPS
東京
(プロ口座)
お名前.com、使えるねっと
IronFXロンドンBeeks、ForexVPS、
MetaTraderVPS
Exness香港、シンガポールなどBeeks、ForexVPS
Three
Trader
東京お名前.com、使えるねっと
ニューヨークBeeks、
MetaTraderVPS
HFMアムステルダムForexVPS、
MetaTraderVPS
フランクフルトBeeks、ForexVPS、
MetaTraderVPS
easy
Markets
アムステルダムForexVPS、
MetaTraderVPS
BigBossシンガポールBeeks、ForexVPS、
MetaTraderVPS
TTCMロンドン
(クラシック口座)
Beeks、ForexVPS、
MetaTraderVPS
東京
(プロ/VIP口座)
お名前.com、使えるねっと
LANDFX東京お名前.com、使えるねっと
IS6FXシンガポールBeeks、ForexVPS、
MetaTraderVPS
FXFairシンガポールBeeks、ForexVPS、
MetaTraderVPS
VantageロンドンBeeks、ForexVPS、
MetaTraderVPS
FXGTロンドンBeeks、ForexVPS、
MetaTraderVPS
AXIニューヨークBeeks、
MetaTraderVPS
IC
Markets
ニューヨーク
(MT4/MT5)
Beeks、
MetaTraderVPS
ロンドン
(cTrader)
Beeks、ForexVPS、
MetaTraderVPS
Fusion
Markets
ニューヨークBeeks、
MetaTraderVPS
Windsor
Brokers
ロンドンBeeks、ForexVPS、
MetaTraderVPS

海外VPSでおすすめの業者3選

まずは、海外のおすすめのVPS業者を3つ紹介していきます。

海外のおすすめのVPSサービス

Beeks
ForexVPS
MetaTrader VPS


Beeks

VPS-Beeks公式サイト

運営会社Beeks Financial Cloud
OSWindows 2016, 2019, 2022
データセンターニューヨーク、ロンドン、フランクフルト、
東京、香港、シンガポールなど

詳細:Beeks

Beeksは、FX専用のVPSサービスを提供する業者の中で、世界最大の業者です。

Beeksのサーバーは、ニューヨーク(NY4)、ロンドン(LD4)、日本(TY3)という金融の中心である3か国に設置されており、通信速度に定評があります。

メリットとしては、データセンターを管理している「エクイニクス社」のサーバーを利用できることです。

また、日本語にも対応しているので、安心して利用できます。

POINT
  • 多くの海外FX業者がBeeks社の無料VPSサービスに採用
  • VPSのロケーションを世界各国から選択可能
  • 日本語に対応
Beeksの各プラン比較表

Beeksのプランは以下のとおりです。

各プラン比較表
ブロンズシルバーゴールド
4750円/月8550円/月15200円/月
月契約月契約月契約
RAM 2560MBRAM 4096MBRAM 6656MB
30GB50GB75GB
マネージドサービスオプション
cTrader / cAlgo サポート
男性講師2

Beeks社のVPSのロケーションは、ニューヨーク、ロンドン、東京などが選べるので、ほとんどの海外FX業者に適用しています。また、日本語にも対応しているので使いやすいと思います。


ForexVPS

forexvps

運営会社ForexVPS.net
OSWindows 2016, 2019, 2022
データセンターニューヨーク、ロンドン、フランクフルト、アムステルダム、
東京、香港、シンガポールなど

詳細:ForexVPS

ForexVPS.netは、海外では有名なFX専用のVPSサービスを提供する業者です。

ForexVPSのサーバーは、ニューヨーク、ロンドン、日本の3か国の他に、アムステルダム、フランクフルトなどに設置されています。

NY(NY4)・ロンドン(LD4)・東京(TY8)では、データセンターを管理している「エクイニクス社」のサーバーが利用できます。

ただし、公式サイトやサポートなど日本語には対応していないので注意しましょう。

POINT
  • VPSのロケーションを世界各国から選択可能
  • 利用する前に無料でレイテンシーのテスト可能
  • 日本語に対応していない
ForexVPSの各プラン比較表

ForexVPSのプランは以下のとおりです。

各プラン比較表
BasicBasic+StandardHight Freq
33ユーロ/月
約4,950円
38ユーロ/月
約5,700円
55ユーロ/月
約8,250円
64ユーロ/月
約9,600円
月契約月契約月契約月契約
RAM 2048MBRAM 2560MBRAM 4096MBRAM 3072MB
60GB SSD80GB SSD90GB SSD90GB SSD
専用IPアドレス

すべてのVPSプランの購入に対して14日間の返金保証があるので、試しに契約してみて、自身が利用しているFX業者との相性が悪い場合には解約するのもありだと思います。

男性講師2

ForexVPSのロケーションは16か所と非常に多く、HFMやeasyMarketsなど取引サーバーがアムステルダムに設置しているFX業者に、おすすめです。


MetaTrader VPS(メタトレーダーVPS)

VPS-メタトレーダーVPS

運営会社MetaQuotes Ltd
OS
データセンターニューヨーク、ロンドン、フランクフルト、
アムステルダム、香港、シンガポールなど

詳細:MetaTraderVPS

MetaTraderVPSは、MT4/MT5の開発元であるMetaQuotes社が提供しているため、MT4/MT5上で操作を完結できます。

世界各地に設置されたサーバーの中から、利用するFX業者のサーバーに一番近い場所にあるVPSが自動的に選択されるので、他社のような煩わしい設定は一切必要ないのが特徴です。

また、日本語にも対応しているため、誰でも簡単に始めることが可能です。

POINT
  • 面倒な設定は必要なく初心者でも簡単に利用可能
  • FX業者のサーバーに最も近いVPSを自動選択
  • 利用前に無料でPing値が測定可能
  • 日本語に対応
MetaTrader VPSのプラン

MetaTrader VPSのプランは、月払いだけでなく3ヶ月払い、6ヶ月払いにすると月当たりの料金が安くなります。

MetaTrader VPSプラン
項目Basic
1ヶ月
Popular
3ヶ月
Trader
6ヶ月
契約料金$15/月$14/月$13/月
RAM3GB
HDD16GB
CPUコア数無制限
男性講師2

MetaTraderVPSは、料金が安く初心者でも簡単に導入可能です。ただし、VPSのロケーションは日本に設置されていないので、業者の取引サーバーが東京の場合は、他のVPSサービスを検討した方が良いでしょう。


国内VPSでおすすめの業者2選

国内のおすすめのVPS業者を2つ紹介します。

国内のおすすめのVPS業者
  • お名前.com デスクトップクラウド
  • 使えるねっと

お名前.com デスクトップクラウド

お名前.com デスクトップクラウド

運営会社GMO Internet Group
OSWindows Server 2019
データセンター国内

詳細:お名前.comデスクトップクラウド

お名前.comデスクトップクラウドは、FX業界でも有名なGMOインターネットグループが運営しているVPSサービスです。

VPSを導入するための面倒な初期設定は不要で、簡単なアカウント設定だけでVPSを導入できるのが特徴です。

VPSの導入に関して分からないことがあれば、24時間365日対応の電話窓口が用意されているので安心して利用できます。

利用するFX業者の取引サーバーが日本国内に設置しているのであればおすすめです。

POINT
  • 日本のVPS業者なので安心できる
  • 専属スタッフが24時間365日、電話・メールでサポート
  • VPSのロケーションは国内のみ
お名前.com デスクトップクラウドの各プラン比較表

お名前.com デスクトップクラウドの各プランは以下のとおりです。

各プラン比較表
短期お試しスタートアップスタンダードプレミアム
2,101円/月2,585円/月4,125円/月6,215円/月
月契約月契約月契約月契約
RAM 1.5GRAM 2.5GRAM 4GRAM 8G
60GB SSD120GB SSD150GB SSD200GB SSD

使えるねっと

使えるネットTOP

運営会社使えるねっと株式会社
OSWindows Server 2016
データセンター長野

詳細:使えるねっと

使えるねっとは、2007年からVPSサービスを提供しており、運用実績があるVPS業者です。

FX専用VPSは、熟練したスタッフが24時間365日監視しており、サポートは電話、チャット、メールに対応しています。

POINT
  • 日本のVPS業者なので安心できる
  • 初期費用が一律2,200円発生する
  • VPSのロケーションは長野
使えるねっとの各プラン比較表

使えるねっとのFX専用VPSの各プランは以下のとおりです。

FX専用VPSプラン比較表
ゴールドプラチナ
初期費用2,200円2,200円
1ヵ月契約7,689円10,219円
メモリ4GB8GB
SSD100GB200GB
CPU46

登録後30日以内に解約した場合は、全額返済されるので、試しに契約してみて、自身が利用しているFX業者との相性が悪い場合には解約するのもありだと思います。


なぜFXにVPSが必要?

自動売買プログラムを使用する場合、VPSを利用することは重要です。

VPSを使うことで、常に安定したネットワーク接続と電源を確保できます。これにより、自動売買プログラムの正確性と安定性が向上し、取引の結果が改善されます。

また、海外FX業者の取引サーバーに近い位置に設置されたVPSを利用することで、通信速度が速くなり、約定力も向上にも繋がります。

そもそもVPSとは?

VPSとは「Virtual Private Server」を略した名称で、「仮想専用サーバー」と呼ばれます。

VPSは、1台の物理サーバーを複数の仮想的なサーバーに分割するため、各VPSは他のVPSと完全に分離され、それぞれが独立したリソース(CPU、メモリ、ストレージなど)を持っています。

また、各VPSには専用のIPアドレスが割り当てられているため、他のVPSとの混同が起こる心配はありません。


FXでVPSを使うメリット・デメリット

FX取引において、VPSを使用するメリット・デメリットについて解説していきます。

FXでVPSを使うメリット

VPSを使うメリット
  • EAを24時間安定して起動できる
  • 約定スピードが上がる
  • スキャルピングの精度が上がる
  • 停電によるPC停止のリスク回避

EAを24時間安定して起動できる

自動売買を24時間行いたい場合、PCの電源を常にオンにする必要があります。

しかし、PCを長時間稼働させることは電気代もかさむ上に、PCに負荷がかかり、寿命が短くなるなどの問題を引き起こす可能性があります。

このような場合、VPSサービスを利用することが有益です。VPSサービスでは、専用のサーバーが24時間稼働し続けるためEAを安定して稼働させることができます

約定スピードが上がる

海外FX業者で取引を行う場合、日本から遠く離れた海外に設置された取引サーバーを利用することも少なくありません。

そのため自己所有のPCで取引を行うと、日本から取引サーバーへの通信に時間がかかり、約定が遅くなることもあります。

この約定速度の遅さが、スリッページが発生する原因になることもあります。

しかし、VPSのサーバーを海外FX業者の取引サーバーの近くに設置することで、物理的な距離は一気に縮まり、約定スピードは飛躍的に向上します。

スキャルピングの精度が上がる

VPSの導入は通信速度の向上がメリットの一つです。

VPSにはSSDが搭載されているため、データの記録速度が大幅に向上します。

この高速なデータ処理により、約定スピードが速くなり、短時間で利益を狙うスキャルピングの精度も上がります

停電によるPC停止のリスク回避

EAを稼働させていて怖いのは、災害や停電のリスクです。

万が一、停電などでPCが停止し、注文・決済ができなかったらと考えると怖いですよね。

しかし、VPS上の仮想空間であれば、停電やPC停止のリスクを回避することができます。

FXでVPSを使うデメリット

デメリット
  • 状況により月額料金が発生する
  • 初期設定が難しい場合がある

状況により月額料金が発生する

VPSサービスは通常、月額または年間の料金が発生します。

トレーダーにとっては追加の経費となりますので、コスト面での負担が生じる可能性があります。

初期設定が難しい場合がある

VPSの設定や導入には一定の技術的な知識が必要です。

トレーダーがこれらの知識を持っていない場合、VPSのセットアップやトラブルシューティングに時間がかかる可能性があります。


VPSを選ぶポイント

VPSを選ぶポイント

VPSを選ぶポイントとして、どこにVPSのサーバーが設置されているかが重要です。

理由としては、海外FX業者の取引サーバーとVPSサーバーとの物理的な距離が近いほど通信速度が速くなり、約定力が向上するからです。

FX業者の取引サーバー場所を確認

まずは、海外FX業者の取引サーバーの場所を確認しましょう。

海外FX会社の取引サーバー所在地は、ロンドン、ニューヨーク、東京の3個所に集中しています。

各業者のサーバー場所
業者名サーバー場所
AXIORY東京(MetaTrader)
ロンドン(cTrader)
Titanニューヨーク
XMロンドン
Milton
Markets
ロンドン
MYFX
Markets
ニューヨーク
(スタンダード口座)
東京
(プロ口座)
IronFXロンドン
Exness香港、シンガポールなど
Three
Trader
東京、ニューヨーク
HFMアムステルダム、フランクフルト
easy
Markets
アムステルダム
BigBossシンガポール
TTCMロンドン
(クラシック口座)
東京
(プロ/VIP口座)
LANDFX東京
IS6FXシンガポール
FXFairシンガポール
Vantageロンドン
FXGTロンドン
AXIニューヨーク
IC
Markets
ニューヨーク
(MT4/MT5)
ロンドン
(cTrader)
Fusion
Markets
ニューヨーク
Windsor
Brokers
ロンドン
POINT

利用するFX業者のサーバーがどこにあるかは、MetaQuotes社のサイトで確認可能です。


VPSサーバーの場所を確認

利用する海外FX業者のサーバーと同じ地域に設置されているVPSサーバーを使うことで取引がより有利になります

VPSサーバーの通信速度を最大限にまで活かすためにも、FX業者のサーバーに近いVPSを選びましょう。

VPSのサーバー場所
VPSサーバー場所
Beeksニューヨーク、ロンドン、フランクフルト、東京、香港、シンガポールなど
ForexVPSニューヨーク、ロンドン、フランクフルト、アムステルダム、東京、香港、シンガポールなど
MetaTrader VPSニューヨーク、ロンドン、フランクフルト、アムステルダム、香港、シンガポールなど
お名前.com国内
使えるねっと長野

VPSに関するFAQ

FAQアイキャッチ


VPSとは何ですか?

VPSとは何ですか?
VPSは、Virtual Private Server(仮想専用サーバ)の略称です。一台の物理サーバー上に仮想化技術を用いた仮想サーバーを複数構築したものです。

FXでVPSを利用するメリットは?

FXでVPSを利用するメリットは?
FXでVPSを利用するメリットは、「EAを24時間安定して起動できる」「約定スピードが上がる」などが挙げられます。VPSを利用することでより安定的なトレード環境を確保し、自動トレードや高速な取引実行を実現することができます。

VPSを選ぶポイントは?

VPSを選ぶポイントは?
利用する海外FX業者の取引サーバーの設置場所に近いVPSサーバーを選びましょう。物理的な距離が近ければ近いほど通信速度が速くなり約定力が向上します。後は自身の要件に合わせて最適なプランを選択してください。